スポンサーリンク

ファイザーを株価33.7ドルで50株購入した備忘録 【PFE】

4月20日に、高配当株であるファイザー【PFE】を50株だけ購入した。

これにより年間64ドルの配当金上乗せが期待できる(税引き前)

ファイザーはシーゲル銘柄であり、ダウの犬2017銘柄でもある。

いつ購入してもリターンを狙える株だ。

なぜ今回買付に至ったのかを備忘録として残しておく。

参考 シーゲル銘柄 いま選ぶならこの5銘柄【17年3月】

スポンサーリンク

1.定期購入の一環

なんちゃってドルコスト投資法を私は採用している。

毎月なにかしらの米国株を購入し、株価高騰時にも下落時にも対応できるよう心掛けている。

給与収入がある限り、今後も買付継続をする。

その一環として【PFE】を購入した。

2.セルインメイ

Sell in Mayのシーズン到来。

5-10月では、ヘルスケアと消費財セクターが一般的に推奨されている。

もともとヘルスケアセクターへの投資を好んでいることもあり、製薬株を選んだ。

そしてファイザー【PFE】は医薬品企業の筆頭である。

安定株かつ高配当銘柄であり、少しずつ買い増しするのにも適している。

ポートフォリオのコアとなるように買付継続する予定だ。

参考 セルインメイへの対応方法 買いのセクターはどれ?

3.もともとファイザーを狙っていた

結局はこれ。

事前に狙いを定めていた銘柄に資金投下をしただけに過ぎない。

最近は注目銘柄数を絞っている。

それにつれて資金投下する株が限られてくる。

目の届く範囲内にのみ気を配り、銘柄選択に時間をかけることを避けている。

参考 ファイザーには投資継続、米国製薬最大手で高配当株【PFE】

なんてこった

本当は100株購入する予定であった。

ところが今回は50株にとどまっている。

なぜ? なぜなんだ。

マネックス証券のサイトを確認してみた。

100株購入 & 50株売却 の謎。

あまりにサクサクとトレードステーションアプリが動くために、誤発注をしてしまったようだ。

細かい事は気にせずにおく。

いずれまた【PFE】を追加購入するのだから。

参考スマホで米国株取引する快適さを、マネックス証券が教えてくれた

指標

2017年4月26日 PFE
株価 33.8
PER 28.93
EPS 2.55
配当 3.8%
配当性向 50.2%
増配年 7年
増配率(5年) 4.2%
増配率(10年)
β 0.98
モーニングスター ★★★★
Moat Wide

かつては配当貴族銘柄であったファイザー【PFE】

実は2009年に減配をしている。

それ以降、7年連続で増配継続中。

減配リスクがゼロとは言えないが、高収益のブルーチップであることは確かだ。

参考 米国高配当銘柄 ファイザーが6.7%の増配 【PFE】

終わりに、

タイミング投資は私に向かない と思っている。

従って毎月なにかしたの銘柄を購入するようにしている。

安定した給与収入のあるサラリーマンの強みを生かす方法だ。

来月以降もなんちゃってドルコスト投資法によりアメリカ株を買付するのみ。

See you!

■ヘルスケアセクターNo.1のファイザーに関する記事紹介

世界一の医薬品企業とはいえ、新薬開発がコケタらその地位は危うい

ファイザーの株価がさえない。PFEといえばヘルスケアセクターのトップメーカーですね。 同時にファイザー株はダウ構成銘柄でありシーゲル銘柄であり高配当株であり、個人投資家にも人気のある銘柄なのはご存知の通り。 つまり過去のリターン...

ヘルスケアセクターの大手企業はいつも注目している

米国株において、ヘルスケアセクターは過去リターンが優れていた。 その中でもおススメ8銘柄に注目している。 ヘルスケアセクター所属 andシーゲル銘柄or配当貴族or ダウの犬銘柄である。 アムジェンやギリアードといった高成...

ファイザーは高配当利回りだけではなくトータルリターンも優れたシーゲル銘柄(黄金銘柄)

シーゲル銘柄とは、運用成績ランキングトップ20 ジェレミー・シーゲル著株式投資の未来には、1957年~2003年迄のリターン上位20銘柄が記載されている。 その後に発刊されたStocks for the Long Run 5/Eでは...
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク