マネックス証券のスマホアプリで米国株取引する快適さを知ろう

スポンサーリンク

マネックス証券のスマホアプリ、米国株トレードステーションは操作性が非常に良いです。

おまけにマネックス証券はアメリカ株の取り扱い銘柄数が多く、売買手数料もネット証券では最安となっています。

だからこそアメリカ株投資ではマネックス証券といわれるわけです。

そこで今回は、マネックス証券のスマホアプリ「トレードステーション米国株」を使ってアメリカ株投資をするメリット・デメリットを考察していきます。

マネックス証券からスマホアプリ「トレードステーション米国株」が登場

トレードステーション米国株とは、マネックス証券が有するスマホアプリです。

私はトレードステーション米国株を用いてマネックス証券で米国株取引を実施しています。

正直言ってスマホアプリなのでそれほど期待はしていませんでした。

しかし実際に使用してみるとこれが使い勝手がとても良いです。

トレードステーション米国株のスマホアプリを使いアメリカ株投資をした結果、3つのメリットを感じたので紹介します。

スポンサーリンク

マネックス証券のスマホアプリ「トレードステーション米国株」の3つのメリット

スマホでの操作性に優れ、サクサク動く

トレードステーション米国株はスマホ上でサクサク動きます。

アプリへのログインもとても簡単です。

このスマホアプリを導入したら、PCで米国株取引をする事がなくなりました。

操作性が非常に良いのです。

マネックス証券はトレードステーション米国株アプリをもっと自信をもって推奨すべきだと思います。

スマホアプリによる銘柄リストのカスタマイズが簡単

トレードステーション米国株は、銘柄リストのカスタマイズが可能です。

  • 銘柄リストの登録銘柄数には制限はない
  • 上昇率や下落率などで並べ替えが簡単にできる
  • 不要な項目は削除可能であり、カスタマイズが容易

米国株取引ではデイトレードのように多くの株価チャートや企業情報を一度にみることは不要です。

なのでスマホアプリ上での銘柄リストだけで十分。

更にトレードステーション米国株は操作性がパソコン版よりも優れています。

米国株の銘柄リストをつくったら、あとは画面上で眺めて楽しめばいいですね。

ちなみに私の”マイリスト”はご覧の通り。

スマホアプリ・トレードステーションのチャート機能は見やすい

トレードステーション米国株上での株価チャートは機能が多岐にわたります。

  • 月足
  • 日足
  • 480分足
  • 240分足
  • 60分足

等が自由に選択できるのです。

また月足では最大50年分の表示が可能。

スマホなのでスクロールしたりスワイプすれば思い通りに表示を動かすことができます。

ただし、チャート機能に年足がないのが残念。

米国株の良さのひとつに長期投資に向いているという点があります。

年足株価チャートがあれば、さらにアメリカ株の良さがユーザーへと伝わると私は感じました。

マネックス証券さんには年足チャートをトレードステーション米国株にぜひ導入してほしいです。

以下はアルトリアグループMOの月足チャートです。

長期投資に適しているのは米国株の魅力ですね。

マネックス証券のスマホアプリ「トレードステーション米国株」は快適な取引が可能

トレードステーション米国株の使い勝手は想像以上に快適です。

スマホで米国株取引する快適さを、マネックス証券が教えてくれました。

30とか50といった多数の銘柄を同時に見る必要がない人には、パソコンによる取引は不要ですね。

トレードステーション米国株のスマホアプリ取引で充分です。

私はこれからもマネックス証券でアメリカ株投資を継続していきます。

取引はスマホのトレードステーション米国株アプリ経由が中心となりそうです。

だから言いたい。

スマホで米国株取引をしたい人なら、マネックス証券のトレードステーションがおすすめ。

マネックス証券の口座開設はこちらからどうぞ、サクッと簡単な手続きですよ。

マネックス証券は、米国株におすすめな証券会社

インターネット証券で米国株取引ができるのは、マネックス証券、SBI証券、楽天証券の3社です。

おすすめ 証券会社 コメント
No.1 マネックス証券 米国株取引に最適
No.2 SBI証券 為替手数料Good
No.3 楽天証券 見やすさ抜群

私は3社に証券口座を保有していますが、3つの観点からアメリカ株取引は主にマネックス証券を使っています。

  • 手数料
  • 取扱い銘柄数
  • 使い勝手(注文方法)

【詳細:米国株投資、おすすめの証券会社を比較

【詳細:米国株の買い方(マネックス証券編)

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。

マネックス証券と相性抜群→ジャパンネット銀行

マネックス証券への即時入金サービスの対象金融機関で、日本で唯一Tポイントの現金交換が可能な銀行です。