スポンサーリンク

72の法則とは資産を2倍にする式、114の法則・144の法則は?

72の法則とは、72を複利(金利)で割ると元金が2倍になるまでのだいたいの年数が出る公式だ。

これを応用したのが、114、144の法則である。

  • 72の法則 :元金2倍
  • 114の法則 :元金3倍
  • 144の法則 :元金4倍

本記事では、72・114・144の法則について少し考察しておきたい。72の法則の詳細はWikipediaを参照されたし。

尚、私は72の法則は知っていたが、114、144は知らなかった。

アメリカの高校生が読んでいる資産運用の教科書を読み、便利な数字があるのだと知った。

スポンサーリンク

72の法則を定期預金に応用してみる

いまの日本において、定期預金の利率は0.1%あればそれなりの水準でしょう。

これを72のルールに当てはめてみる。

72 ÷ 0.1 = 720

つまり、定期預金だけで元本を2倍にしたいと思ったならば720年を要する。

よっていまの定期預金は、西暦2700年代になんと元本が倍になる。

これぞ長期投資、元本保証だし最高だぜ。

とはいかない。

なにせ720年もかかるらね。

蛇足であるが

いまから定期預金にせっせといれておけば、元金二倍にするのにナウシカの時代には間に合うよ。

また、過去にさかのぼれば720年前の都は鎌倉であった。

あなたのご先祖様が鎌倉時代に定期預金を100万円していた場合、21世紀になったいまなんと200万円となっている計算となる。

なんと有り難いご先祖様でしょう。

お盆にお墓参りは行きましたか?

参考定期預金だけではお金は増えない、お金の教育は今までとは違う

72、114、144の法則で、10年リターンを考察してみる

72、114、144の法則をみれば、10年後に○○倍となる利回りもすぐに分かる。

  • 72 ÷ 7.2 = 10
  • 114 ÷ 11.4 = 10
  • 144 ÷ 14.4 = 10

したがって10年後にそれぞれのリターンを得たいときの利回りは下記の通り。

  • 2倍:7.2%/年
  • 3倍:11.4%/年
  • 4倍:14.4%/年

この数字を念頭に、資産運用してみるとよいでしょう。

参考資産形成 =(収入-支出)+ 資産 × 運用利回り の重要性

72の法則を使うと米国株リターン7%/年は、10年で倍に

アメリカ株を代表する株価指数S&P500の歴史的リターンは7%前後とされている。

72の法則を使えば、元金2倍になるのに10年を要する計算だ。

そう思ったならば、アメリカ市場にまるっと投資をできるETFである【VTI】や、S&P500に連動するETFがよい対象となる。

このようにリターンが歴史的にみて一貫しているアメリカ市場をベースに、72、114、144の法則を活用してみたいですね。

See you!

■関連記事の紹介

貯金もいいけど、やっぱり運用でしょうというお話。貯金と株式投資のリターンを棒グラフにした結果をみると、驚きますよ。

アセットアロケーションを決めた上で、ETFに投資しようと思うならば、①対象となる株価指数を決める ②運用残高の大きいものを選ぶ ③コストが安いものを選ぶ というのがベターでしょう、ということ。

これからの時代、高校生から株式投資・資産運用をしておきたい

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする