スポンサーリンク

長期投資で避けるべき8つのリスク

株式投資で避けるべきリスクはあるだろうか?

長期投資をしていると、株には多くのリスクがあると感じる。そのリスクはすべて投資家自身が負うのだ。

チャールズ・エリス著「敗者のゲーム」によれば、投資成果は市場、運用機関、投資家自身が責任を持つとされている。その中で最も重要なのは投資家である。

当たり前だ。

株式投資は自己責任

投資家と一言で表示しても各々事情が異なる。

  • 運用目的
  • リスク許容度
  • 運用経験
  • 現在、将来の資産・負債

これら状況は、投資家本人でなければわからない。

したがって投資家自身が責任をもち行動することが必要となる。

スポンサーリンク

長期投資成功のために、投資家が避けるべき8つのリスク

  1. むやみに頑張りすぎる
  2. リスクを回避しすぎる
  3. 忍耐力の不足
  4. 投資信託に投資する場合、10年に1回以上入れ替える
  5. 過大な借り入れ
  6. 単純に楽観的
  7. プライドが高い
  8. 感情的

敗者のゲームより

多くの投資家はわざわざ上にあるようなリスクを取り、自ら不幸な結果を招いてしまう。

つまりこれらリスクを避けることが出来れば、長期投資での成功に近づく。

敗者のゲームはインデックス投資を推奨する記述となっている。

しかしながら本書は普遍的な概念を取り入れており、アメリカ個別株投資にも適応可能と考える。

一つずつ自分なりに解釈していきたい。

長期投資とは、むやみに頑張りすぎたり力を入れる必要なし

”頑張る”とは何を指すのか「敗者のゲーム」で明記されていない。

私の解釈は、”投資リターンに繋がらない時間を割く”こと。

投資にかける時間と運用リターンの関係図

むやみに頑張りすぎるのを避けることの意味は、以下となる。

  1. 銘柄選定や分析はやらない
  2. 知っている銘柄以外を見るのをやめる
  3. シーゲル銘柄配当貴族ダウの犬銘柄だけに絞る

参考ちきりん著「自分の時間を取り戻そう」を個人投資家に当てはめると

長期運用ならばリスク回避しすぎず、株式比率が大きくてよい

リスクを回避する = 債券や現金などに偏る と理解した。

私は債券への資金投下がゼロに近い。

この場合、リスクを回避しすぎるは現金比率が高いことを意味する。

長期投資では株式が圧倒的なリターンを示す。

預貯金はむしろマイナスとなることを思い出せばよい。

つまり、事前に定めた資産配分比率をもとに金融資産を調整すれば良い。

1801年~2006年の金融商品実質トータルリターン

過去200年間における、金融商品の実質リターン

参考貯金と株式投資、お金持ちへの近道はどっち?

長期投資には忍耐力が必要、待ち切れず行動してしまうリスク

長期投資で年率リターンの設定をどの程度にするのかは人それぞれ。

10%/年を例に考えよう。

この場合、一か月毎の平均上昇率は1%にも満たない。

1日単位にすると上昇率はほぼゼロに近い。

つまり毎日の株価の動きを気にしても意味がない。

スマホがあれば、いつでもどこでも株価チェックができるこのご時世。

忍耐力はさらに強く求められる。

バイ&ホールドを原則とし売却という行為を選択肢から除外することで私は対応する。

リーマンショック級の大暴落が来た際に、本当にグリップし続けられるのかというリスクは考慮しておきたい。

参考株価暴落の怖さとは、長期投資で得たリターンと自信を一気に失うこと

長期投資でも頻回な取引をするリスクを抱えている

頻回な取引は高くつく、取引コストがリターンを引き下げる と私は理解した。

また投信を乗り換えるときは成績不振な場合が多い。

成績不振なファンドを売却することは安値で売る事に他ならない。

もちろんリターンは下がる。

アメリカ個別株投資に応用すると、安値更新したからといって売却してはならないとなる。

もちろんクソ株を選んでいる場合は別だが、バイ&ホールドをするような米国株ならばブルーチップを選んでいるはず。

問題なし。

売買を繰り返し実施してしまうというリスクは、自分の心に付きまとっている。

長期投資では過渡な借り入れは不要、適度な範囲で信用取引を

借り入れは思惑通りの結果を生むよりは、厳しい足かせとなる。

私は信用取引などは行っていないので完全アグリーである。

しかしながら長期投資を前提とする場合、株式比率を100%以上とすることはアリだと思う。

あくまでも”過渡”な借り入れはNGということであり、適切な借り入れはOKと理解した。

長期投資とはいえ必ず儲かるわけではないリスク

投資において楽観的であることは好ましくない。

客観的で現実的であることが重要だと言われている。

これは性格に由来する。

私自身を振り返ればどちらかと言うと楽観的だ。

楽観的な性格はなかなか変えられない。

変更可能な部分とそうではない部分がある。

変えることができる箇所である、”現実的”の要素を取り入れればよい。

つまり過去のデータを理解し、現実的な判断を下せばよいのだ。

プライドが高いというリスク:万能ではないので過ちは認めよう

自分の投資能力や投資成果を課題評価することを、プライドが高いと定義している。

また自分の間違えを認めたがらず自説を曲げないことも同様である。

この”プライドが高い”を避けるのはとても困難だと思う。

虎の子の現金を投資するのである。

ある程度の自信をもって資金投下しているはずだからだ。

ここで重要なのは、投資成果と方法を自己評価しつづけること

投資家が株式市場で生き残れる確率や、インデックスに勝てる確率を参考にするとよい。

私は米国個別株投資をする傍ら、インデックス積立てを平行している。

シーゲル教授が推奨しているし、ベンチマークにもなるからだ。

個別投資に割く時間があまりにも多くなったり、リターンが低かったりしたらインデックス投資への切り替えも視野に入れる。

謙虚でいることを忘れずに投資を続けていきたい。

参考 インデックス投資との勝負 ニッセイ外国株式インデックス積立に完敗

感情的になるリスク:投資家というか全ての人間につきもの

株価が上がれば笑い、下がれば泣く。価格の変動が激しいほど、感情も激しくなる。

これを感情的と言う。

感情的になることは投資において「敵」であると、チャールズ・エリスは説く。

この克服はかなり難しい。

株価が上がれば嬉しいし、配当金がアップすればハッピーだ。

その逆の場合には、、、 悲しい。

これが人間である。

感情を排除することを求めるならば、人の介在を避けAIに取引させるのがよい。

また、全てのファンドマネージャーが不要となるはずだ。

ここだけは譲れない。

人が存在し、感情があるからこその株式市場である。

より成功したい人はこれを逆手に取ればよい。

多くの人がどのように考えて投資行動をとるのかを見極めれば、あなたのリターン向上に繋がるだろう。

終わりに:長期投資で避けるべき8つのリスク

今回、長期投資をする際に避けることを考察した。

こうした検討が個人投資家としての血肉となる。

ふと思う。

投資家の前に人間である。

そして人生は自分が主人公だ。

すると投資だけではなく、自分そして家族の長期ビジョンへと考えが発展しそうである。

人生において避けるべきリスクは何なのだろうか、と。

長期投資よりも人生の方が上位概念でることは間違いない。

それはまた別の機会に。

たまには、人生でどのような選択をするのか、リターンとリスクは何だと自問自答するのは楽しい。

以上、「投資家が避けるべき8つのリスク」でした。

あなたはどんなリスクを避けたいですか?

See you!

本記事の参考書はこちら→敗者のゲーム

■長期投資に関する記事紹介

長期投資とはいうけれど、いったい何年からが長期なのだろうか?そんな問題を解決

長期投資とは株式投資をする上ですすめられる戦術のひとつである。だがこの長期投資とはいった何年のことを言うのだろうか?その明確な答えはない。 そこで今回は長期投資とはいったい何年であるのかを考察したい。もちろん使うデータは右肩上...

長期投資では配当金の力が大きい。年金運用リターンを見れば一目瞭然

長期投資において、配当金・インカムゲインの重要性は高い。 今回は長期運用を前提としているGPIFの年金運用から、配当金の意義を考察する。 年金積立金の市場運用を開始した 2001(平成 13)年度から2016(平成 28...

世界一の長期投資家といえばウォーレン・バフェット。そこから何かを学び取りたい

ウォーレン・バフェット【IBM】売却との報から、3つの学びを得た。 時間は有限であると認識し続ける意志の強さ 上手くいかなかった案件は「無かったこと」として言い聞かせる自己制御の力 自ら定めていたプランに則り活動できる...
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク