アメリカの平均年収の推移と、世帯年収分布

アメリカの世帯年収推移をみると、経済回復とともに上昇しています。

日本人の年収が下がり続けている現状をみると、日米の経済格差が広がっていると感じます。

 

本記事では、アメリカの世帯年収推移とその分布を紹介していきます。

スポンサーリンク

アメリカの世帯年収、中央値の推移

 

上グラフは、米国の世帯年収推移(中央値)を示しています。

2016年時点の世帯年収は、6万ドルを超えました。

1ドル110円だとすると、年収660万円が中央値ということです。

 

直近10年では、2012年をボトムにして右肩上がりの推移となっています。

2007年~2008年にかけての金融危機から米国経済は立ち直り、一般世帯の年収も上昇していると推察できます。

 

アメリカの世帯年収推移(5年毎)

観察日世帯年収中央値
1986-01-0153,309
1991-01-0153,025
1996-01-0155,394
2001-01-0158,609
2006-01-0158,746
2011-01-0154,673
2016-01-0160,309

 

 

スポンサーリンク

アメリカ人の年収分布、世帯年収1000万円の割合は?

引用:Statista

 

こちらは、Stasistaから引用した、アメリカの世帯年収の分布です。

米国市民の中で最も多い世帯収入は5万~74,999ドルの層であり、その割合は16.7%でした。

世帯年数を日米比較したら、やはりアメリカの方が高年収であると言わざるを得ません。

 

米国の世帯収入は、経済状況と傾向を知るのに役立つ

世帯収入は、米国経済状況を反映しています。

ですからアメリカの家計収入の推移をみえると、景気状況をうかがい知ることができます。

つまり2016年まで、米国経済は絶好調であったということです。

 

一方で2009年のリセッション後に、アメリカの家計所得の分布は格差が拡大しています。

とくに所得格差は大都市圏で顕著でした。

世帯年収の平均や中央値を見ただけでは分かりにくいですが、2000年~2010年の間に米国の貧困率は増加しました。

 

しかし近年、米国人口の貧困層は減少傾向です。

2017年には貧困率が12.3%となっています。

ところが世帯年収が1.5万ドル未満の層は、10.7%です。

 

米国経済が成長し、世界一だとはいえ、貧富の差は常に存在していることは忘れてはいけません。

 

関連記事の紹介

米国でも日本でもエリートサラリーマンは稼いでいるのですね

エリートサラリーマンの年収は1500万円?日米比較【P&G編】
エリートサラリーマンの年収は日本と世界を比べると、どっちが高いのか? 日本は先進国とはいえ生産性の低い国である。 したがい日本のサラリーマンは年収は上がっていない。 これが日本の給料の現実だ。 では生...

 

アメリカでは40代を超えると平均の世帯年収が1000万円だというデータもあります

アメリカの年齢別平均年収を日本と比較、40代は年収1000万円
アメリカの平均年収はいくらなのでしょうか? 世帯年収の中央値をみると、2016年時点では6万ドルを超えています。 年収660万円程度というところでしょうか。 米国では、少なくとも日本よりは平均年収が高そうです。 ...

 

アメリカの住居費・家賃は、日本より高いようです

住居費の平均金額はいくら? 日米の家計支出を比較してみた
家計支出において、住居費は大きなウェイトを占めます。 それもそのはず。 人生の三大支出をみると 住宅費 教育費 老後の生活費 住宅費用は固定支出となりますので、家計管理には重要です。 ...