投資の嫁ブロックを防ぐ5つの方法;夫婦で協力する資産運用の重要性

女性に比較して男性の方が投資や資産運用に積極的です。

男性は自信過剰になりがちですが、女性はより現実的。

男女の年率リターンを比べると、女性の方が0.3%優れていたというデータがあるほどです。

 

性別の差からも、夫婦間で投資への考え方が異なるのは当たり前。

とはいえ、妻帯者の男性投資家にとって、奥さんの壁は超えてたいですよね。

 

そこで本記事では、

  • 投資の嫁ブロックを防ぐ方法
  • 女性の方が資産運用が得意であるデータ

を紹介します。

スポンサーリンク

投資の嫁ブロックを防ぐ5つの方法;信頼構築で奥さんの理解を得る

投資の嫁ブロックを防ぐためには信頼構築が必須。

そのためにはコミュニケーションと誠実性が鍵となります。

 

コミュニケーションとは、奥さんの意見を理解し、自分の意見を奥さんに理解してもらうこと。

夫婦間による双方向の意志疎通が必要です。

 

もう一度言います。

 

コミュニケーションとは理解し理解される。

 

これが鍵ですね。

 

相手が妻の時だけではなく、誰とコミュニケーションする場合でも同じです。

 

さらに誠実性をもって奥さんと情報交換することが大切。

以上のことを分解すると、投資の嫁ブロックを防ぐには5つの方法に集約されます。

妻を理解する

まずは奥さんがなぜブロックをするのか、理解することが大切です。

妻として、投資を嫁ブロックする何らかの理由があるはずですから。

 

ここで大切なのは、妻のスタンスを理解しようと努めること。

 

コミュニケーションは、相手を理解し、自分を理解してもらうことの繰り返しです。

投資について妻に理解してもらう

あなたはなぜ投資をしたいと思うのでしょうか?

投資の目的を奥さんに分かりやすく伝えることが大切です

 

資産運用や分散された株式投資は、日本人に広く普及することが求められています。

適切な投資は、将来を明るくします。

奥さんに投資の目的や目標を理解してもらいましょう。

 

そのためには、投資のビジョンや方針を自分の中で固めておくことが必要です。

投資の理由が曖昧なままでは、奥さんに理解は得られないでしょう。

奥さんの前では嘘はつかない

場合によっては、嘘をつくべき時もあるかもしれません。

つくべき嘘は貫き通す覚悟が必要です。

墓場まで持っていきましょう。

 

しかしながら投資においては、奥さんに嘘はいけません。

お金が絡みますし、数字ですぐにバレます。

そもそも嘘をつかなくてはいけないような投資は、人生において重要度は低い。

 

したがい投資の嫁ブロックを防ぐために、奥さんの前で嘘をつくことはいけません。

本音で正直に勝負をするのです。

一度崩れた信頼を取り戻すのには時間がかかりますからね。

奥さんの意見は認める

もし投資に対して奥さんが意見をするようなら、耳を傾けましょう。

何もわかっていない奴が何を言うか、なんて思ってはいけません。

 

そんな時には、投資では女性の方がリターンが高いというデータがある事を思い出しましょう。

 

夫婦間でのお金の話題。

奥さんが資産運用や投資に対して意見を持つことは、将来を作っていく上で大切な過程です。

いかなる意見であっても、奥さんの意見はまず認めることから入りましょう。

妻との約束は守る

ここまで投資について夫婦間でコミュニケーションをとると、何が起こるでしょうか。

お互いの意見交換がすみ、投資に対する要求が出てくるはずです。

交換条件といってもいいかもしれない。

 

たとえば

  • お小遣いの範囲内での投資
  • つみたてNISAだけの投資
  • 投資の売買をする際には、事前に相談する

などなど。

 

もし奥さんと約束をしたのならば、必ず守りましょう。

せっかく嫁ブロックを回避したのです。

わざわざ信頼関係を崩す必要はありません。

スポンサーリンク

投資について妻に相談している方法を紹介【夫婦で協力した資産運用】

以上をふまえて、私の投資の場合には妻にどのようにコミュニケーションをしているのか紹介します。

妻を理解する

私の妻は、投資に全く興味がありません。

預貯金主義、それも定期預金が好きな様子です。

 

その分、私が株式投資へと比重を置けるのでヨシとしています。

妻の考えを理解した上で、自分の投資行動をとっています。

 

そうしていると2018年から妻は、つみたてNISAを始めました。

妻に理解され、嘘はつかない

情報共有としてマネーフォワードを活用しています。

全ての銀行・郵貯・証券口座を妻と共有しているのです。

 

いまお金をいくらもっているのか、株式の評価額はいくらなのか、妻はいつでも見ることが出来る。

投資の結果を鏡張りにしているということですね。

 

これならば投資で嘘はつけません。

損をしたらいつでも数値でばれてしまいますから。

 

こんな状況ですが、妻はマネーフォワードのパスワードを失念し、ログインできない様子ですが、、、

奥さんの意見を認め、約束は守る

私は太陽光発電投資をする際に法人設立をしました。

その合同会社の代表社員には妻になってもらっています。

 

妻と相談して決めました。

 

こうなってくると一蓮托生感が強まります。

 

妻も私も経営者という意識が芽生えます。

したがいお互いの意見を尊重し、約束は守ることが大前提となるわけです。

 

こんな感じで投資について夫婦間のコミュニケーションをとっています。

もしあなたが投資をする際に嫁ブロックをくらうようなら、ぜひ参考にしてみてくださいね。

 

投資の嫁ブロック防ぐ5つのステップ

  1. 妻を理解して
  2. 妻に理解される
  3. お互い嘘はつかない
  4. 奥さんの意見を認める
  5. 妻との約束は守る

 

スポンサーリンク

男女で資産運用の上手さを比較すると、女性に投資を相談するのは正解だと分かる

 

ここまで読み進めても、投資の嫁ブロックを回避できないあなたへの追加情報です。

そもそも資産運用では男性よりも女性の方が優れた判断ができるのです。

 

したがい、投資の嫁ブロックは正解である可能性が高い。

 

女性からの意見を踏まえて、より適切な投資方法を探っていきましょう。

最後に、女性の方が投資がうまいというデータを紹介します。

米国人投資家データ;男性の方が取引頻度が高く、運用パフォーマンスが悪い

Brad M. Barberらの研究によれば、女性投資家に比べて、男性投資家は45%も多く取引をしており、結果として運用パフォーマンスが悪化していました。

男性の方がリターンを追い求めるが故に取引回数が増えて、収益を下げてしまうのです。

女性投資家よりも男性の方が、自信過剰なのかもしれませんね。

 

3万5000件以上の証券口座を分析したアメリカの研究事例です。

米国人投資家データ;過去10年間の投資成績は、女性が男性より優れていた

大手投資会社のFidelityは、男性より女性の方が2016年の投資結果が0.3%良かったと発表しています。

またFidelityは過去10年間、女性の成績が男性を上回っていることにも言及しています。

 

男性に比較して女性投資家の方が、少ないリスクで高リターンを得ていたのです。

 

こうした情報をしったら、投資の嫁ブロックを無理に回避するより、素直に受け入れることが正解なのかもしれません。

 

 

年収600万円超えのサラリーマン投資家は、離婚リスクに気をつけろ
20代・30代が米国株投資をしながら合コンでモテる方法

サラリーマンが幸せになるための3つのコツ
脱社畜をするための2つの選択肢
働く理由ランキングをみて感じる3つポイント