住居費の平均金額はいくら? 日米の家計支出を比較してみた

家計支出において、住居費は大きなウェイトを占めます。

それもそのはず。

 

人生の三大支出をみると

  • 住宅費
  • 教育費
  • 老後の生活費

 

住宅費用は固定支出となりますので、家計管理には重要です。

 

そこで本記事では住居費の平均額を調べていきます。

それだけでは物足りないので、日米の平均住居費用を比較します。

 

それではさっそく日米の世帯別家計支出を比べていきましょう。

スポンサーリンク

日米の家計支出比較:平均の住居費用はいくら?

7812906354_f38ae5d32f_b

項目

米国日本

Δ

税引前収入644,320523,589-120,731
消費支出519,330319,170-200,160
食費66,65070,5863,936
住居関連費173,77053,237-120,533
美容被服16,74013,715-3,025
交通費・通信91,04041,433-49,607
医療費39,19012,763-26,427
教養娯楽25,60028,9593,359
教育11,38011,539159
寄付金17,900-17,900
個人年金・保険55,510-55,510
その他21,56063,57342,013

 

上表は日米の家計支出を比較したものです。

アメリカ側は、全世帯の平均(世帯人数2.5人、18歳未満0.6人、有業人数1.3人)

対して日本側は、勤労者世帯で2人以上の世帯の数字を抽出しました。

 

米国の住居費用は平均で

17万円以上

 

すこしバイアスがあるかもしれません。

日本側の方が収入が多そうな世帯をピックアップしているからです。

円安を考慮したとしても米国の方が収入と支出は多そう。

 

平均の住居費を含めて、それぞれの支出項目を見ていきましょう。

■食費

日米の家計支出を比べても、食費はきく変わらない。

とはいえ全体支出からの割合で見ると日本の方が食費率が髙くなります。

米国に比べて日本人の方が、食に気を配っているのかもしれませんね。

 

アメリカの住居関連費用・住宅費は高い

住居費の平均額をみると、米国の方が圧倒的に高くなっています。

 

その差額は月々12万円以上

 

アメリカの住居費は高いとみてよさそうです。

 

もう少し詳しく日本の住居費をみていきましょう。

53,237円 = 住居(19,775円) + 光熱・水道(23,077円) + 家具・家事用品(10,385円)

に分解されます。

 

住居費用が月々2万円切っている。

いったい日本人(勤労かつ2人以上世帯)はどんなとこに住んでるの?と思ってしまいます。

日米の教育費の違いは小さい

日米の家計支出を比べても、教育費は大きく変わりません。

月額1万円ちょっとの支出。

 

大学生の子どもを持つ家庭では教育費が高くなりそうなものです。

とはいえ家計全体でみると大きな影響は少ないのでしょうか。

いずれにせよ、高校・大学の教育費は大きな支出となることは心しておきたいです。

■交通・通信費

アメリカの交通・通信費用は高すぎ。

日本の家計平均支出より月額で5万円ちかくもおおく支払っています。

みんな車を持っているんだろうな、きっと。

 

スポンサーリンク

日米の住居費を比較して感じたこと

今回は、日米の家計支出を比べてみました。

 

米国の世帯別収入をみると、

利息、配当金、家賃所得、その他財産所得 の項目には、15,160円/月

と記載があります。

 

平均で1.5万円/月のインカムを得ているのです。

恐るべし米国人の家計状況。

 

やはりアメリカには投資が根付いているのだと感じます。

 

そして固定費である住居費をみても、米国の家計はは大きな支出をしている。

住居費が安いことは日本に住むメリットなのかもしれません。

 

関連記事の紹介

日米で年齢別の年収を比較したら驚きの結果に

アメリカの年齢別平均年収を日本と比較、40代は年収1000万円
アメリカの平均年収はいくらなのでしょうか? 少なくとも日本よりは平均年収が高そうです。 とはいえ家族の有無によっても平均年収の計算方法は変わります。 さらには世帯年収などは年齢別でよく語られます。 ですからひ...

 

日米のエリートサラリーマンの年収はいくら?

エリートサラリーマンの年収は1500万円?日米比較【P&G編】
日本のサラリーマンの年収とは世界と比べて高いのか? 先進国とはいえ生産性の低さから低賃金であるのが日本の給料の特徴である。 では生産性の高さを世界標準で維持しているグローバル企業の年収を、アメリカと比較したら高いのか・低いのか。...

 

株式投資の配当利回りを日米で比較してみたらどうなるか?

配当利回りを米国株と日本株で比較(S&P500 vs 日経平均)
配当金や自社株買いは米国株の専売特許でメリット大、日本株はデメリットばかり、そう思う人はいますか? 米国株投資の特徴といえば株主還元の積極的な姿勢があげられますね。 つまりアメリカ企業は高配当利回り+自社株買いに意欲的で...

コメント