お金があれば、人生の選択肢が増える

スポンサーリンク

プロフィールに記載しているが、

ブログを開始した理由は、

「サラリーマンでもアメリカ株投資により、アーリーリタイアが可能だと証明したいから」

そんな私は、

「決算書は読めない、経済や金融はさっぱり、でも投資はやっている」

つまり、お金に関する事にフォーカスしている訳だ。

ではそのお金の目標である、配当金生活、経済的自由を獲得した際に私は本当にアーリーリタイアを選択するのだろうか?

*参考:配当金生活、それは憧れから目標へ

*参考:配当金生活への道程、2016年の年間配当を公開

人生は選択肢の連続だ

これはシェークスピアの名言。

例えば

  • 朝何時に起きるか?
  • 起きてからトイレに行くのか? それとも顔を洗うのか?
  • 朝ごはんは食べる?食べない? 食べるなら何をいつ誰とどこで?

朝の一瞬でも、自分自身で無意識に何をするのかを選択している。

このような選択肢の連続体が、個々人の人生を形成している。

大きな選択を迫られる例としては、

  • 結婚
  • 就職
  • 転職
  • 大きな買い物

などが思い浮かぶ。

お金があれば、人生の選択肢が増える

お金がすべてとは言わない。

だがお金があれば人生の選択肢が増えるのは間違いない。

例えば、同じ年収のサラリーマンだとしても、お金を持っているか持っていないかでは前提が大きく違う。

  • ?1億円持っている、年収500万のサラリーマン
  • ②貯金のない、年収500万のサラリーマン

貯金や投資、お金を節約する事は、将来が不安だから実施している。

換言すれば、人生の選択肢を増やす為にやっているわけだ。

*参考:サラリーマンでも配当金を積み上げればお金持ちになれる

島田紳助語録

「勉強ばかりして、何になんねん」

次女の疑問に返した言葉が

「人生の選択肢が増える」 だった。

「言うたら、小遣い1,000円と一万円の差。一万円あれば300円の物買うてもいい。でも1,000円で2,000円の物は買えない。

志望校合格が無理かどうかは別として、お金を少しでも貯めておいたら選択肢が広がるんですよ」

選択肢が多いほど、より豊かな人生

人によって豊かさの指標は異なる。

通常、「ヒト・モノ・カネ・時間・情報」 のいずれかの項目で評価される。

それぞれの項目で選択肢を多く持っている事が豊かな人生と言えるだろう。

私はどうかというと

ヒト(家族・健康) > 時間 > カネ > 情報 > モノ

*参考:2025年までにお金持ちになるための6つのヒント

で、どうする?

私はアメリカ株投資をしている。

それは、ヒト(家族・健康) > 時間 > カネ > 情報 > モノ の内の、

「カネ」部分を対象としている。

優先順位から考えると、アメリカ株投資に「時間」を多く割く事は適切ではない。

従って、個別銘柄を細かく調べたりする事はせず、時間的省エネで投資継続する。

投資のゴールは、人生の選択肢を増やしより豊かな人生を手に入れる事。

その例として、2027年のアーリーリタイア可能な状態の達成、が挙げられる。

もしあなたが投資をしている場合、そのゴールは何ですか?

See you!

シェアする

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

コメント

  1. マッキー より:

    はちどうきゅうどう様、こんばんは。

    わぁー、なんかコメントせずにはいられません。「投資のゴール」、哲学的っというか実存的な問いですねぇ。ウザイおっさんがすいません。

    「人生の選択肢を増やし豊かな人生を手に入れること」

    あなたはなぜ投資をするのですか?と人に聞かれたらきっと上記と同じ答えを私もすることでしょう。私にとっては投資のゴールというより投資する目的に近い感じです。
    キャッシュフローがあるから、母が老人ホームに将来入ったとしても個室に入れてあげられますし、
    キャッシュフローがあるから、将来の妻や私の介護負担を心配しなくて済みますし、
    キャッシュフローがあるから、安い給料でも好きな仕事ができますし、
    キャッシュフローがあるから、子供の習い事や学費を本人が望むならけちらなくて済みます。

    あくまでも自己満足ですが、あまり再投資に影響しない範囲で、
    キャッシュフローがあるから、バングラデシュの孤児院兼小学校に寄付をすることができ、
    キャッシュフローがあるから、フィリピンのスラム街に住む子供達の生活環境の改善を進める働きに寄付をすることができ、
    キャッシュフローがあるから、アフリカの最貧国の地域開発自立支援プログラムに寄付をすることができ、
    キャッシュフローがあるから、昔世話になった経済的に苦しい友人の親御さんの郵便受けに現金入りの封筒を匿名で入れたり出来ます。

    なので、「投資のゴール」は私にはありません。生きていて、正常な判断が出来るうちは、たぶん私は投資を手仕舞することはありません。

    • はちどうきゅうどう より:

      マッキーさん、
      「投資のゴール」、「投資のビジョン」、「投資の目的」
      今回は「投資のゴール」と表記しましたが、「ビジョン」「目的」の意味が強いです。

      巨大なキャッシュフローを手に入れた場合、ヒトという軸でみるとおっしゃるように自分→近親者→友人・知人→知らないけど手を差し伸べたい人 などに対しての様々な選択肢を持つことができます。
      影響の輪が広がりますね。

      ところで、日本人はケチだ、寄付しない、あの東日本大震災の時でさえも。 といった趣旨の本を最近読みました。
      実際に私も生活に困らないだけのお金はありますが、大震災の時に大きめの金額を寄付しただけで、あとはふるさと納税かクレジットカードのユニセフ募金のみです。
      マッキーさんのように海外の子供の為になるような事にまで考えが及ぶというのは、人間としてスケールの大きさを感じました。

      私もアーリーリタイアを達成する なんて小さな目標ではなく、それ以外の多くの選択肢を持つために投資をしていきたいと思います。
      とはいえ、ブログ名にまでしているので記事内では配当金投資・アーリーリタイアを中心に言及していきますね。

  2. マッキー より:

    はちどうきゅうどう様、こんばんは。

    人間としてのスケールの大きさ、なんてやめてください!社会的尺度で言えば、私はガテン系の非正規雇用の契約社員です。ちなみに15年位前は死に損ないのホームレス、しばらくドヤ街で日雇い労働者をしておりました。

    「貧しい者に施すことは、主(神様のこと)に貸すことだ。」(by聖書)

    私にとってはこれは真実、ただそれだけのことです。

  3. マッキー より:

    はちどうきゅうどう様

    コメントを読み返したら、なんか強い表現になってしまったようです。どうもすみません。こちらのブログは、私の子供が成長したら、読んで貰いたいブログ、ナンバーワンですd=(^o^)=b。

    はちどうきゅうどう様が米国株式を雪だるま式に増やして、アーリーリタイアを達成されることを私も楽しみにしております。これからもよろしくお願い申し上げます。

    • はちどうきゅうどう より:

      マッキーさん、
      強い表現との事でしたが、私は特に気になりませんでした。
      もし削除希望などあるようでしたらいつでもおっしゃってください。

      子供が成長したら読んでもらいたいブログNo.1 の称号を頂戴し大変恐縮です。
      有言実行、米国株を雪だるま式に増やして背中を見せる! そうなれるように日々前進していきたいと思います。

      こちらこそ、今後ともよろしくお願い申し上げます。