世界の景気は良いのか? GDPと政策金利で確認

スポンサーリンク

景気が良い悪いという指標は数多くある。

いったいどの情報が正しくて、何を信じていいのかわからない。

個人投資家ならきっとそんな風に思うでしょう。

私もさっぱりわかりません。

とはいえインデックス投資をしている人は要注意。

なにせ世界経済や米国経済の動向にリターンが大きく左右される。

ですから世界全体での景気が良いのか気になる人がいるはず。

最近、私の米国株ポートフォリオでも、かなりの割合でインデックスETFを組み込んでいます。

個別株投資もいいですが、ちょっと地球全体を俯瞰してみることも必要かな。

ということで、世界の景気が良いのかどうかをサクッと確認してみました。

情報源はJPモルガンのGuide to the markets

日本語版も出ているので便利ですよ。

世界の景気を確認する方法

  • 主要国のGDP(1年間での国の儲け)
  • 主要国の政策金利(各国の中央銀行が景気をどう判断しているか)
株式投資をする上ではアメリカ株であろうがそうでなかろうが知っておきたい情報源があります。 とはいえ本ブログは米国株を中心に扱っているの

世界の景気を確認する方法:主要国のGDP成長率編

引用:Guide to the markets

上図は主要4か国(地域)の前年比実質GDP成長率推移をしめしています。

このデータをどのように解釈するのかはひとぞれぞれ。

  • 中国のGDP成長率が鈍化しているなぁ
  • 日本のGDP成長率はなかなか伸びないなぁ

などなど。

よりポジティブにみれば、

直近3年間では主要国のGDP成長率はプラスである

ともいえます。

世界経済をけん引している国々のGDPがプラス成長なのです。

世界の景気は良い、といっても良いでしょう。

GDPとは?

その国が1年間にどれほどの利益(儲け)をうみ出せるかというもの。

経済規模の事。

スポンサーリンク

世界の景気を確認する方法:主要国の政策金利編

引用:Guide to the markets

上表は世界各国の政策金利推移です。

新興国の金利は高い。

一方で主要国の金利は低く抑えられています。

下の方の青枠で囲っているのが世界経済の主要国。

先ほどの4か国(地域)をみると

  • 中国:緩やかな上昇
  • 米国:上昇傾向
  • 日本:低迷かつ横ばい
  • ユーロ圏:低迷かつ横ばい

世界経済のトップ1・2である米国と中国は、わずかずつですが政策金利を上げています。

つまり、中央銀行は自国の景気が良いと判断しているといえます。

政策金利とは?

政策金利とは、中央銀行が一般の銀行に貸し付ける際の金利のこと。

一般的には、

  • 景気が悪いときには政策金利を下げる
  • 景気が良い時には金利を上げる

世界の景気は良さそう、ではどうする?

  1. 主要国のGDP成長率はプラスである
  2. 米中の政策金利は上昇傾向であり、中央銀行は景気良好と判断していると思われる

この2点から、世界の景気は良さそうであると想像できます。

しかしながら景気が良くなり、金利上昇となると株価の上値が抑えられる。

となると株式投資の妙味はおおきくはなさそう。

とはいえ、景気が良いのであれば積立投資入金投資は継続していきたい。

米国の金利サイクルと世界株式のリターン

引用:Guide to the markets

上図は米国の金融サイクルと世界株式のリターン。

いまの株式市場、とくに米国をみると

  • 米国株価はちょっと割高に思える
  • 金利上昇局面での投資は控えたい

こんな風に思うかもしれません。

というか私は思っています。

とはいえ過去を振り返れば、利上げ局面でも株式投資でリターンをあげられていました。

そんなわけでこのまま積立投資を継続していきたいと思います。

ちなみに私の入金投資状況は以下の通り。

  1. SBI証券         :楽天VTIを月4万円
  2. SBI証券     :ニッセイ外国株式 月2.5万円×2(子供口座)
  3. 楽天証券    :つみたてNISAで月3万円くらい
  4. マネックス証券 :米国個別株、ETFで、四半期50万円+α
  5. ウェルスナビ  :全自動投資で月3万円

おかげで現金が増えず、けっこう厳しい家計となっています。

関連記事の紹介

金利と株価・投資リターンには相関性がありそう

アメリカの経済指数は軒並み好調を維持している。その結果、米国は利上げ局面に差し掛かっている。 金利上昇局面での投資の方法はどうするか、

つみたてNISAをしても余力があるなら、ウェルスナビは良い投資先

2018年4月からウェルスナビで自動積立投資を開始しました。 ウェルスナビに25万円を入金し、その後は毎月3万円の積立投資です。

つみたてNISAでは4本のファンドを積立投資中

つみたてNISAで、ひふみやiFreeS&P500など、対象商品4つを積立投資しています。 本記事では、積立投資をしている投信