スポンサーリンク

アセットアロケーションとポートフォリオの違いとは何なのか?

資産運用ではアセットアロケーションや分散されたポートフォリオの重要性が説かれています。

日常では使わない二つの単語に出くわすわけです。

  1. アセットアロケーション
  2. ポートフォリオ

投資経験の浅い人や投資初心者の方はおそらく戸惑うでしょう。

「アセットアロケーションとポートフォリオって何が違うの」と。

そこで本記事ではアセットアロケーションとポートフォリオの違いについて紹介していきます。

スポンサーリンク

アセットアロケーションとポートフォリオの違いとは?

30代ひつじの資産運用超入門日記より

このフィギュアが全てを語っています。

アセットアロケーションとは?

自分の持っている資産を、各クラス(株式・債券・現金・不動産等)にどのよう配分するか?

資産配分において、現金比率が重要だと個人的には考えています。

一方海外では株式比率がキーとされているのです。

  • 100-年齢
  • 120-年齢

といった公式が一般的。

アセットアロケーションで運用リターンの8-9割が決まるといわれています。

とにかく投資をする際にはアセットアロケーションに注意を払っていきたいものです。

参考「100-年齢」の法則 アセットアロケーションにおける株式比率 

ポートフォリオとは?

それぞれの資産クラスで、どういった銘柄を保有しているか?

ここから分かるように、アセットアロケーションの方がポートフォリオよりも上位概念です。

「どの銘柄が良さそうかな」と考える前に、「どの資産クラスが有望かな」と考えることが求められるわけです。

ところがいざお金がかかると、そう言われてもなかなかうまくは実行できません。

それでもアセットアロケーションを意識することはやはり重要だと常に思い出したいですね。

参考米国株ブロガー7名のポートフォリオ内訳

アセットアロケーションとポートフォリオの違いをいつ理解できたのか?

私がアセットアロケーションとポートフォリオの違いを把握できたのはいつだったのかを思い出してみました。

するとアメリカ株投資を開始した頃だったのです。

つまりアセットアロケーションとポートフォリオの違いがよく分かっていなくても、投資はできてしまうのですよね。

そもそもアセットアロケーションもポートフォリオも英語表記なのです。適切な日本語訳がないということなのかもしれません。

カタカナでは理解が難しいので、日本語意訳してみましょう。

  1. 資産配分比率
  2. 所有する有価証券リスト

この二つの単語が、日本語ではなく英語で伝達されていることからも分かるように、金融先進国はアメリカです。

そしてその米国の概念や学問を日本に持ち込んでいるというのが実情なわけです。

分かりにくい単語とはいえ、日本語にしてみれば大したことは言っていまえん。

アセット・アロケーションとポートフォリオの違いをしっかりとおさらいして投資に臨みたいですね。

アセットアロケーションとポートフォリオの違いを知り、投資をしてみよう

アセットアロケーションとポートフォリオの違いとは何なのか? について簡単に考察しました。

日本語訳してしまえば、理解はよりスムーズに可能です。

  • 資産配分比率
  • 所有する有価証券リスト

しかしながら理解をするだけではもったいない。

せっかくなので自分に応用しないと意味がありません。

なので資産運用をするのなら、ぜひアセットアロケーションを意識していきましょう。

リターンの9割はアセットアロケーションで決まると言われているのですよ。

さあ、アセットアロケーションとポートフォリオの違い知って投資を始めてみよう。

See you!

あわせてどうぞ

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする