マネーフォワードは便利アプリ、3年間経験の使い心地

スポンサーリンク

私が資産管理ツールのマネーフォワード を導入して1年が経った。

このアプリが便利すぎるので、その使い心地の良さを3つに分解して紹介する。

3年間使い続けた私が言うのだから間違いない。

1.約2600社の金融機関に対応

ほぼ全ての金融機関に対応しているといっても過言ではない。

つまり、自分の金融資産を一括で把握できる、そういう事。

これは超絶便利!!

オンライン連結なので、セキュリティ面が気になる人もいるかもしれない。

マネーフォワードは、マネックスベンチャーズ、三菱UFJキャピタル、クレディセゾン、三井住友海上キャピタル、など大手金融機関からも出資という形で信頼を得ている。

なのでセキュリティ面も万全を期している、らしい。

Facebookなどとも連携できるらしいが、ちょっと不安なので私は実施していない。

銀行と連結すると便利な点

複数の銀行口座に保有している現金が一目でわかる。

なので、マネーフォワードを導入すれば通帳記帳が不要。

これ便利。

iphoneだとこんな感じ↓

151225 口座

さらに、入金や引き落としもタイムリーに把握可能。

大昔に契約した無駄な自動引き落としにも気づくかもしれない。

クレジットカードと連結すると便利な点

アプリを導入すればクレジットカード支出の推移と内訳がすぐにみれる。

それも自動で取り込まれる。

なので現金支払いよりもクレジットカード支払いがオススメ。

もちろん、電子マネーが使える店は電子マネー支払い。

マネーフォワードが家計簿に早代わり。

iphoneだとこんな感じ↓

151225 クレジット

各項目の明細を、家計簿の項目に自動振り分けしてくれる。

これもかなり便利。

なのでマネーフォワード導入したら、クレジットカード支払いを推奨する。

デメリットとしては、自動で勝手に振り分けてしまう点。

例えばAmazonでの購入。

私は「本」を買う事が多いので、Amazonでの購入代金はマネーフォワードでは自動的に「書籍」へ分類される。

子供の玩具を購入しても、「書籍」となってしまう点には注意が必要。

証券会社と連結すると便利な点

複数の証券口座を一括で把握可能、つまりポートフォリオがすぐみれる。

投資信託も連結できる資産管理ソフトは少ないらしい。

まさに、資産のポートフォリオ・管理に。マネーフォワード!

ちなみに私は3つの証券口座を連結中。

iphone画面ばかりだったので、今度はPC画面↓

151225 資産構成

もちろん複数証券口座の個別株評価損益も把握可能。

各証券口座にログインせずとも、評価損益をバッチリ可視化。

151225 投資信託

現金管理でも便利な点

マネフォワードは現金管理は手入力。

スマホでちゃちゃっと入力可能。

使い勝手はとてもよい。

さらには、レシートを写メで取り込み可能。

そんな訳で、どの金融機関に対してもさらには現金に対しても超絶便利。

スポンサーリンク

2.クラウド ソフト

クラウドソフトを使ってみて感じる事、 マネーフォワードでカンタン生涯資産管理

いつでもどこでも、誰でも入力可能

・スマホですぐに入力可能

・他のタブレット端末やPCでも把握可能

・夫婦で家計支出を把握可能

・端末紛失や故障しても、データが無くならない

・有料プランでは、マネーフォワードがバックアップ対応

・PCからエクセル抽出が可能

3.簡単家計簿

ここまできたら、 無料の資産管理、家計簿ツール、マネーフォワードに対してもう言う事はない。
家計簿もできたり、資産管理もできたり、超絶便利。

家計を可視化する事で、支出を減らす効果がある。

私も体験済。

米国株配当成長ポートフォリオからの配当金2017年 参考米国株式の配当金は、いつ振り込まれるのか? 2016年 経済的自

家計支出の画面も念のため掲載しておく↓

151225 家計簿

まとめ

いったん始めたらもう抜け出せないマネーフォワード。

スマホを持っていて、家計簿をまだつけていない人はまずは導入してみるべき。

無料版でも充分にその価値を体験できるはず。

1年間使い続けた私が言うのだから、間違いない。