たばこメーカーの世界ランキング・マーケットシェア

たばこ業界での売上高世界ランキング・マーケットシェアを調べてみました。

 

タバコというのは常習性があります。

継続せざるを得ない状況であるから、たばこを売る側は儲かるわけです。

 

その依存性は販売側には甘い蜜、各国でたばこの専売制がとられています。

1985年までは日本でも、たばこは専売制でした。

 

本記事では、たばこの世界情勢、メーカーの世界ランキング・マーケットシェアを紹介します。

 

スポンサーリンク

たばこ・シガー売上量・売上高推移(世界編)

世界のタバコ市場

 

このレポートでは、下記のように述べられています。

  • 2015年のたばこ小売り売上高は、698億5,147億ドルであった。
  • 2015年には、5.5兆本以上のタバコが世界10億人の喫煙家に届けられた。
  • 2000年から2015年までに、世界のたばこ販売量が増加し、小売り売上高は98.8%上昇した。
  • 業界アナリストは、今後5年間にグローバル たばこ業界は成長を続けると予想している。
  • 小売り売上高は 37.3%の上昇と予想されるが、グローバル販売数量は4.8%減少する見込み。

 

たばこの売上数量は減少することが予想されているのです。

つづいては地域別のたばこシェアを見ていきましょう。

スポンサーリンク

たばこマーケットシェア(世界・地域別) 2005年 vs 2015年

地域別のタバコ市場シェア

Source: Euromonitor International, 2015

 

世界の愛煙家の80%が、中・低所得国に居住しているといわれています。

そしてマーケットシェアはアジア・パシフィックの伸びが顕著です。

 

エリア2005年2015年
アジア・パシフィック54%65%
オーストラリア0%0%
東欧14%10%
ラテンアメリカ5%4%
中東・アフリカ7%7%
北米8%5%
西欧12%9%

 

ちなみに世界最大のタバコ市場は中国です。

中国のタバコ市場は圧倒的なシェアをほこります。

したがって中国のタバコメーカーが世界一のタバコ企業となるわけです。

 

しかしながらその中国でさえ2015年に、たばこの販売数量は3%減少している事は注目しておきたいですね。

 

スポンサーリンク

たばこメーカーの世界ランキング

タバコ企業別の市場シェアランキング

Statistaより

 

タバコ市場世界ランキング第1位は、中国の国営企業である中国煙草総公司。

たばこ業界で44%ものマーケットシェアを有するのです。

第2位フィリップ・モリスの3倍のシェアですよ。

 

この中国煙草総公司は、売上の99%を中国内で稼いでいます。

国別の市場規模が中国がダントツNo.1であり、国有企業である中国煙草総公司が企業別シェアでもぶっちぎりNo.1であるというわけ。

スポンサーリンク

たばこメーカーの世界ランキング・マーケットシェアみて思うこと

フィリップモリスの歴史を見ると、1957~2012年の年率リターンは19.47%でした。

過去に答えを求めれば

などに投資をする事は将来リターンが保証されているといえます。

しかしながら必ずしも過去が将来を約束するわけではありません。

 

50年前を想像すると、たばこ株がこれほどまでに高リターンを得られるであろうことは多くの人は考えなかったはずです。

だからこそフィリップ・モリス株が高リターンを達成したわけですね。

 

フィリップモリスの50年前

  • 周りからの期待度が低い
  • でも収益は出し続ける

 

今現在、たばこ銘柄への投資では高リターンを期待する人が多いです。

そうなると未来の結果は、過去とは異なる可能性も考えられます。

 

とはいえ、今後もこれまで同様に規制に守られ愛煙家がいる限り、巨大なキャッシュフローを生み続けてくれるはず。

 

たばこ市場のFactを振り返りましょう。

  • 販売数量が世界的に減少する斜陽産業
  • 値上げにより、販売額は増加している
  • 潤沢なキャッシュフロー

 

今後、たばこは値上がりし続けると思います。

喫煙者には厳しい時代が続きそうですね。

 

関連記事の紹介です

アメリカの規制当局、FDAのたばこ業界に対する対応には注目しておきたい。

電子タバコは有害物質規制を乗越え、タバコ株にリターンをもたらすか
米食品医薬品局(FDA)はたばこのニコチン含有量を「中毒性のない」水準まで減らすよう義務付ける規制を提案したと報道された。 このニュースにより、アメリカのタバコ市場シェアが高いアルトリアグループMOやブリティッシュ・アメリカン...

 

生活必需品関連企業の売上高ランキングはこちら。

生活必需品企業売上高ランキングトップ10
生活必需品セクターへの投資は、今後もリターンの大きさが有望視されています。 ジェレミー・シーゲル著、株式投資の未来~永続する会社が本当の利益をもたらすでは過去のトータルリターンが優れていたのが生活必需品セクターなのです。 米国株...

 

アメリカたばこ業界No.1のアルトリアグループ

アルトリア・グループ【MO】は、高配当+株価上昇のシーゲル銘柄
MO,アルトリアグループとはアメリカのたばこ企業です。 たばこ業界世界ランキングでは6位。 米国たばこ業界では第1位。 2008年にフィリップスPMがスピンオフ・分社化しました。 その結果、アルトリアMOは販...