家事の時短グッズが必要な5つの理由 共働き世帯の割合からの考察

本記事では、家事の時短グッズ・家電がどれだけ大切なのか、その理由を考察していきます。

専業主婦になりたいひとの割合は8%しか存在せず、共働き世帯が多数を占めるいまの日本には、時短グッズは必須といっていいでしょう。

 

スポンサーリンク

家事の時短グッズ・家電が必要な理由

専業主婦になりたい人の割合は8.2%のみだから、家事の時短グッズは必須となる

少子高齢社会等調査検討事業 報告書,株式会社三菱総合研究所

出典:少子高齢社会等調査検討事業 報告書,株式会社三菱総合研究所

 

平成25年の少子高齢社会等調査検討事業報告書によれば、

結婚した後に専業主婦になりたい人の割合は8.2%

でした。

 

専業主婦の希望者は思っている以上に少ないのかもしれません。

 

専業主婦になりたい人の割合を年収別に層別化は以下の通りです。

年収別の専業主婦になりたい人の割合

  • 全体:8.2%
  • 200万未満:2.0%
  • 200-400万:7.0%
  • 400-600万:11.0%
  • 600-800万:3.8%
  • 800-1000万:18.5%
  • 1000-1500万:12.5%
  • 1500万以上:0%
  • わからない:9.5%

 

年収別に専業主婦希望者の割合には差が出ています。

とはいえやはり専業主婦になりたい人の割合は多いとは言えない状況です。

専業主婦ではないのですから、家事を主婦にばかり負わせるのには不公平感が漂います。

したがい、いまの日本において家事の時短グッズ・家電は必須アイテムとなるのです。

 

専業主婦世帯より共働き世帯の割合が多いから、家事の時短グッズ・家電は必要となる

出典:配偶者手当の取り巻く環境について、厚生労働省

出典:配偶者手当の取り巻く環境について、厚生労働省

 

厚生労働省の調査によれば、平成3~13年にかけて専業主婦世帯と共働き世帯は50%ずつで推移していました。

ところが平成14年以降は、共働き世帯の割合が増加し続けています。

 

しかしこの調査結果を見るときには注意が必要です。

監督省庁が違っているからです。

  • 平成13年まで:総務庁の調査
  • 平成14年以降:厚生労働省の調査

 

連続性をもった調査データでは無いことを気に留めておきましょう。

 

しかしながら厚生労働省が実施した平成14年~26年の間に、共働き世帯の比率が増加しつづけていることは注目に値します。

 

専業主婦とは、なりたい人の割合が少ないだけではなく、実際に働いている主婦の方が多いのです。

 

一方で、働く主婦の年収はそこまで高くありません。

女性の時短雇用者・非正規雇用者の年収は、100万円前後で推移しています。

そして平成27年時点で、女性雇用者総数に占める女性短時間雇用者の割合は46.7%も存在しています。

 

こうした働く女性たちに対して、家事の時短グッズ・家電はお助けアイテムとなることでしょう。

やはり日本において、時短アイテムは必須といえます。

 

共働き世帯における、非正規女性の年収推移

出典:配偶者手当の取り巻く環境について、厚生労働省

出典:配偶者手当の取り巻く環境について、厚生労働省

 

上表は、年収別の非正規女性社員の推移を表しています。

折れ線グラフの黄緑色:50~99万円紫色:100~149万円が多数を占めているとわかります。

共働き世帯が増えているといっても、働く主婦の年収は100万円前後と高くはないのです。

 

低年収の理由として、103万の壁や、130万の壁が関連していたのかもしれません。

  • 103万円:配偶者特別控除
  • 130万円:年金や健康保険の保険料

働きたい主婦にとって、こうした制度は好ましくありません。

働く女性を増やすためには、税制改革の対象となるのですね。

 

いずれにせよ、日本では共働き世帯の割合が増えてきました。

しかしながら高年収会社員というわけではなく年収149万円未満の非正規雇用者(おそらくパート等)が中心です。

おまけにこうした働く主婦が、家事の中心を担っていることが分かっています。

 

働く主婦は、働きながら家事もこなしているのです。

これでは時間がいくらあっても足りません。

 

ですから日本の結婚家庭には、家事の時短グッズ・家電が必要とされるのです。

 

男女別家事関連時間をみると、女性ばかりが家事をしている

男女別 家事の時間推移

出典:配偶者手当の取り巻く環境について、厚生労働省

 

上図は男女別の家事関連時間の推移。

日本では働く女性は増えていますが、女性ばかりが家事に時間を費やしています。

日本人男性サラリーマンの低生産性はこのあたりにも影響していることでしょう。

 

イクメンだとか心地よい言葉が流行っていますが、家事の多くは主婦・女性が担っているのです。

とくに共働き世帯の男性は、家庭における家事に費やす時間がどのような男女配分となっているのか振り返るべきですね。

 

家事に費やす合計時間は、この30年間変わっていません。

 

家事に費やす合計時間(男女合計)

  • 昭和61年:4.18時間
  • 平成23年:3.88時間

テクノロジーが進歩しているのにもかかわらず、家事関連時間は減少していないのです。

家事の労働量が増えているわけではないでしょう。

ですから、家事においては生産性の向上が全く見られていないのが日本の実情です。

 

日本のサラリーマンは低生産性であると言われますが、家事においても同様に効率が悪いのです。

 

この状況下において、時短グッズ・家電を使わない手はありません。

家事に費やす時間を減らし、より豊かな人生に対して時間を使うのです。

 

スポンサーリンク

家事の時短グッズ・家電のおすすめ

日本の家事に時短が必要である背景情報

    • 専業主婦になりたい人は8.2%
    • 平成14年以降、共働き世帯数は専業主婦世帯を抜かし増加の一途
    • 共働き世帯の女性は、非正規雇用者・年収149万未満が最多
    • 家事に費やす時間は女性が約9割
    • 家事に費やす時間は30年前と比較し7%しか減少していない

 

ちなみに我が家は専業主婦世帯です。

それでも家事の時短グッズ・家電の導入には便利さを感じます。

おすすめ時短家電や方法を紹介していきましょう。

 

専業主婦世帯の我が家の家事時短作戦①配当金を積み上げる

まずシングルインカムであることのお金の心配を払拭したいです。

専業主婦よりも、ダブルインカム・共働き世帯の方が収入の面で圧倒的に有利ですから。

 

とはいえ働く主婦の年収は100万円前後。

ならば配当金やその他インカムによって、働く主婦の年収を超えてしまえばいいのです。

そしていつか、『お金が働いてくれるから大丈夫だよ』と言いたい。

 

専業主婦世帯の我が家の家事時短作戦②自動掃除機ルンバを購入

自動掃除機のルンバは非常に便利です。

フローリングをクイックルワイパーする手間が省けます。

おまけに子ども達のオモチャが、床に転がっている頻度が激減するのです。

 

家事の時短グッズ・家電として、自動掃除機はおすすめアイテムですね。

 

専業主婦世帯の我が家の家事時短作戦③食洗器を検討中

家事の生産性や効率性の観点から、テクノロジーを活用しましょう。

食器洗いは、手も荒れますし時間がかかりますし、メンドクサイです。

だとすれば食洗器の導入がおすすめです。

 

しかし我が家で妻に相談してみたところ

「別に必要ないし、使ったことないからわからない」

とのこと。

 

ビックカメラに食洗器を見に行きましたが、4人家族用の家電はかなり大きい。

食洗器はおすすめされていますが、我が家では導入を断念しました。

 

専業主婦世帯の我が家の家事時短作戦➃乾燥機付き洗濯機はまだ先

洗濯も、家事の中でメンドウで時間のかかる作業のひとつです。

時短家電としては、乾燥機付き洗濯機があります。

 

一方で、子ども達の頑固な汚れつきの服には、ドラム式ではなく通常の洗濯機がおすすめされているようです。

縦型洗濯機の方が、洗浄力が優れているとのこと。

働く主婦には乾燥機付き洗濯機が適切でしょうが、専業主婦世帯の我が家はそのまま縦置き洗濯機を使っています。

 

しかし家事に費やす時間を削減するためには、乾燥機つき洗濯機は必須アイテムでしょう。

 

 

専業主世帯の我が家は、副業で妻の年収以上を稼ぐことにしました。ひとりダブルインカム作戦です。

本業で年収1000万円、副業でも年収1000万円になる事にした
年収1,000万円のコンボで、年収2,000万円になる 年収1000万円とは、ひとつのメルクマール。 この年収1,000万円を、本業と副業の両方で獲得しまs。 2019年の目標ということですね。 我が家はシングル...

 

サラリーマンが副業をする際にも、時短グッズ・家電はおすすめです

副業すると、本業の年収は上がるのか?
副業は本業の年収アップに寄与する 副業をすると視野が広がり、結果として本業の収入増加につながります。 私は米国株投資を副業と位置付けてから、本業の給料上昇率が上がりました。 3年間でサラリーマンの年収は200万円以上ア...

 

サラリーマンの給料の手取りは減少し続けています。時短グッズで生産性を上げて対策をうちたいものです。

給料の手取りが増えない理由、サラリーマンは早めの対策を
サラリーマンのあなた、「給料は増えているのに手取りが増えないなぁ」なんて思いませんか? それもそのはず。 国の財政は厳しく、税金や社会保険料が毎年上がっていますから。 給料・手取が増えない原因 給料の...

 

コメント