スポンサーリンク

人生で株式投資の優先順位を高める必要があると気づこう

人生における株式投資の優先順位が高くなりつつある。日本では貯蓄から投資への流れを加速しつつあるからだ。給料以外の収入を得ていく必要がある。

ところが日本人にはまだまだ資産運用・株式投資は普及していない。

どうしたらよいのか?

まずは第Ⅱ領域(重要×緊急ではない)ことに集中すると思い出せばよい。

あなたがもしビジネスマンならば、7つの習慣という本を読むか聞いたことはあるでしょう。

フランクリンコヴィー著作には、物事の優先事項をどのように順序立てて考えたらよいかの教えがあるので参考になる。

スポンサーリンク

株式投資の優先度を、重要性と緊急性で考えてみる

株式投資は第Ⅱ領域、参考:7つの習慣

7つの習慣によれば、緊急度×重要度によって4つのセグメントにわけて優先事項を決めることが推奨されている。

ここでのキーポイントは、重要ではあるが緊急性が低い第Ⅱ領域は後回しにされがちだということ。人生においても仕事においても同様だ。

  • 健康のためのダイエット
  • より人生を豊かにするための英語の勉強
  • 収入の複線化
  • 将来不安対策のための資産形成・貯金
  • 株式投資

などなど。

まずは自分の人生において、お金を増やすこと・資産形成は重要なのか?を考えてみるとよい。資産形成の方法のひとつに株式投資があるのだ。

資産形成が不要であり、すでに経済的に困っていないのなら問題なし。

将来不安とは言うが、家計金融資産での株式割合は低迷

出典:野村アセットマネジメント「『貯蓄から投資へ』に関する意識調査」の結果について

上図は野村アセットマネジメントが調査会社のインテージを通じて実施したリサーチ結果である。家計金融資産における資産構成の推移について40,000人を対象にした調査だ。

2007年~2016年で投信+株式の割合をみると、おおむね3割前後となっている。

  • 2007年:28%
  • 2008年:33%
  • 2009年:31%
  • 2011年:32%
  • 2012年:31%
  • 2013年:27%
  • 2014年:22%
  • 2015年:24%
  • 2016年:25%

つまり貯蓄から投資へとは号令ばかりで日本国民には全く普及していない。これが老後不安や将来不安の原因となる。

お金・資産形成が必要と思うなら、資産運用を勉強しよう

お金持ちは月に8時間を資産運用の勉強に費やす。1日に直せば約15分。

重要ではあるが緊急性が低い資産形成は、うっかり忘れがちになる。

人生とは様々な事象が降りかかってくるものであり、資産運用ばかり考えていられないからだ。

いずれにせよ、株式投資の優先順位を高める必要があるとまずは気づくことからはじめよう。

そういった意味で、世界を股にかける企業への投資は初心者でも取り組みやすい。

グローバル企業の多くはアメリカ市場に上場しているのだから、米国株株投資とは今後より日本に根ざしていくでしょう。

まずは資産運用に興味を持つことからはじめてみよう。

See you!

■関連記事の紹介

お金持ちとそうではない人では、資産運用にかける時間が僅かに異なる

お金持ちの勉強時間は月8時間だ。これはお金についての勉強時間だけをさす。 お金持ち・億万長者とは、どんな人々なのか? どうやったらお金持ちになれるのか? アメリカの大規模研究がある。徹底的に調査された結果、驚くべ...

30代のうちにはある程度のお金の知識を身につけておこう

30代のあなた、お金のこと考えてます?年収1000万円とか、貯金1000万円とかお金持ちになりたいとか、そんな気持ちってありませんか? 私はめちゃめちゃある。 でもむしろ年収アップや貯金額よりもお金のフローを生ん...

株式投資や資産運用に戸惑いがあるなら、期待貯金額を把握していくら必要か計算してみよう

年齢別平均年収データがあれば、期待資産額が計算できる。期待資産額=年齢 × 年間家計所得 ÷ 10 - 遺産相続額 という式があるからだ。 投資などで金融資産を持っていない場合には、期待資産額とは貯金額と置き換えられる。 ...

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク