スポンサーリンク

ストックとフローの違いを子どもと一緒にドラクエで学んだ

投資をしていると、ストックだとかフローだとかいった言葉が出てくる。

なぜカタカナなのだろうか?

分かりにくくないですか?

子どもとのコミュニケーションツールになりつつあるドラクエ11をやって、ストックとフローの違いがとても分かりやすい例があったので紹介したいと思います。

スポンサーリンク

ストックとフローの違いとは?

  • ストック:持ち物、貯めたもの の事
  • フロー:流れや、出入りの事

ストックとフローの違いは、学校で習った記憶はない。

それでもストック&フローというのは金融知識で持っておきたい常識。

お金では、ストックであろうがフローであろうが、どちらも増えて困る事はない。

参考あなたの人生を変えるお金の教養を読み、ストックとフローを学んだ

ストックとフローを言い換えたら、貯金と年収

  • ストック→いくら持っているの?貯金いくら?
  • フロー→年収どのくらい?

このたとえがしっくりくる。

そしてこの例が実は身近にあった。

それも子どもの近くに。

それはいま流行りの、、、

否、

2017年のちょっと前に大人気のドラクエ11

参考ドラクエと株式投資があまりにも似てるので驚いた

ストックとフローの違いの例は、ドラクエⅪでも知れる

ドラゴンクエストって知っていますか?

ドラクエとは

  1. 目的をもって
  2. ルールにしたがい
  3. 敵をやっつける

そんなゲーム。

スクエアエニクスのヒット商品。

たぶん、いまアラフォーの人はドラクエⅢ世代でしょう。

今の時代はドラクエⅪ

根本的には同じ。

呪文を唱えるにはMP(マジックパワー)が必要。

マジックパワーには最大値と現在値がある。

MP・最大MP と表示される数値だ。

呪文を使うとMPが減る。

ただし減る一方ではない。

いまのドラクエⅪでは、MPが闘う毎 or 戦闘終了後に増えることがある。

換言すれば

  • MP→フロー (出入り、流れ)
  • 最大MP→ストック (持ち物)

ここで重要なのはマジックパワー(MP)が想像以上に増減すること。

例えばアイテムを装備するだけで、MPが増える。

つまりフローを増やす方法が沢山ある。

これはかつてのドラゴンクエストとは異なる。

何が違うのかを考えてみたい。

1980年代には、ストックとフローの情報はドラクエにはなかった

マジックパワー(MP)が定期的に増えるという概念は、少なくともドラクエⅤまではなかった。

つまりはフローをプラスにするというコンセプトが、1980年~90年代のエニクスのゲームにはなかったわけ。

日本の景気が良かった頃だ。

ところが現代においては、ふつうにMPが増える。

しかも一定期間で。

それが当たり前のゲーム。

きっとこれは現代社会を反映しているのでしょう。

  • MP→フロー →ふつうに増えるもの・むしろ増やすもの
  • 最大MP→ストック →レベルアップして増えるもの

キャッシュフローをプラスにして、クエストするのが一般的だと言える。

人生をドラクエ型だとしよう。

すると、ラスボスを倒すためにはストックだけ増やすのでは不十分。

フローもプラスにしていくのがベター

キャッシュフローといえば、インカムゲイン

無理やりこじつけかもしれないが、フローの重要性はゲームに波及している。

だったらリアルワールドでも取り入れたい。

目的の達成のためにはフローが大切なことを思い出そう。

キャッシュフローとはインカムゲインが該当する。

ということで人生にはインカムゲインがやっぱり大切なのだ。

参考キャピタルゲインではなくインカムゲインを狙うのはなぜなのか?

ドラクエⅪをやりながら、ストックとフローの違いを子どもに教えたい

経済とか金融の話はけっこう難しい。

専門家と話すには高くて厚い壁が存在する。

でもそんなことは関係ない。

身近なところにストックとフローを体験できるツールはいくらでもある。

その例がドラクエⅪ

金融教育・知識が不足していると叫ばれる今の世の中。

わざわざ難解に考えることは無い。

かみ砕いて、身近な例で子供にも伝えていきたい。

ということで、ドラクエはよい一例ですね。

さてさて私の勇者話をひとつ。

勇者 はちどう、ドラクエⅪで魔王ウルノーガを倒しました。

が、まだまだストーリーの続きはあるようです。

投資もゲームも人生も、終わりなき旅だっていうことが楽しみ。

なにはとはともあれ、子どもにだってストックとフローの違いとその重要性を伝えていきたいですね。

あなたなら、ストックとフローをどのように例えて次の世代に話しますか?

See you!

ストックとフロー、ゲームと人生にはこちら

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする