キャタピラーの購入理由は、ダウの犬&配当金 CAT

キャタピラー CATを購入した。

購入した翌日になんと5%も株価が下落した。

これを機に、キャタピラー購入に至った理由を記録しておく。

 

スポンサーリンク

キャタピラー、買ったらすぐに5%オフ事件

 

その様子が下記。

グーグルファイナンスより

これが俗に言う、キャタピラー 買ったらすぐに 5%オフ 事件である。

 

キャタピラー購入から学ぶこと

自分自身で失敗だと思ったら、それを失敗のまま終わりにせずにそこから何か学ぶべきことを探そう  と昔教わった記憶がある。

 

少し振り返ってみる。

【CAT】に関しては、

指標も良い、

株価もやや下がってきている

だから買おう という具合であった。

 

ウォルマート を購入した際も同様だった。

 

つまり、優良銘柄の株価が下がってきている際に、私はそれをお買い得とみなして購入する傾向がある。

いわゆる逆張りというやつ。

 

賢者は歴史に学び、愚者は経験に学ぶ と言ったのはビスマルクであったか。

ならば私自身は愚者であり、己の経験から学ぶ事が最重要。

 

ここ最近の米国株個別投資の経験から学んだ事は、

・逆張りは難しい

・一定期間は株価は下がり続ける傾向がある

・なので次は順張りを実施してみよう

という事。

 

そうなってくると、ウェルズファーゴあたりが欲しくなる。

 

きっと、こうやって多くの投資家は自分の経験から学んでいるのだろう。

自分自身の経験には限りがあるので、歴史から学ぶ事が重要であり、歴史を学ぶには書籍が効率が良い と聞いた事がある。

 

今後私ももう少し投資本を読んで歴史を学んでいこうと思った次第。

 

スポンサーリンク

キャタピラーの購入理由

ダウの犬銘柄である

ダウの犬、を思い出した。

そう!

ダウ採用30銘柄のうち、高配当上位10銘柄を同金額購入し1年間保有し続けるという戦略だ。

 

現在のダウの犬銘柄を選ぶには、このサイトが最適。

ダウの犬 トップ5

?StockCurrent ?Price??Dividend Yield (%)?
Verizon Communications48.14.82
Chevron92.944.77
Caterpillar82.253.83
McDonalds97.493.64
ExxonMobil81.763.63

 

上位10銘柄がダウの犬戦略であろうが、まずは上位5位に絞ってみた。

こうしてみるとメジャーな企業ばかりである。

 

ミーハーな私は、このうち4銘柄は保有している。

持っていないのは、キャタピラー【CAT】だけ。

なので、【CAT】について少し調べてみた。

 

建設機械のマーケットリーダーであるキャタピラー

150721 キャタピラー

創業初期から現在に至るまで、建設機械業界での不動のトップシェア。

検察機械業界の巨人である。

配当面ではどうかというと、1925年以来ずーっと配当を出し続けている。

そして、1982年以来、減配が無い超優良企業。

 

懸念点はというと、EPSが下がっている点。

2012年に最高EPSを達成しているようだが、2015年予測ではその2012年から46%減。

 

建設機械のマーケットリーダーであるが、EPSは伸び悩んでいる。

その【CAT】の現在の指標を見てみたい。

 

CATの指標は割安であると思った

株価     82.22

P/E     13.18

EPS     6.24

Div     3.75%

配当性向   44%

連続増配   21年連続

5年増配   6.70%/年

β値      1.76

 

EPSが下がっているとはいえ、配当性向が50%をきっており、増配余地は残されている。

増配年数も21年連続と、よっぽどのことが無い限りは今後も増配記録更新してくれると思う。

 

気になるのがβ値。

インデックスよりもかなり大きく値動きするという事が垣間見える。

 

P/Eの推移をモーニングスターホームページからみてみたい。

 

PER推移

青:【CAT】  橙:S&P500

150721 cat

過去10年のP/Eを見ても、いまはお買い得といえると思う。

 

スポンサーリンク

CAT購入理由のまとめ

ダウの犬戦略の上位5銘柄の中で、【CAT】キャタピラーのみが私は保有していなかった。

キャタピラーはマーケットリーダーではあるが、EPSは減少傾向。

それでも配当性向に余力はあり、今後も株主にとっても優良企業であり続けると予想。

 

現在の指標、過去10年のP/Eを見ても、いまは買い時であると思われた。

懸念点としては、β値が大きく値動きには注意が必要。

 

【CAT】キャタピラーを、現在の価格より少し低めにて、わずかの株数であるが指値を入れることにしたのであった。