米国株の配当利回り、平均値は何%か?

米国株の配当利回りは平均でどの位の数値でしょうか?

 

答えは、1.84%

 

20年間(1998年~2017年)の米国株の配当利回りが、平均1.84%だったのです。

正確に言えば、米国市場を代表するインデックス・S&P500の平均配当利回り。

 

本記事では米国株・S&P500の配当利回りの推移や平均値について考察していきます。

スポンサーリンク

米国株の配当利回りの推移、S&P500の平均値は?【超長期編】

米国株の配当利回り推移、出典:S&P 500 Dividend Yield

米国株の配当利回り推移、出典:S&P 500 Dividend Yield

 

上図は米国株・S&P500の配当利回り推移を示しています。

 

平均配当利回りは4%を超えています。

そして100年以上に渡る歴史をみれば、米国株の配当利回りが低下傾向であるとわかります。

 

目立つのは1930年代のピーク。

配当利回りが10%を超えています。

高配当となっても、株式は売りが優勢だったのでしょう。

 

暗黒の木曜日、そして世界大恐慌の凄まじさを物語っています。

>>>株価暴落はいつ起きる? アメリカ市場の暴落周期9回のまとめ

 

逆に米国株の配当利回りが最低であったのは2000年前後。

ドットコムバブルでの株価上昇率に、増配率が追いつかなかったと思われます。

 

この数値はあくまで参考値。

 

100年以上の超長期で配当利回りをみても、現実味がありません。

個人が行う運用期間は、せいぜい数十年が限度でしょうから。

 

なのでつづいては直近20年間での、米国株配当利回り推移をみていきます。

 

米国株の平均配当利回り

  • 最大値:13.84%(1932年6月)
  • 最小値:1.11%(2000年8月)

>>>配当金を100年以上支払い続けている9銘柄

スポンサーリンク

米国株の配当利回り、S&P500の平均値は? 【20年編】

米国株の配当利回り20年・S&P500編

米国株の配当利回り20年・S&P500編

 

上図は1998年1月~2017年12月までの、S&P500配当利回り推移です。

 

平均配当利回りは1.84%。

 

100年を超える長期チャートと比べると、配当利回りがプラトーになっています。

とはいえリーマンショックのあった2009年前後にピークがあります。

米国株価の暴落によって、配当利回りが急上昇していたのです。

 

米国株の平均配当利回り(1998年~2017年)

  • 最大値:3.60%(2009年5月)
  • 最小値:1.11%(2000年8月)
  • 平均値:1.84%

>>>株価暴落時の個人投資家の対応は? リーマンショックを忘れない

スポンサーリンク

株式というのは配当利回りをもとに投資をするもの

 

ここまでS&P500の配当利回り推移データをみてきました。

米国市場の配当利回りを知って、いったい何の役に立つのでしょうか?

 

広瀬さんのMarket Hackの言葉を引用します。

ベテランの先輩からは「昔は市中金利より株式の配当利回りの方が高かったんだ。

株というものはね、ほんらい配当利回りを手掛かりに投資するものなのだよ」と教えられた

Market Hack

 

このように、配当金・配当利回りというのは、投資への手がかりになったと言われています。

 

2018年では、米国金利が配当利回りより高くなっています。

また、直近20年の平均配当利回りと2017年末のそれが、全く同じ1.84%であることは、興味深いです。

>>>アメリカ株式市場のPERの平均推移【S&P500編】

スポンサーリンク

まとめ:米国株の配当利回り、平均値は何%か?

S&P500の配当利回り(超長期)

  • 最大値:13.84%(1932年6月)
  • 最小値:1.11%(2000年8月)

S&P500の配当利回り(1998年~2017年)

  • 平均値:1.84%
  • 現在値:1.84%(2017年12月)

 

配当利回りを参考に株式投資をする場合、米国市場の平均値や金利の動向を確認すると良さそうですね。

 

以上、米国株の配当利回り、平均値は何%か?でした。

 

関連記事の紹介

日本のバブル経済時の配当金・利回りは?

米国株と日本株の配当金を比較、バブル時の配当支払い総額はいくら?
米国株は配当金など株主還元に積極的です。 日本株は最近でこそ株主に目を向けていますが、まだまだ米国株には及びません。 日本経済が絶頂期にあったバブル時代。 日本株の配当金支払い総額といまを比較したらどち...

 

配当利回りを参考に、銘柄選択をする例のひとつがダウの犬投資法

ダウの犬、高配当おすすめ米国株10銘柄【2018年版】
おすすめ高配当アメリカ株を知りたいと思う事はありませんか? そんな時にはダウの犬銘柄がまず思い浮かびます。米国でもおすすめされている投資手法のひとつですね。 本記事はダウ30構成銘柄の高配当利回り株の紹介。ダウの犬戦略です。 ...

 

配当利回りを日経平均とS&P500で比べた結果は?

配当利回りを米国株と日本株で比較(S&P500 vs 日経平均)
配当金や自社株買いは米国株の専売特許でメリット大、日本株はデメリットばかり、そう思う人はいますか? 米国株投資の特徴といえば株主還元の積極的な姿勢があげられますね。 つまりアメリカ企業は高配当利回り+自社株買いに意欲的で...

コメント

タイトルとURLをコピーしました