【米国株】ダウ工業株平均 ETF、DIAの増配率 2019年1H

スポンサーリンク

米国株を代表する株価指数;ダウ工業株平均 ETF【DIA】の増配率は16.7% (2019年上半期)

2019年1~6月における【DIA】の分配金は、2.856ドルでした。

前年同期比で+16.7%の増配。

買い増しをしなくても受取分配金が増えていきます。

 

そして増配率は会社員の昇給率よりも大きい。

これぞまさに資本主義社会。

それと共に、米国株投資のメリットを感じますね。

 

DIAの分配金

  • 2019年1H;2.856ドル(+16.7%)
  • 2018年1H;2.448ドル

 

NYダウ30連動ETF【DIA】の配当金は増配傾向が続いている

DIA分配金の推移

DIA分配金の推移

NYダウ30に連動する【DIA】の分配金は、基本的に右肩上がりでした。

1999年~2018年にかけて、分配金は4倍近くに増えています

日本が失われた20年とか30年と言われている期間。

米国とは取り返しのつかない大きな差がついてしまったようです。

 

NYダウ30は、米国を代表する株価指数。

アメリカそのものといっても過言ではありません。

そのDIAが増配傾向なのです。

インカム投資家にとって米国株は外せない投資先となりますね。

スポンサーリンク

米国株を代表する株価指数;ダウ工業株平均 ETF【DIA】の現状 2019年6月20日

予想3-5年一株当たり利益
(EPS) 成長率
10.24%
株価収益率 (PER)16.72
組入銘柄数30
株価純資産倍率 (PBR)3.57
時価総額加重平均(百万)$265,766.03(米)

2019年6月20日時点

 

NYダウ30銘柄を均してみると、今後3~5年でEPSは年率10.2%で成長するとされています。

いまのPERは16.72と、割安感は無いものの許容範囲に収まっています。

長期投資家ならば、【DIA】を売却する理由は無いように思いますね。

 

そんなわけで私は【DIA】を継続保有としておきます。

毎月分配型というのも好きなところです。

 

スポンサーリンク

米国株ポートフォリオにおけるダウ工業株平均 ETF【DIA】の保有状況

受渡日数量単価受渡額
DIAJun-191400.64364.66
DIAMay-191400.15715.84
DIAApr-191400.54454.7
DIAMar-191400.69770.1
DIAFeb-191400.17317.47
DIAJan-191400.61561.86
DIADec-181400.660.35
DIANov-181400.15515.6
DIAOct-181400.54554.82
DIASep-181400.53854.09
DIAAug-181400.31731.94
DIAJul-181400.37637.82
DIAJun-181400.69770.03
DIAMay-181400.13113.26

 

2018年春にDIAを140株購入して以来、買い増しは実施していません。

しかし保有株数が変わらなくても、分配金は増加傾向。

ほったらかし投資で、配当収入が増えていきます。

 

おまけにDIAは毎月分配金支払いのETF。

配当金を記録するのが楽しくなりますね。

いずれは追加投資をしたいと思います。

 

と言いつつも、いまはとりあえずのんびりと様子見でいきますかね。

以上、「【米国株】ダウ工業株平均 ETF、DIAの増配率 2019年1H」でした。

 

コメント

  1. ドルビッシュ より:

    よく「毎月分配型は買うべきではない」と言われますが、その点はどうなんでしょう?