株式投資で、誰でもお金持ち

スポンサーリンク

日本人の家計を見ると、現金・貯金の割合が欧米に比べて高いという事が指摘される。

  • 貯金があればいいでしょ!
  • わざわざリスクをとって投資をする必要なんてないでしょ!

その気持ち、よく分かる。

数値で示すと一目瞭然。

日本人のメンタリティを表しているのか、家計の株式の割合をみると日本:14.4%、米国:45.7%、EU:25.9%となっており、リスク資産である株式割合は低い。

緑:現金・預金  橙:株式・出資金・投資信託

160709 financial

資金循環の日米欧比較 – 日本銀行より改編

株式割合とは逆に、家計に占める預貯金の割合は 日本 52.4%、米国 13.8%、EU 34.4%となっており、日本は預貯金率が高い

だが本当に貯金でよいのだろうか?

いちど見直してみてみよう。

インフレという、ある種の物価上昇はいつの時代もあるからだ。

例えば物価上昇率 2%が 30年間続くと、その値段は約2倍となる。

 1985年2015年上昇率
国立大
年間授業料
250,941円537,857円 2.1倍
タバコ代200円410円2.05倍

こうなると、預貯金だけでの対応に疑問が生まれる。

1801年に 1ドル投資したら?

ジェレミー・シーゲルによって、米国でこのような検証がなされている。

名目トータルリターン

 1801年2006年
株式1ドル1270万ドル
長期債1ドル1万8235ドル
短期債1ドル5061ドル
1ドル32.84ドル
物価指数1ドル16.84ドル

 株式投資 第4版より

ご覧のように株式投資は世代をまたいで1ドルを何百万ドルにも増やす力を持っている。

辛抱強くいられれば、という前提条件が必要だが。

さらにより注目すべきなのは、物価上昇によって目減りした分を差し引いた後のリターン。

金融資産の価値、実質トータルリターンである。

実質トータルリターン

 1801年2006年
株式1ドル75万5163ドル
長期債1ドル1083ドル
短期債1ドル301ドル
1ドル1.95ドル
預金1ドル0.06ドル

 株式投資 第4版より

どうです?

貯金より株式の方がいいって感じませんか?

これをグラフにすると、

株式の圧倒的な独り勝ち。

肝心の「貯金」が分かりにくいので、対数グラフにするとご覧の通りとなる。

リスクが無いと思っていた「貯金」は、200年という長期スパンで見ると、金融資産の価値はマイナとなっている。

200年という長期間での検証ではあるが、

長い目で見ると実質リターンは、株式投資 >預貯金 

という事になる。

だが忘れてはいけない。

これは米国における検証であるという事を。

アメリカでは上述のような研究結果があり、株式投資の長期リターンが可視化されている。

その為に、アメリカ人は米国株を積極的に購入しているのかもしれない。

まとめ、

家計に占める預貯金の割合は、日本 52.4%、米国 13.8%、EU 34.4%であり、日本の預貯金割合は他国に比較して高いと言われている。

1801年に1ドルを貯金した場合、2006年にはその金融資産価値が 0.06ドルと大きく減少する事が示された。

一方の株式投資では、75万5163ドルとなり億万長者の仲間入りが可能となる事が分かった。

これらの事より、株式投資で誰でもお金持ちになれる事が示唆される。

また、自分の資産を守るためには預貯金では不十分であると気づかされる。

ただし今回の検証は日本を対象したものでは無く、米国におけるデータである事は頭に入れておく必要がある。

詳しくは→株式投資 第4版

See you!

*参考:家計の株式割合は、日本:14.4%、米国:45.7%、EU:25.9%

*参考:林先生の投信ハイスクール 13歳からの金融入門

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク