JNJを株価121.38ドルで39株、約50万円分を追加購入

米国株投資では鉄板といわれるジョンソン・エンド・ジョンソン、JNJを追加購入しました。

  • 単価:121.38ドル
  • 株数:39株
  • 合計:4,733.82ドル

 

今回の買い増しによって、140.4ドル/年の配当金額が積み増しされます。

 

例年、JNJの配当金は4月受取り分から増配されます。

>>JNJ、ジョンソン・エンド・ジョンソンの配当金、3つの「いつ」

 

直近では2018年4月に増配され、四半期配当金が0.84ドル→0.9ドルとなりました。

7.1%の増配率です。

 

50年以上も連続増配をしており、増配率も7%前後を維持している。

鉄壁な銘柄といわれるのも頷けます。

スポンサーリンク

JNJ、ジョンソン・エンド・ジョンソンの配当利回り3%になるのは稀

JNJは増配銘柄ですが、高配当株かというとそうでもない。

ダウの犬にリストされるときもありますが、配当利回りが3%を超える機会は多くありません。

>>ダウの犬、高配当おすすめ米国株10銘柄【2018年版】

 

JNJの配当利回りが3%を超えた時期(TTM)

  • 1980年代中盤
  • 2000年代後半~2014年頃

 

現在の四半期配当は0.9ドル。

年間では3.6ドルの配当金となります。

配当利回り3%というと、株価120ドルが目安です。

 

JNJの株価が120ドルを切るような場合には、臨時で追加投資をするかもしれません。

 

そこまで株価が落ちないようなら、J&J製の綿棒でも購入しましょうかね。

スポンサーリンク

JNJ、ジョンソン・エンド・ジョンソンを株価121.4ドルで購入したが、買う日を間違えた

>>投資方針書を公開 ~アメリカ株編~【2017年版】

 

私は3か月毎の第4金曜日に、50万円分の米国株を購入することにしています。

 

もっと正確に言うと

「1・4・7・10月の第4金曜日に最低50万円を追加投入する」

と、投資方針書に記載されていました。

 

このブログ記事は6月15日の夜に書いています。

ワールドカップを見ながら。

とにかく6月15日(第3金曜日)にジョンソン・エンド・ジョンソンを買ったわけです。

 

月と曜日の両方が、投資方針書と異なっています。

せっかく気合を入れてつくった投資方針書が泣いています。

きっと。

 

まぁ、こまかい事は気にしないでおきましょう。

 

振り返れば、4月の追加購入だってゴールデンウィーク前ということもあり失念していました。

 

今回のJNJ追加投資は、

  • 4月の買い増し失念分を6月に代替した
  • 第3金曜日と第4金曜日はべつにどっちでもいい

そう思う事にします。

 

そもそも定期的に購入したいならば、自動積立システムを利用した方がよい。

人が介在するので細かいミスは出る、という前提で米国株投資を続けます。

 

今後も、配当金と売電収入の二本柱でインカムを増やしていきます。

>>サラリーマンが、法人で太陽光発電投資をする際に思う3つのこと

 

スポンサーリンク

米国株におすすめな証券会社は?

インターネット証券で米国株取引ができるのは、マネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社のみです。

 

おすすめ証券会社コメント
No.1マネックス証券米国株取引に最適
No.2SBI証券為替手数料Good
No.3楽天証券見やすさ抜群

 

私は3社に証券口座を保有していますが、アメリカ株取引ではマネックス証券を使っています。

 

マネックス証券で米国株投資をする理由

  • 手数料が安い
  • 取扱い銘柄数が3,000以上と多い
  • 指値90日・時間外取引が可能であり使い勝手が良い
  • 売買手数料が実質無料の「ゼロETF」がある

     

【詳細:米国株投資、おすすめの証券会社を比較

【詳細:米国株の買い方(マネックス証券編)

 

スポンサーリンク

配当金に注目し構築している米国株ポートフォリオ

私は配当金を狙った米国株投資をしています。

インカムゲインを対象とした投資が自分の性格に合っていると思うからです。

 

米国株で配当金について注目している銘柄

 

配当金狙いのポートフォリオはマネックス証券で構築中。

保有銘柄を適宜公開していますので何か参考にでもなればうれしいです。

【参考:米国株マイポートフォリオ

 

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。

 

マネックス証券と相性抜群→ジャパンネット銀行

マネックス証券への即時入金サービスの対象金融機関で、日本で唯一Tポイントの現金交換が可能な銀行です。

 

関連記事です

ジョンソン・エンド・ジョンソンの配当金はインカム投資家にはたまりません。

JNJ、ジョンソン・エンド・ジョンソンの配当金、3つの「いつ」
ジョンソン・エンド・ジョンソン・JNJは、鉄壁の配当銘柄。 50年以上も連続増配をしている配当王です。 とはいえジョンソン・エンド・ジョンソン・JNJの配当金を詳しく知っているかというとそうでもない。 ...

 

50年連続増配の配当王。米国株の魅力を存分に伝えてくれます。

配当王リスト、50年連続増配の26銘柄【2018年版】
配当王とは、アメリカ株連続増配銘柄の王様 配当王とは増配銘柄の王様。 必要条件はなんと 50年連続増配! 半世紀にもわたり配当金を増やし続けてきた企業をさす。 Dividend king、敬意をこめて称され...

 

ヘルスケアセクターへの投資は、ETFの方が良いかもしれませんね。

ヘルスケアセクターETF【VHT】は、米国株投資の優良商品
バンガード®・米国ヘルスケア・セクターETF【VHT】はその名の通り米国のヘルスケアセクター株を対象としたETFです。 VHTの組入れ銘柄を調べると、おすすめヘルスケアセクター銘柄リストとなります。 ジェレミー・シーゲル教授...

コメント