資産運用をゲーム感覚で楽しむ6つの条件【飽きっぽい投資家必見】

資産運用や投資をゲーム感覚で実施できれば、楽しみながら継続できるメリットが生まれます。

投資とゲームの類似点には、ゴール設定、ルール内での行動、活動へのフィードバックがある、自ら動く必要がある、勝ったり斬新な切り口は楽しいという点が挙げられます。

 

似通った点を生かし、ゲーム感覚で資産形成を楽しむことができれば、投資の普及につながるでしょう。

 

そこで本記事では

  • 資産運用とゲームの共通点
  • 投資をゲーム感覚で楽しむ条件

を探っていきます。

スポンサーリンク

資産運用や投資とゲーム感覚の共通点

資産運用をゲーム感覚で楽しむ方法

資産運用をゲーム感覚で楽しむ方法

資産運用とゲームには、共通点が驚くほど多いのですよ。

 

  • ゴールがある
  • ルールがある
  • フィードバックがある
  • 自発的な参加である
  • 勝てる
  • 斬新である

 

1つずつ確認していきましょう。

ゲームの条件;ゴール設定

ゲームデザイナーのジェイン・マクゴニカル博士はゲームの条件として次の4つを挙げています。
  1. ゴールが明確
  2. ルールがある
  3. フィードバックがある
  4. 自発的な参加である

 

これらは、ゲームのことを指していると思えばゲームのことを言っているように見えます。

しかし「資産運用で大切な4つのポイント」といわれても、頷けるのではないでしょうか。

投資もゲームも、本質は同じところにあるのかもしれません。

楽しいゲームの条件

ゲームといっても、クソゲーだって同じゲームです。

楽しいゲームとクソゲーを同列に扱ってはいけません。

ですからゲームの中でも、楽しいゲームの条件を確認しました。

 

  1. 勝てること
  2. 斬新であること
  3. 目標が明確であること
  4. フィードバックがあること

 

ここで大切な項目が出てきました。

 

勝てること!

 

投資でもゲームでも、楽しいという感情を引き出す条件には、勝てることが挙げられます。

負けたら悔しいですし面白くありませんからね。

ですから資産運用をゲーム感覚で楽しむためには、勝つ方法を選ぶことが大切です。

スポンサーリンク

資産運用をゲーム感覚で楽しむ方法

投資と楽しいゲームの共通点は理解できました。

あとは資産運用×ゲーム感覚を掛け合わせて、楽しむ方法を抽出します。

 

  1. 運用目的を決める
  2. 投資ルールを設定する
  3. 1年に1度は投資成績をチェックする
  4. 投資家は自己責任であると理解する
  5. 勝てる投資が見つからなかったら、負けない投資を選ぶ
  6. サテライト投資で、未体験な運用方法を試してみる

 

いくつか例をみていきましょう。

なぜ資産運用をするのか、目的やゴールを明確にしておく

投資をゲーム感覚で楽しむためには、ゴール設定が必要です。

いつまでに、いくらにしたいのか等。

しかし投資の目的をもっていない投資家は、12.6%もいます。

 

投資家の8人に1人は、なぜ投資をしているのか答えられないのです。

これでは資産運用をゲーム感覚で楽しむことはできません。

エンディングがないゲームは、面白くありませんから。

 

投資を楽しんで継続したいのなら、運用目的とゴールは設定しておきましょう。

投資のルールを理解し、自らにも条件を課す

資産運用をゲーム感覚で楽しむ方法

資産運用をゲーム感覚で楽しむ方法

 

自由で制限のない世界は魅力的に思えます。

ところがある程度の制約がある方が効率的ですし、楽しい気持ちを引き出すのです。

ドラクエを始めたばかりのレベル1の勇者が、最初から王者の剣を持っていたら全く面白くありません。

 

投資の世界にもルールが存在しますので、まずは理解に努めましょう。

そして投資家自身にも、投資ルールを設定するのです。

守備範囲を決めることで、投資がゲーム化されます。

勝てる投資を探すか、負けにくい投資を選ぶ

勝てる投資には何があるでしょうか?

安く買って、高く売れれば儲かります。

しかし例えば株式投資では、タイミング投資は難しいと言われますし、アクティブファンドはパッシブ投資に劣後します。

 

資産運用とは、勝つ投資を探し続ける旅。

もし勝てる投資が見つからなかったら、負けにくい投資でしのいでいくこともまたゲームの醍醐味といえます。

サテライト投資で、斬新なアイデアを試してみる

斬新なアイデアは、楽しいゲーム感覚に必要不可欠です。

ここで斬新を未知と置き換えてみましょう。

すると未経験の運用方法にチャレンジすることが、投資をゲーム感覚で楽しむことにつながります。

 

ただし未知の方法を運用の中心に据えるのは好ましくない。

ですからサテライト投資で、斬新な未知の運用方法を試してみるのです。

これで投資をゲーム感覚で楽しむことができます。

 

このように、資産運用とゲームには似通った部分が多くみられます。

ゲームで遊ぶように、投資だって楽しみながら継続していったっていいですよね。

そのためには、楽しむための条件を抑えておきましょう。

 

資産運用をゲーム感覚で楽しむための6つの条件

  1. 運用目的を決める
  2. 投資ルールを設定する
  3. 1年に1度は投資成績をチェックする
  4. 投資家は自己責任であると理解する
  5. 勝てる投資が見つからなかったら、負けない投資を選ぶ
  6. サテライト投資で、未体験な運用方法を試してみる

 

コメント