スポンサーリンク

アセットアロケーションとポートフォリオの違いとは何なのか?

株式投資をしていると、アセットアロケーションが重要であるとか、分散されたポートフォリオを構築するべきだとか言われる。

日常では使わない二つの単語に出くわす。

  1. アセットアロケーション
  2. ポートフォリオ

おそらく最初は戸惑うでしょう。

実際のところ、私がこの二つの単語の意味を明確に区別して理解したのは、アメリカ株投資を開始した後であった。

難しい事は学者に任せ、一般人にもしっかりと理解できるように伝え方を吟味することはとても大事だと思う。

「当たり前」とは万人を対象としたものであり、決して一部の個人を対象としたものではないはずだ。

さてカタカナでは理解が難しいので、日本語意訳してみよう。

  1. 資産配分比率
  2. 所有する有価証券リスト

この二つの単語が、日本語ではなく英語で伝達されていることからも分かるように、金融先進国はアメリカである。

そしてその米国の概念や学問を日本に持ち込んでいるというのが実情であろう。

分かりにくい単語とはいえ、日本語にしてみれば大したことは言っていない。

さっそく、アセット・アロケーションとポートフォリオの違いをしっかりとおさらいしておきたい。

スポンサーリンク

アセットアロケーションとポートフォリオの違いとは?

30代ひつじの資産運用超入門日記より

このフィギュアが全てを語っている。

残念ながら参照ブログは更新が2-3年程滞っている様子ではある。

それでもしっかりとその遺産を受け継がせていただく。

非常に秀逸な図である。

アセットアロケーション

自分の持っている資産を、各クラス(株式・債券・現金・不動産等)にどのよう配分するか?

資産配分において、現金比率が重要だと個人的には考えている。

一方海外では株式比率がキーとされている。

  • 100-年齢
  • 120-年齢

といった公式が一般的である。

参考?「100-年齢」の法則 アセットアロケーションにおける株式比率 

ポートフォリオ

それぞれの資産クラスで、どういった銘柄を保有しているか?

ここから分かるように、アセットアロケーションの方がポートフォリオよりも上位概念である。

どの銘柄が良さそうかな?と考える前に、どの資産クラスが有望かな?と考えることが求められるわけだ。

ところがいざお金がかかると、そう言われてもなかなかうまくは実行できない。

それでもアセットアロケーションを意識することはやはり重要だと常に思い出したい。

参考?米国株ブロガー7名のポートフォリオ内訳

終わりに、

アセットアロケーションとポートフォリオの違いとは何なのか? について簡単に考察した。

日本語訳してしまえば、理解はよりスムーズに可能である。

  • 資産配分比率
  • 所有する有価証券リスト

しかしながら理解をするだけではもったいない。

せっかくなので自分に応用したい。

なので資産運用をするのなら、ぜひアセットアロケーションを意識していこう。

リターンの9割はアセットアロケーションで決まると言われているのだから。

さあ、資産配分比率を計算してみよう。

See you!

参考?投資の総リターンの90%は、資産配分比率で決まる

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク