投資している人の割合、株をやっているのは日本人の何%か?

スポンサーリンク

株式投資をやっている人の割合はどのくらいなのでしょうか?

気になったので、株式投資・投資信託を保有している人の割合と人数を調べてみました。

投資・株をやっている人の割合は、約13%

上表は日本における金融商品の保有実態を示しています。

日本証券業協会による証券投資に関する全国調査をみると、株式や投資信託に投資をしている人の割合がわかるのです。

投資をしている人の割合

  • 株をやっている人   :13%
  • 投資信託を持っている人: 9%

この株式投資をしている人の割合データは、平成27年(2015年)のもの。

日本証券業協会は3年に一度、この調査を実施しています。

調査対象を世帯から個人にしたのが2006年。

その2006年以降、株をやっている人の割合はおよそ13%前後で推移しています。

ですから個人投資家の割合が増えたですとか、株式投資の普及に成功したとは言えないのが実情です。

調査方法

  • 調査対象:全国20歳以上の男女個人
  • 標本数 :7,000
  • 調査方法:訪問留置法
  • 調査時期:平成27年6月19日~7月16日
定期預金の金利・利息が最大だったときは何%なのでしょうか? 郵便貯金でみると、10%をこえる時代がありました。 定期預金・貯金で
スポンサーリンク

20歳以上で、投資・株をやっている人数は1,000万人以上

引用:日本証券業協会、証券投資に関する全国調査

日本証券業協会は、株をやっている人や投資信託を保有している人の数を推計しています。

国勢調査の人口をベースに、拡大係数を乗じて推算しています。

株や投資信託をやってる人の推計保有者数(20歳以上)

  • 株式投資:1,327万人
  • 投資信託: 907万人

株式投資と投資信託の保有者がどれだけ重複しているのかは分かりかねます。

とはいえ最低でも1,327万人は、株をやっている人がいえる数値なのでしょう。

株式投資の始め方情報は、インターネットに多数存在しています。 貯蓄から投資への掛け声の下、国民ひとりひとりに資産形成が促されています。

投資信託をやっている割合や人数は、増えていない可能性がある

引用:日経新聞

2018年夏、「日本の家計が保有する投資信託の残高が増えていない」とニュースになりました。

個人金融資産に占める投信の割合は5.8%から4%まで低下したとわかったのです。

この情報からは、株をやっている人・投資信託に資金投下している人数や割合がどうなったのかは不明です。

しかしながら予想はできる。

株式投資や投資信託に投資をしている人が増えているとはいいがたいです。

株式投資の普及は、まだまだ途上であるのでしょう。

貯蓄から投資へという号令が、どの程度国民に届き実行されているのか注視していきたいですね。

家計が保有する投資信託残高、資金循環統計が改訂された 日本銀行が資金循環統計を改定しました。 これまで、信金
金融庁がつみたてNISAを通して株初心者に資産運用をおすすめしています。 つまり日本国民全員に対して株式投資をすすめているわけです。 つ

株式投資をしている人数・割合が増えるのか、日本証券業協会調査に要注目

金融庁は、つみたてNISAを国民への株式投資の普及の第一歩と位置付けています。

日本の家計状況をみるに、国民ひとりひとりの資産形成が必要だからです。

ですから株式投資をする人が増え、その割合が拡大していくことが望ましい。

では株式投資はどの程度普及しているのでしょうか?

日本証券業協会の調査は、3年に一度実施されています。

前回が2015年。

となると2018年に、株式投資や投資信託を保有している人の割合情報がでてくるはずです。

一歩ずつでも前に進んでいるといいですね。

本ブログを振り返ると、自らの投資状況をほぼ全て公開しています。

資産形成に興味をもつ個人に、すこしでも投資に関する生の情報をお届けしたいという願いもあってのことです。

ですから2018年に実施され公開される日本証券業協会の調査結果には注目していきたいと思っています。

そんなわけで、株をやっている人や投資信託を保有している割合や人数は適宜アップデートしてきます。

関連記事の紹介

株式投資をやっている人の割合をみると、米国株投資をしている人は少ないのは確かですね

日本の家計は預貯金に偏っていると言われています。 つまり株式投資などの資産運用の割合が低いということです。 これは欧米と比較した

金融庁のビデオをみると、20代のうちから資産形成が必要な時代なのだと感じます

資産形成とは、人生の普通の夢や目標を達成するために必要なものでしょうか? 必要というよりは必須という感じかもしれません。 金融庁

お金に関する本をよむと、株式投資などによる資産形成の大切さに気がつかされます

お金があると人生が豊かになります。 もちろんお金が全てではありません。 それでもお金が無いよりはある方が選択肢が増えるのですよね