たばこ銘柄の配当金・増配率を比較 JT・MO・PM・BTI

スポンサーリンク

タバコ株のトータルリターンは優れていると言われます。

たとえばフィリップモリスはジェレミー・シーゲル教授の研究では黄金銘柄の第一位として君臨しています。

いわゆるシーゲル銘柄

常習性のあるタバコは利益率が高く、値上げを可能としたビジネスモデルであることが大きいでしょう。

さらにはタバコ銘柄は多額な設備投資を必要としません。

その結果潤沢なキャッシュフローを産み出すのです。

たばこメーカーの利益は株主に配当金で還元されます。

なのでタバコ銘柄には高配当株が多いですね。

配当金投資家の多くは、たばこ株をポートフォリオに持っています。

ではどのたばこ銘柄の配当金・増配率が魅力あるのでしょうか?

本記事では、たばこ株の配当金の増加状況、増配率を比較します。

配当金を比較するタバコ銘柄

シーゲル銘柄とは、米国株の運用成績ランキングトップ20 ジェレミー・シーゲル著株式投資の未来には、1957年~2003年迄のリターン上位2

たばこ銘柄の配当金を比較(JT・MO・PM・BTI)

西暦  JT

(JPY)

MO

(USD)

PM

(USD)

BTI

(GBP)

2012 68 1.7 3.24 1.33
2013 96 1.84 3.58 1.41
2014 100 2 3.88 1.45
2015 118 2.17 4.04 1.52
2016 130 2.35 4.12 1.56
2017 140 2.49 4.22 1.7

日本たばこ JTのアニュアルレポートでは2012年~の配当金が記載されていました。

日本企業贔屓ということで、2012年を起点にタバコ銘柄の配当金を一覧にした結果です。

決算に使われる通貨をベースとしています。

  • JT:日本円建て
  • MO:米国ドル建て
  • PM:米国ドル建て
  • BTI:ポンド建て

今回紹介するたばこ銘柄の全てが、2012年~2017年にかけて毎年増配をしていました。

配当金投資家には嬉しいたばこ銘柄です。

続いては増配率を比べてみましょう。

アルトリア【MO】は、配当金投資家からの注目度が高い米国株 米国株のなかでも高配当かつ連続増配として名高い銘柄がアルトリアグループ MO。
スポンサーリンク

たばこ銘柄の配当金・増配率を比較

2012年を起点として2017年の配当金がどれだけ増加したのかを比べてみました。

日本たばこ JTは、この期間で配当金が2倍に増えています。

たばこ銘柄の配当金増加率 2012年 vs 2017年

  • JT:206%
  • MO:146%
  • PM:130%
  • BTI:128%

たばこ銘柄の各年増配率 2013年~

  JT MO PM BTI
2013年 41.2% 8.2% 10.5% 6.0%
2014年 4.2% 8.7% 8.4% 2.8%
2015年 18.0% 8.5% 4.1% 4.8%
2016年 10.2% 8.3% 2.0% 2.6%
2017年 7.7% 6.0% 2.4% 9.0%

参考:たばこメーカーの世界ランキング・マーケットシェア

たばこ銘柄の未来、トータルリターンは明るいのか?

1957年~2012年における米国株のトータルリターンナンバーワンが、フィリップモリスでした。

21世紀でも同じ結果となるのでしょうか?

たばこ株のビジネスモデルが利益を生みやすく、リターンが優れていたことは多くの投資家に知れ渡っています。

つまりたばこ銘柄への期待値は高いといえます。

買い注文が入りやすく、株価が上がりがち。

本質的価値よりも低い株価がつかなくなりつつあるタバコ銘柄。

投資家からの期待が高いたばこ銘柄が、今後も高いリターンをたたき出すとはいいがたいです。

しかしながら配当金はどうでしょうか?

安定かつ潤沢なキャッシュマシンと化しているタバコ銘柄。

今後も配当金を出し、さらには増配してくれる可能性は高いです。

インカム狙いの投資家には、たばこ銘柄は注目され続けると思います。

配当金をKPIとしている私はもちろん、たばこ銘柄は注視していきます。

生活必需品セクターETFの記事はこちら

>>>VDCは生活必需品ETF、株価上昇や配当利回りも魅力的

米国株(アメリカ株)の注目株 アメリカ株は注目株が沢山ありますよね。 成熟した米国市場ですし、世界的にも有名な企業が多数

たばこ銘柄、個別株の記事紹介