35秒で電気代を年間1万円安くする方法を実行してみた

本記事では、クリックひとつで電気代を年間1万円安くする方法を紹介します。

答えを先に言うと、エルピオでんきにオンラインでサクッと申し込むだけで電気代が月々1,000円以上も安くなるのです。

 

スポンサーリンク

電気代を年間1万円安くする方法は、エルピオでんきに申し込むだけ

私は、2018年10月末に、エルピオでんきに電力会社切り替えを申し込みました。

その後、以下のようなメールを受け取ったのです。

サクッと簡単な手続きで、電気料金が年間1万円以上安くなることになりました。

 

 このたびは、数ある電力会社からエルピオでんきを選んでいただき
誠にありがとうございました。

お客様のエルピオでんき切替日(供給開始予定日)が決定致しましたので、ご案内致します。

供給地点特定番号:*************
供給開始予定日:2018/12/20

原則として「供給開始予定日に弊社へ切替」となりますが、電力会社の都合等により変更になる場合がございますことを、 予めご容赦願います。

なお、供給開始当日にお立合いをいただく必要はございません。

スポンサーリンク

電気料金がどれだけ安くなるのか電力会社毎に比較してみた結果

 

2016年4月から始まった電力自由化によって、全ての家庭が、契約する電力会社を自由に選べるようになりました。

こうした状況をうけ、電力比較サイトは多数存在しています。

手元に検針票を用意しインターネットで確認すれば、電気料金がいくら安くなるのかその金額目安がすぐに分かります。

エネチェンジで電気代比較をしてみた

エルピオでんきへ乗り換えると、電気代はいくら安くなるのか、引用:エネチェンジ

たとえば電力比較サイトのエネチェンジ で検索をしたら、エルピオでんきに切り替えすると東京電力よりも電気代が年間2万円以上安くなることがわかりました。

 

こんな簡単に年間2万円も固定費が下がっていいものなのでしょうか。

 

配当利回り5%(税引き後4%)の高配当日本株に、50万円投資をしたときと同じだけのインパクトがあります。

 

蛇足ですが私は、野立て太陽光発電投資をしており、東京電力に電力供給をしています。

電力会社切り替えをするということは、東京電力に売電をしつつ、自分は違う電力会社から電力を購入するわけです。

 

ちょっとズルい気もしますね。

とはいえまさに電力自由化です。

 

さて、電力比較サイトが優れているからといって、電力比較サイトのエネチェンジだけを信じていいものなのか分かりません。

そこでエルピオでんきが本当にベストであるか、独自の観点から比べてみました。

比較対象は電力比較サイトで、電気代を比べる方法のブログ記事で記載したおすすめ電力会社の中から、リーズナブルな3社を比較したのです。

 

おすすめ電力会社の例

独自リサーチで、電力会社毎にいくら電気代が安くなるのかを比べてみた結果

100Kw200kw300kw400kw500kw
1位:エルピオでんき2,9175,0977,3599,89012,421
2位:熊本電力3,2395,3437,3889,73012,072
3位:Looopでんき2,6005,2007,80010,40013,000
比較対象:東京電力3,0755,5448,14211,14414,146

1位:緑 2位:黄色

 

使用電力と基本料金・その他賦課金等と、使用電気量を加味した結果が、上の表となります。

 

使用電力が400kwを超えるようならば、熊本電力に切り替えるのが最安値でした。

一方で400kw未満ならば、エルピオでんきもしくはLooopでんきということになります。

 

総合的にみたら、エルピオでんきが一番のおすすめですね。

ですから我が家はエルピオでんきに電力切り替えをすることにしたのです。

 

スポンサーリンク

エルピオでんきへの申し込み方法を知り、電気代を1万円安くしよう

 

エルピオでんきは、使用電気量に関わららず、料金的に有力な電力会社です。

サクッと切り替えしておくといいですね。

電気代が年間1万円以上安くなりますから。

 

まずは電気の検針票をご準備し、エルピオでんきから申し込んじゃってください。

  • お名前
  • ご住所
  • お電話番号
  • メールアドレス
  • 現在ご契約中の電力会社の
  • 供給地点特定番号(22桁)
  • ご契約名義およびお客さま番号
  • 契約種別

公式サイト→エルピオでんき