米国株投資に地域分散は必要か? S&P500海外売上比率から考察

世界が小さくなっている現代、地域分散投資の概念は不要。

そう私は考えた。

以下にその背景を記す。

 

スポンサーリンク

地域分散投資と海外売上高比率

投資においては分散の重要性が説かれている。

そんなことは当たり前であり、企業も同様に考えているはずだ。

 

「ジェトロ世界貿易投資報告2016年版」によると、15年度の日本企業の海外売上高比率は58.3%となり、過去最高を更新している。

日本企業に勤めていたり日本企業へ投資していたりしても、その売上の半分以上は国外からのものだ。

あなたの給料は、世界中からの利益の集計であるといっても過言ではない。

 

では世界で最も稼げる市場であるアメリカに本社を置く企業の海外比率はどうだろう?

2015年におけるS&P500企業の海外売上高比率は44.3%となっている。

 

すでに各国企業は売上高を分散させているわけ。

この場合に、国際分散投資という概念は必要なのだろうか?

 

参考【VEA】は米国を除く先進国のETF

 

スポンサーリンク

米国株代表:S&P500の海外売上高比率は高い

海外売上高推移は40~50%、つまり地域分散は既にされている

以下はS&P500構成銘柄の、海外売上高推移を示している。

アメリカ企業の売上は、40~50%程度が米国外からである。

米国株に投資しているといっても、実はその売上の源泉はアメリカ以外のものを多く含んでいると考えてよい。

 

国別売上高比率2015年:売上高が各国に分散されている

S&P 500R 2015: Global Salesより

 

売上国割合
アメリカ55.65%
ヨーロッパ7.79%
アジア6.77%
アフリカ3.16%
南アメリカ2.91%
北アメリカ(除米国)1.82%
オーストラリア0.08%
その他21.82%

 

”その他”が21.8%と米国外では最大比率となっている。

これは詳細にブレイクダウン出来ない or 公表されていないというのが理由だろう。

つまりEUやアジアの比率は上記より更に大きいと考えてよい。

 

いずれにせよ、S&P500構成銘柄の米国売上比率は半分ちょっとにしか過ぎない。

そして売上高は世界各地に広く分散されている。

スポンサーリンク

多国籍企業の、米国内売上高比率

代表的な3つのセクターに所属する優良企業の、米国売上高比率をピックアップした。

生活必需品セクター銘柄は、売上高が世界分散されている

 

 

どの企業がアメリカ本社なのか分かったものではない。

ユニリーバ【UL】は英国、アンハイザー・ブッシュ・インベブはベルギー企業であるが多国籍企業であり、米国売上高比率は高い。

 

ヘルスケアセクター銘柄も、事業は地域分散がされている企業

いずれもヘルスケアセクターのトップを争う企業である。

売上高はNo.1/2であり、時価総額ランキングでもジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】に次いで2位・3位なっている。

 

ノバルティスは米国売上高37%のスイス企業。

多国籍企業のひとつである。

 

石油セクターは世界各地で稼いている

  • エクソン・モービル:33.6%
  • BP         :37.6%

オイルメジャーは世界各地で稼いでいる。

どこの国に本社を置いているのか?という視点は不要だ。

 

参考米国株は11セクター、業種別の代表銘柄リスト

スポンサーリンク

米国株大手銘柄は既にグローバル企業であり地域分散不要

もちろん、ウェルズファーゴ【WFC】、ベライゾン【VZ】やアルトリア【MO】などの米国100%企業は少なからずある。

しかしながら米国のみならず日本企業ですら、海外売上高比率が高くなっているのが事実。

すでに世界は一つになりつつあり、地域分散投資の概念は不要だ。

 

おまけに世界各国の株式市場間で、リターンの相関性が高まっている。

たとえば米国発のリーマンショック時には世界同時株安が発生した。

ほとんど関係のないと思える国やセクターも暴落した。

 

非米国を対象としたETFを見ても同様である。

市場間で相関性が高いのなら、わざわざ分散をする意義が見いだせない。

 

もはや投資における地域配分は時代遅れであり、わざわざ検討する必要なし。

 

ならば株主還元に手厚く、成熟した市場のアメリカへ投資すればよい。

よって私はアメリカ株を中心に資金投下する。

それが世界分散投資にも繋がっていると考えているからだ。

ちなみに米国株投資ならマネックス証券がおススメですよ。

 

あなたは地域分散投資についてどうお考えですか?

 

See you!

 

参考?マネックス証券松本大が語るアメリカ株投資の6つの魅力

 

 

■グローバル企業への投資は世界分散とほぼ同義、関連記事紹介

プロクター&ギャンブルはグローバル企業、米国株だが銘柄内で地域分散されていると考えられる

おすすめアメリカ株筆頭、P&Gの株価や配当、【PG】銘柄分析
P&G(プロクター&ギャンブル)が増配のアナウンスをしました。 61年連続で配当金を増額するという大記録。 P&G【PG】といえば 安定感抜群の生活必需品セクター所属 61年連続増配の配当王銘柄 日...

 

P&Gのライバル、ユニリーバも地域分散された事業展開をしている。とくに新興国に強みあり

ユニリーバのADRは、配当が税金で有利なイギリス株ULがおすすめ
ユニリーバ ULとはイギリスとオランダに本社を置く、一般消費財メーカーである。業界ランキングでは3位・4位と言う順位で大手銘柄だ。 紅茶のリプトン、ヘアケア用品のラックス、ボディケアのダブなどが有名商品である。もともとがマーガリンと石...