スポンサーリンク

景気と株価の関係を知り考えた、下落時の対応方法

経済環境が動く前に株価は動くと言われている。

ジェレミー・シーゲル著?株式投資 第4版によれば、1802年以降46回の景気後退期のうち42回で景気後退が始まる前に株式のトータルリターンが8%も下げている。

さらに期間を延長したデータを掲載しているStock for the Long Run 5th Editionを参照しよう。

1802年~2012年の景気後退期47回のうち、43回で景気後退前に株価が下がっている。

つまり、株価は景気後退の前に下落するのだ。

スポンサーリンク

景気後退と株価の下落

Stock for the Long Run 5th Editionより

上図は第二次大戦後における、11回の危機後退期での株式利回りを示している。

景気後退期が始まる0~13か月前の間に、株価の利回りが天井を打っていた。

下落幅は平均して7.9%であった。

一方で株価が8%以上下落したからといって景気後退期が始まるかというとそうではない。

すなわち株価が8%程度下がった際には二つのことを想定する必要がある。

  • 株価下落 → 0-13か月以内に景気後退期
  • 株価下落 → 景気循環は発生せず

後者の場合に株式買い付けできると、その後の安心感が違う。

経済循環つまり景気上昇or後退が予測できれば、無敵の投資家となれるはずだ。

景気循環を予測するのは困難

洋の東西にかかわらず、経済学者は必死で好況・不況を予測しようとしている。

しかしながらこの予測をぴったりと、しかも継続的に的中させている人は皆無である。

それがわかっているはずなのに、他人の予測に頼って投資判断をする人が多い。

そんなことする位なら、タロットカードでも勉強して自分で占えばいいのに。

いや、水晶占いの方が良いかも。

「水晶銘柄」のキャッチフレーズが使えるしね。

閑話休題。

経済学者の多大な努力にもかかわらず、予測の精度は上がっていない。

さまざまな経済統計が集計されているが、経済予測の質は向上していないのである。

株式投資 第4版

経済予測を生業としている学者でも、経済予測は不可能である。

一般人が予測したところでそれはただの自己満足にすぎない。

よって私は経済予測は一切しない。というか出来ない。

おまけに将来株価の予測も出来ない。

個人投資家失格だな、これは。

ただし予測が出来ないから思考停止するというわけにもいかない。

代替案として、過去データからFACTを収集し株価下落に備える。

参考 株価下落時に準備しておく2つのこと~お金と心~

リーマンショックでも、株価上昇した銘柄がある

好ましくない状況に対応するため、平時から株価暴落や長期停滞に強い銘柄をもっておくことは良い案である。

アメリカ株と一言で表記しても、銘柄数は膨大だ。

その中には暴落時でも株価上昇した銘柄がある。

例えばジョンソン・エンド・ジョンソン【JNJ】やマクドナルド【MCD】は有名なところ。

株価暴落に備え防御力の高い株をポートフォリオに組み込んでおく。

参考 リーマンショックでも上昇した米国株 ベアマーケットに強い6銘柄

平時から株価下落に備える方法

天の時、地の利、人の和ではないが、3つ考えておきたい。

  1. 守備力:上述のように株価下落に強い銘柄をポートフォリオに組み込んでおく
  2. 精神力:リセッション時でも配当金を維持する銘柄を中心に投資をする。配当金を心の支えにして投資継続できるようにしておく
  3. 攻撃力:複数の収入源を確保し、追加元本投下できる体制を整えておく

株式以外の商品に投資しておくことも一つの方法であろう。

私の場合それはキャパオーバー。

株式ですら知識と行動が追いつかないので、他商品には手出ししないでおく。

いざ暴落時が来たときに、買い向かう方法

米国個別株オフ会に参加した際、みなさんと誓ったことがある。

暴落の際には参加者は全員で「買い向かおう」と一致団結。

買い向かうにしても、準備は必要。

私は以下の点を重視する。

  1. 買付がすぐにできるように、手元資金を一定額は残しておく
  2. 二番底に備える為、暴落後すぐに資金を一括投入しない
  3. 長期停滞に備える為、月々のキャッシュフローをプラスにし投資余力を補充する

カッコいいこと言っても、実際に行動できるかはわからない。

チキン中のチキンだからね。

参考 米国個別株オフ会に参加。まずはオフ会って何?から事前リサーチ

終わりに、

市場が好調なときこそ、悪くなったときを想定しておきたい。

暴落で退場となることは避けたい。

だがネガティブなことばかり考えていると気分が落ち込む。

そんなときは株式が最高の資産形成ツールであることを思いだす。

これでヨシ。

あとは防災グッズを揃えておき、楽しい毎日を過ごす。

See you!

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク