配当貴族×高配当を選んだ場合のリターンは? 配当貴族の犬を検証

スポンサーリンク

ダウ構成銘柄のうち、配当利回りが高い10銘柄を等価購入する

というのが、ダウの犬

ダウの犬 過去15年のリターンと銘柄は? 米国株の高配当戦略
株式投資が旺盛で研究も進んでいるアメリカにおいては、様々な投資方法が検証されている。そのひとつが、「ダウの犬」。ダウの犬とは? ①ダウ構成30銘柄を配当利回りの高い順に並べる②配当利回りが高い10銘柄をピックア...

これと同様に高配当銘柄を、連続増配銘柄の代表群・配当貴族から抽出したらどうなのだろうか?

高リターンが得られると考えられる。

これは早速調べてみなくては!

リサーチしてみると、海外ブログ suredividend.comにてしっかりと検証されていた。

その内容を共有したい。

2005年~2015年の配当貴族銘柄

151129 Dividend-Aristocrats-from-2005-to-2015

suredividend.comより

こうしてみると、配当貴族入りしてもその後に脱落してしまう銘柄が散見される。

連続増配銘柄であっても途中でその増配記録が途切れるというリスクはある事を覚悟して、投資する必要がある。

ただし配当貴族入りできるような銘柄は、偉大なる歴史とその安定感は抜群。

配当貴族インデックスは、S&P500を凌駕したパフォーマンスをたたき出しているのだ。

そして、配当貴族銘柄の連続増配が途切れたとしても、その企業の魅力が完全に失われるかというと必ずしもそうではない。

例えば製薬業界の雄、メルク【MRK】なんかは連続増配が途切れても購入したくなる魅力を秘めている。

それはさておき、配当貴族×高配当銘柄の「配当貴族の犬」について考察しよう。

配当貴族から配当王への道のりで、47%が脱落する
配当王とは? 50年以上連続で増配している銘柄を、敬意を表して”配当王”と呼ぶ。米国においては、18銘柄が該当する。残念ながら本邦には該当する企業はない。米国株の凄さがお分かり頂けると思う。...

配当貴族の犬銘柄 2005年~2015年

151129 Dividend-Aristocrat-Dogs-from-2005-to-2015

suredividend.comより

素敵な銘柄達が並んでいる。

そりゃそうだ、貴族だもの。

配当貴族

続いて、25年連続増配銘柄×高配当利回りをピックアップする投資方法、「配当貴族の犬」のパフォーマンスはどうであろうか?

配当貴族の犬

151129 Dogs-of-The-Dividend-Aristocrats-Performance

suredividend.comより

DoDA:(配当貴族の犬) Dogs of Dividend Aristcrats

DA:(配当貴族)Dividend Aristcrats

おいおい、配当貴族の犬戦略は、配当貴族インデックスにアンダーパフォームしている。

それも過去10年間の内、9年も…

S&P500インデックスに対しては、 4/10 の年数で勝利している。

トントンといったところか。

勝敗だけを見てみると

配当貴族インデックス配当 > S&P500インデックス > 配当貴族の犬 

となる。

まとめ

配当貴族インデックスは、S&P500に対してパフォーマンスは良好である。

しかしながら配当貴族銘柄は必ずしも永続的であるとは言い切れない。

それでもやはり配当貴族と名乗った事のある企業は魅力的である。

配当貴族×高配当利回りの銘柄を抽出する、「配当貴族の犬」戦略のパフォーマンスはS&P500に劣後する。

上記から、配当貴族の中から高配当利回り銘柄を選んで投資をする方針は正しくはない。

貴族銘柄の一部銘柄に集中するのではなく、分散投資をする事がS&P500を超えるリターンを狙うには必要だ。

See you!

スポンサーリンク
スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ポチっと応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

Translate »