キャピタルゲインではなくインカムゲインを狙うのはなぜなのか?

スポンサーリンク
スポンサーリンク
スポンサーリンク

キャピタルゲイン派とインカムゲイン派に分かれる投資家

インカムゲインとは資産を保有しながらに得られる利益を指す。

  • 株式の配当金
  • 投資信託や債券などの分配金
  • 不動産からの家賃収入
  • FXでのスワップポイント

 

キャピタルゲインとは資産を売買することで得られる利益を指す。

  • 株式の売買
  • 投資信託や債券など
  • 不動産の売却益
  • FXでの取引利益

 

どちらに重きを置くのかによって、インカムゲイン派とキャピタルゲイン派の投資家に分けられる。

 

参考インカムゲインとキャピタルゲイン、株式投資に適するのはどっち?

 

インカムゲインが株式投資で大切な理由

出典:JPモルガン・Guide to the Market

 

株式投資においてインカムゲインが大切だと思う理由を3つ挙げてみる。

  1. どのような景気局面でもプラスリターン
  2. 長期投資の年金運用でエビデンス有
  3. 投資家をハッピーにする、幸せの鳥

 

人によってはキャピタルゲインで一気に儲けたいと思う人もいるでしょう。

 

また、株価指数に投資するインデックス積立投資もキャピタルゲイン狙いの一種。

インデックス投資は株式投資の王道。

なのでキャピタルゲイン派が主流だというのは疑いの余地はない。

 

それでもやっぱり実行率はどうかというと疑問が残る。

そんなときに個人投資家をサポートしてくれるのがインカムゲインなのだ。

長期投資をすることを経済的・精神的に助けれてくれるのが配当金などのインカムゲインだと言える。

 

参考配当金が重要である3つの理由を紹介

インカムゲイン狙いがメインな不動産投資は、家賃は下落傾向

家賃、推移、インカムゲイン、不動産投資

出典:賃貸住宅市場の実態について,日本政策投資銀行グループ

 

上図は平成17年=100とした共同住宅(ファミリータイプ)の賃料指数を示している。

 

バブル経済の時代を振り返ってみよう。

不動産投資はキャピタルゲイン、値上がり狙いが中心だった。

 

一方でいまの日本はどうか?

不動産価格の上昇を狙うにはエリアを絞らなくて難しい。

 

一般的には家賃収入、つまりはインカムゲインをメインとした不動産投資家が多いと推察する。

 

ところが、、、

 

賃貸住宅の家賃というのは右肩上がりになっているとは言い難い。

つまり不動産投資でインカムゲインを狙う場合には、家賃収入が年々上昇することは想定しにくい。

 

参考副業・兼業をしている人の割合と、副収入を得るための方法は?

 

インカムゲインだけではなく、投資で儲けるためにはトータルリターンが大切

投資をする以上は、お金を儲けることは目的のひとつ。

投資元本に対していくらのリターンがあるのかが分かりやすい指標。

 

不動産投資でも株式投資でもそんな概念が重要視されている。

  • Cash on Cash Return (CCR)
  • Return on Investment (ROI)

 

結局はトータルリターンが大切だっていうことですね。

 

参考モーニングスターで10年トータルリターンを知る方法

 

インカムゲインでもキャピタルゲインでも、性格に合った投資スタンスを見つければいい

ここまでいろいろと見てきましたが、

  • トータルリターン派
  • キャピタルゲイン派
  • インカムゲイン派

こんな感じにカテゴリーできるわけです。

 

でも最終的には投資は自己責任。

 

自分に合う投資手法を見つけて、それを実行していくことが求められるわけ。

 

そして長期間つづけることが出来るかどうかがカギとなる。

 

自分を見つめなおすとどうか?

私の場合は配当金、やっぱりインカムゲインを重視したい。

それが自分に合っていると思うから。

 

でもこれは万人にとって最適とは言えない。

だってひとそれぞれの投資目的や方法があるのですから。

ということで、早いうちに投資手法を確立しておくといいですね。

 

あなたの投資スタイルは、あなたの性格にマッチしていますか?

 

 

インカムゲインに関する関連の紹介

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

 

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。

米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。

 

米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

>おすすめ証券会社を比較

私のおすすめマネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

 

【マネックス証券 米国株】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

マネックス証券の公式サイトを確認する

配当金投資
スポンサーリンク
はちどうきゅうどうをフォローする



アメリカ株でアーリーリタイアを目指す

コメント