医薬品売上高ランキング予測 【2024年】

スポンサーリンク

2024年の医薬品売上高ランキング予測が掲載されているサイトがありました。

ヘルスケアセクターへの投資の参考になるでしょう。

Blockbusters such as AbbVie's Humira and Merck's Keytruda will lead 2024 sales, according to an EvaluatePharma report, joined by new Sanofi launch Dupixent.

医薬品売上高ランキング予測 2024年版

順位 医薬品名 会社名 薬物クラス 2018年売上高 2024年売上高
1 ヒュミラ アッヴィ 抗TNF抗体 189.2億ドル 152億3000万ドル
2 キイトルーダ メルク(MSD) PD-1阻害剤 38.2億ドル 126.9億ドル
3 レブラミド セルジーン 免疫調節薬 81.9億ドル 11.93億ドル
4 オプジーボ ブリストルマイヤーズスクイブ PD-1阻害剤 57.3億ドル 11.25億ドル
5 エリキュース ブリストル・マイヤーズスクイブファイザー 第Xa因子阻害剤 48.7億ドル 105.4億ドル
6 イムブルビカ アッヴィJ&J BTK阻害剤 32億ドル 95.6億ドル
7 イブランス ファイザー CDK 4/6阻害剤 31.3億ドル 82.8億ドル
8 デュピクセント サノフィ 抗IL-4・IL-13抗体 247百万ドル 80.6億ドル
9 アイリーア リジェネロン、バイエル VEGF阻害剤 62.8億ドル 68.2億ドル
10 ステラーラ J&J 抗IL-12およびIL-23抗体 40.1億ドル 67.4億ドル

スポンサーリンク

医薬品売上高ランキングをみて思うこと

①免疫関連薬が多い、小分子薬は少ない

小分子から高分子・分子標的薬へ移り変わっていった医薬品開発。

今の時代は免疫応答を対象とした作用機序を有する薬剤が中心となっています。

唯一の小分子化合物がエリキュース(一般名:アピキサバン)

  • ブリストル・マイヤーズスクイブ
  • ファイザー

の米国製薬大手のタッグで販売しています。

②ヒュミラはまだまだ世界一の医薬品売上

一時はヒュミラのパテント切れ問題で悩まされていたアッヴィ

うまく切り抜けた結果、ヒュミラの売上高は世界一を保つと予想されています。

さらにアッヴィは、イムブルビカの成長が期待されています。

配当貴族銘柄の地位は維持できそうです。

③ヘルスケアセクターは、米国企業が優勢

2024年医薬品売上高ランキング予測のトップ10のうち、8製品が米国製薬会社からのもの。

アッヴィとブリストルは2製品をランクインさせています。

ヘルスケアセクターでは、米国企業の強さが目立ちます。

  1. アッヴィ
  2. メルク
  3. セルジーン
  4. ブリストル・マイヤーズスクイブ
  5. ファイザー
  6. ジョンソン・エンド・ジョンソン

>>米国株投資におすすめな証券会社ランキング

欧州勢は2製品のみ。

日本企業にいたってはトップ10製品を産み出せていません。

とはいえオプジーボは小野薬品工業の製品。

ロイヤリティ収入は相当のものでしょう。

小野薬品株への投資妙味は、意外とあるのかもしれません

いずれにせよ、ヘルスケアセクターへの投資は米国市場を中心に考えるのが良さそうです。

関連記事です。

ヘルスケアセクターへの投資は、個別株ではなくETFがよいかも。

バンガード®・米国ヘルスケア・セクターETF【VHT】はその名の通り米国のヘルスケアセクター株を対象としたETFです。 VHTの組入れ銘柄

英国株ADRは、ヘルスケアセクターでも高配当銘柄が揃っています。

英国株ADR(高配当銘柄)のメリット 英国株ADRといえば、配当金に外国源泉徴収税額がかからないというメリットがあります。 高配当利

抗がん剤開発が主流の医薬品業界。ASCOは要チェック。

ヘルスケアセクターの見通し トランプ米大統領は5月11日、処方箋薬の価格抑制に関する演説を行いました。 製薬会社、保険会社、薬剤給付