現金比率の目安について考えてみた結果は?

スポンサーリンク

投資をしていると現金比率が気になります。

ポートフォリオ内で、現金をどれだけ保有しておくのかどうかという点です。

とくに株式市場が割安ではない様相。

ですから個人投資家は現金比率について悩むことが多いでしょう。

私のその一人。

そんなわけで本記事では現金比率の目安についておさらいしてみたいと思います。

投資における現金比率の重要性

投資においてはアセットアロケーションが最重要。

その一部分を担うのが現金です。

現金比率がなぜ大切なのか?

相場が下降サイクルに入った際に投資の保護となるからです。

つまりいまより安値で株式を買う機会が得られることを示します。

このような背景があり、下げ相場では現金が最高であるといわれたりします。

投資の神様、ウォーレン・バフェットの現金比率がいつも注目されるのもうなずけますね。

>>バフェットの現金比率、バークシャーハサウェイからの3つの学び

スポンサーリンク

年齢による現金比率の目安

アセットアロケーションにおける株式比率の公式は有名。

  • 100-年齢
  • 120-年齢

>>おすすめアセットアロケーション 株式比率は「100-年齢」

この式を拡大解釈すれば、年齢から現金比率を逆算することができる。

現金比率の目安

  • 20代:0~20%
  • 30代:10~30%
  • 40代:20~40%
  • 50代:30~50%

ざっくりとこの程度が現金比率の目安となるのでしょう。

私は本記事執筆時点で30代後半。

おおむね適性の範囲内で現金比率を保っていることが分かりました。

>現金比率について「マンガ―の投資術」からの3つの学び

投資をすると現金比率を上げるのが難しくなってくる

投資を続けていると、現金比率を上げることが難しくなってきます。

いわゆるポジポジ病。

とくに上昇相場が続いているときは、投資資金を現金のままにしておくのは困難。

ポートフォリオのパフォーマンスは落ちますからね。

そしてこの低金利時代に、現金は利息がほぼゼロ。

ですから一度リスク商品に資金を投下したら、現金に戻すことには心理的なハードルが存在すると感じます。

ただしこのような時こそ、現金比率を見つめ直すことが必要ではないでしょか。

あ、これは自分自身に向けての言葉です。

>>シラーPERで、米国株が割高なのか注目してみた【2018年2月】

現金比率を気にするなら、債券も一つの選択肢か

現金比率をあげて、多くのキャッシュポジションを保有するとリターンが得られない。

  • 現金比率を上げたい
  • 多少のリターンは得たい

こんな時には、債券ETFが選択肢となってきそう。

とくに株式市場が割高だと思うならば、ますますその適正はあがるでしょう。

ちなみに私は太陽光発電投資が債券的だと認識し、実物資産投資に舵をきりました。

それでも債券ETFは選択肢としては持っています。

といいつつ、債券には投資しないでしょうがね。

>>長期投資のポートフォリオは、株式100%でいいのか?

まとめ:投資における現金比率の目安

いつか来る下落相場に備えて、現金比率には気を配りたい。

それでもリターンを得るために、投資資金を引きあげたくない。

そんな時には、年代別の現金比率の目安を思い出してみます。

現金比率の目安

  • 20代:0~20%
  • 30代:10~30%
  • 40代:20~40%
  • 50代:30~50%

いずれにせよ、自分が定めた投資方針をベースに、納得した投資行動が必要です。

言うは易く行うは難し。

こうやって、現金比率の目安について考えてみるのも、投資の楽しみのひとつですね。

関連記事の紹介

他人の資産配分比率・アセットアロケーションを参考にする際には注意点があります

投資をしていると、他人のアセットアロケーションって気になりませんか? なにせ「投資のリターンの90%が資産配分比率できまる」と

20代・30代と年齢によって現金比率への考え方が変わってきます

資産運用をすると、アセットアロケーション(資産配分比率)が重要だと耳にします。 資産配分は年齢によりおすすめ比率が変わっていることが多

米国株マイポートフォリオはこちら