【VYM】米国高配当といえばこのETF

スポンサーリンク

バンガード・米国高配当株式ETF

編集
ティッカー VYM
名称 バンガード・米国高配当株式 ETF
ベンチマーク FTSE High Dividend Yield
特色 米国の大型株の内、配当利回りが市場平均を上回る420銘柄を組み入れ。マイクロソフトが首位。
信託報酬 0.08%
設定日 2006年
純資産総額 178億米ドル
10年トータルリターン 7.12%/年
分配金支払 年4回(3・6・9・12月)
分配利回り 2.94%
10年増配率 163%

運用残高ランキング第33位と中堅クラスのETFである。

配当成長株で主に構成されている、米国増配株式ETF【VIG】と同時期の設立である。

しかしながら【VIG】の方が運用総額は大きい。

そしてETFの頂点に立つのはS&P500に連動する商品である。

投資先進国においては高配当銘柄よりは、確立されたインデックスに人気が集まっているのであろう。

参考 米国ETFの時価総額 運用資産残高ランキングトップ100

【VYM】の組入れセクターと銘柄

セクターをみると、イイ感じに分散されている。

構成銘柄の上位は超有名どころばかり。

  • マイクロソフト:5.61%
  • エクソン   :3.65%
  • J&J     :3.62%
  • JPモルガン  :3.36%
  • ウェルズファーゴ:2.92%

とはいえ、上位10社を合わせても31%にしかならない。

構成銘柄数が400を超えており、幅広く分散されたETFだと分かる。

上位10社の内、じつは6銘柄を私は保有している。

  • 【XOM】エクソン・モービル
  • 【JNJ】ジョンソン・エンド・ジョンソン
  • 【WFC】ウェルズファーゴ
  • 【T】AT&T
  • 【PG】プロクター&ギャンブル
  • 【PFE】ファイザー

個別株投資を併用している場合には、その重なりにも注目しておいた方が良さそうだ。

参考 私の米国株配当成長ポートフォリオ【17年5月】

【VYM】の株価推移

2008~2009年のリーマンショックの影響を色濃く受けている。

いくら高配当株の集まりだといっても、金融危機の際にはしっかりと株価は下がる。

一方でその後の回復は見事なものである。

配当金を受け取りつつ、キャピタルリターンまで狙えるという文句なしのお薦めETFだ。

【VYM】の分配金推移

リーマンショック後の株価回復期に、分配金が下がっていた。

減配経験があることがグラフからもしっかりと見て取れる。

今後もし暴落局面があるようならば、配当金は安泰とはいかないと思っていてよい。

高配当とは減配リスクとの表裏一体で考える必要がある。

ちなみにリーマンショック前と2016年の分配金を比較すると以下の通り。

  • 2007年:1.357$
  • 2016年:2.206$

+62.6%の増配である。

10年間での数字なので、配当成長を期待するよりも今現在の高配当を期待するのが良し。

参考 【VIG】バンガード米国増配株式ETFの特徴、分配金と増配率

【VYM】への私見

VYMは安定感を求める場合には、最適なETFだ。

株価堅調の現在、利回り3%には届いていないが高配当ではあるし、上位の構成銘柄が素敵。

ミーハーな個人投資家にはうってつけだ。

米国株投資の良いとこ取りをしている商品と言える。

なので私も選好している。

参考 米国ETFの選び方、大事な3つのポイント

で、どうする?

私は資産運用方針の中で、インデックス戦略を20%のアロケーションとすることにしている。

その主な対象商品は【VTI】である。

【VTI】こそ、米国全体への投資を一つの商品で可能とする優れたETFだ。

しかしながら【VTI】ばかりでは楽しくない。

更に言えば分配利回りが少ないのが少し寂しい。

なので私は【VYM】をインデックス戦略の2つ目として考えている。

よって定期購入の対象とする。

こうしてみるとインデックス投資も悪くはない。

See you!

参考 【VTI】はおススメ米国ETF 株価よし・増配よし・リターンよし

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク