女性で株をやっている人の割合は8.5%;投資は女性が有利か? 

株式投資や資産運用で、男女差はあるのでしょうか?

日本人で投資している人の割合は18%です。

投資をしている人数は1,266万人。

 

しかしこの数値には男性と女性という性別が入っていません。

気になったので、投資データを男性と女性で比べてみました。

結果、女性で株をやっている人は8.5%だとわかりましたよ。

 

本記事では

  • 女性は投資がうまいと言われている背景
  • 株式と投資信託の保有率を、男女で比較した結果

について紹介していきます。

 

データは日本証券業協会の平成30年度 証券投資に関する全国調査(個人調査)からの引用です。

スポンサーリンク

男性よりも女性の方が資産運用や投資がうまい・有利だといわれている

投資の世界では、男性よりも女性の方が投資行動が上手で、運用リターンも優れているという報告が散見されます。

米国人投資家データ;男性の方が取引頻度が高く、運用パフォーマンスが悪い

Brad M. Barberらの研究によれば、女性投資家に比べて、男性投資家は45%も多く取引をしており、結果として運用パフォーマンスが悪化していました。

男性の方がリターンを追い求めるが故に取引回数が増えて、収益を下げてしまうのです。

女性投資家よりも男性の方が、自信過剰なのかもしれませんね。

 

3万5000件以上の証券口座を分析したアメリカの研究事例です。

米国人投資家データ;過去10年間の投資成績は、女性が男性より優れていた

大手投資会社のFidelityは、男性より女性の方が2016年の投資結果が0.3%良かったと発表しています。

またFidelityは過去10年間、女性の成績が男性を上回っていることにも言及しています。

 

男性に比較して女性投資家の方が、少ないリスクで高リターンを得ていたのです。

Fresh evidence women are better investors than men
Have you seen the statue of the 'fearless girl' by the Wall Street bull? Here's another reason it's great: Women are actually better investors than men.

 

日本人投資家データ;投資行動における男女差

ウェルスナビでは、女性の方が男性よりも中長期的な目線で資産運用に取り組んでいる可能性を言及しています。

  • 全額出金の経験の有無は、男性の方が2倍近い割合で存在している
  • 自動積立をしている割合は、女性:58.1%、男性:52.9%

 

こうしたデータを見ると、女性投資家を増やすことが日本の家計の為にも良いのかもしれないと思います。

つづいては、日本人の男女別による株式投資・投資信託の保有率を比較していきます。

 

スポンサーリンク

女性は投資信託を選ぶ傾向があり、男性は株式投資を選びやすい

日本証券業協会の調査結果を男女別にみると、株式保有率は男性が女性の2倍であり、投資信託保有率は大きく変わらない結果でした。

女性の方が、リスク分散投資が出来ている可能性が高いです。

女性で投資をしている人の割合は、8.5%

日本人における株式の保有割合 男女で比較

日本人における株式の保有割合 男女で比較

 

株式保有率は男性が17%、女性8.5%と、男性の方が2倍の保有率でした。

男女で株式投資に対する取り組みが大きく異なる結果となっています。

 

 全  体(人)株式(人)株式の保有割合
全  体700088012.6%
男性336157017.0%
女性36393108.5%

 

女性で投資信託を保有している割合は、8.8%

日本人における投資信託の保有割合 男女で比較

日本人における投資信託の保有割合 男女で比較

 

株式にくらべ、投資信託保有率の男女差は少ないです。

適切な投資信託を選んでいるとすると、女性は分散投資により低リスクで良好なリターンを得ている可能性が見えました。

 

 全  体(人)投資信託(人)投資信託の保有割合
全  体70006459.2%
男性33613239.6%
女性36393228.8%
スポンサーリンク

女性投資家の方が手堅く資産運用が上手なのかもしれない

男女の違いやテストステロンというホルモン濃度の違いが、リスク許容度に影響します。

人類が進化してくる上で、女性は男性よりもリスクを避ける術を自然と習得してきたのかもしれません。

 

夫婦ならば、奥さんに投資の相談をするというのは、運用結果からも投資行動からも理に適っているのです。

女性だったら米国株投資?

男性よりも女性の方が運用リターンが優れていたデータは、アメリカ発のものです。

つまり米国株を中心とする投資収益の男女比較結果ということ。

だとしたら女性は、米国株投資をするとよいのかもしれません。

 

個別株では世界の大企業が揃っています。

  • アマゾン
  • アップル
  • グーグル
  • マイクロソフト
  • フェイスブック
  • マクドナルド
  • プロクター&ギャンブル

さらには世界標準の運用が可能となる米国株ETFだってラインナップが豊富です。

 

おまけに2019年7月からは、米国株投資の取引手数料下限が0円となりました。

これにより1株からの少額投資でも、手数料負けを気にせずに取引ができます。

女性投資家は「米国株がスタンダード」という時代がくるかもしれませんね。

 

米国株投資はインターネット証券がおすすめ。

これを機会に口座開設してみるといいですよ。

証券会社売買手数料為替手数料(1ドル両替あたり)
SBI証券約定額の0.45%(最低0ドル、最大20ドル)0.25円(住信SBIネット銀行で0.04円)
マネックス証券約定額の0.45%(最低0ドル、最大20ドル)0.25円
楽天証券約定額の0.45%(最低0ドル、最大20ドル)0.25円
アメリカ株取引ができる証券会社ランキング
本記事では、米国株投資でおすすめの証券会社ランキングを紹介します。 結論からいうと、アメリカ株取引ではマネックス証券がおすすめです。 私は複数社の海外株証券口座を持っており各社の使い勝手を比較しましたが、注文方法の多彩さと、...

 

コメント

タイトルとURLをコピーしました