アルトリア【MO】の増配14.3%に思うこと【2018年8月】

スポンサーリンク

アルトリア・グループ【MO】が14.3%の増配発表

MO、アルトリア、高配当株、配当利回り、株価


2018年8月、アルトリア・グループ【MO】が配当金のアナウンスをした。

 

増配率は14.3%

 

これはちょっと予想外の伸び率だ。

 

とはいえ配当金投資家には嬉しい誤算。

 

MOの配当金(四半期毎)

  • これまで:0.7ドル
  • 10月以降:0.8ドル

 

米国株投資家にはお馴染みのアルトリア【MO】

株主還元に積極的。

 

トータルリターンは優れているし、高配当株だし、増配率だって高い。

 

ところが、たばこ業界は衰退産業。

たばこが健康を害することは明白。

スモーカーや販売量は減少中。

 

値上げによって、利益を維持しているビジネスだ。

 

このような背景があり、アルトリアは不人気株である。

 

さらにはFDAがアイコスを認可するかは不確実。

当リスクが顕在化した2018年には株価急落、停滞。

 

そんな中での高い増配率の発表。

 

アルトリアCEOの意図はいかに?

株主は大幅増配を喜んでいいのか、それとも危ういと捉えるべきか。

 

私はMOホルダー。

増配ニュースをどのように感じたのか記録しておこう。

配当金生活にむけた米国株ポートフォリオの公開【18年5月】
配当金生活を目指したシーゲル流ポートフォリオ 2018年に入り、米国株配当成長ポートフォリオの組み換えをすすめています。 米国個別株を減らし、ETFの割合を増やしているのです。 ETF:個別株=75:25を目安...

 

スポンサーリンク

アルトリア【MO】の配当金、これまでの推移

アルトリアの増配率推移

アルトリアの増配率推移

 

アルトリアは49年連続で増配をしている。

その増配回数は52回にのぼる。

2010年代をみると、年率8%前後の増配率で安定している銘柄だ。

 

ところが2018年は違う。

  • 増配回数が多い
  • 増配率が高い

 

例年の増配発表時期は8月末。

しかし2018年の増配発表は、3月 & 8月の2回

 

  • 2018年3月:0.66ドル→0.7ドル(6.1%アップ)
  • 2018年8月:0.7ドル→0.8ドル (14.3%アップ)

 

おいおいアルトリア。

配当金を上げすぎではないか?

いったい何があったのだ?

 

そんな風に感じる投資家もいるでしょう。

それ、私。

 

なのでアルトリアの配当金状況を一緒にちょっと見ていきましょう。

アルトリア MOの配当金:増配時期はいつ?
アルトリア【MO】は、配当金投資家からの注目度が高い米国株 米国株のなかでも高配当かつ連続増配として名高い銘柄がアルトリアグループ MO。 2008年にフィリップモリス PMと分社化した、北米No.1のタバコ会社です。 195...

 

スポンサーリンク

アルトリア【MO】の配当金、これからの心配

引用:MO IR

 

アルトリアが株主にコミットしている数値はいくつかある。

 

注目したいのが長期のゴール設定だ。

  • EPSを年率7~9%アップ
  • 配当性向は80%を維持

 

この数字から、インカム投資家は増配率を7~9%と皮算用する。

10年間で配当も株価も倍になる計算だ。

 

さらにEPSの増加率が高ければどうなるのか?

配当金の上昇率があがるだけ。

 

なぜって配当性向を下げないことをコミットしているのだから。

つまりEPSが大幅上昇するなら、配当金も同様に上昇する。

 

翻って2018年の増配率。

3月は、+6.1%

8月は、+14.3%

 

四半期毎でみると、+21.1%の増配だ。

(0.66ドル → 0.80ドル)

 

EPSのコンセンサスはどうだろうか?

 

18.2Qの情報ではEPS成長率は16~19%となっている。

増配率をやや下回る。

“To reflect a strong first half and continued confidence in our core tobacco businesses, we are raising the lower-end of our guidance and now expect full-year adjusted diluted EPS growth of 16% to 19%.”

 

EPSガイダンスでの絶対値はどうなっているか?

EPSが3.94ドル~4.03ドルとされている。

 

四半期毎の配当金は、0.8ドル。

年間では、3.2ドルの配当金支払い。

 

EPS予想は4ドル前後。

 

配当性向が、80%前後に維持されると確認できる。

 

つまりコンセンサスのEPSさえ達成すれば問題なし。

そしてアルトリアのビジネスモデルは手堅い。

目標の利益水準をクリアしてくれるでしょう。

 

今回の高い増配率を素直に喜んで良さそうだ。

そう信じている。

米国株の連続増配年数・増配率を調べる2つの方法
アメリカ株には連続増配銘柄がごろごろあります。 さらに米国株は投資情報がたくさん存在しています。 配当金投資家は多くの情報から便利なものをピックアップしたいですよね? そこで今回は、米国株の連続増配年数と増配率の調...
スポンサーリンク

インカム投資家として思うこと

金融資産と実物資産のちがい

インカム投資といえば何があるか?

 

金融資産からのインカムの例

実物資産からのインカムの例

金融資産と実物資産への投資の違いとは?
資産には大きく分けてふたつあります。 金融資産 実物資産 このふたつの資産の違いが気になります。 なぜなのでしょうか? 私はかつて不動産投資(ワンルーム・アパート)をしていま...

 

今回のアルトリアの増配率は14.3%

しかもこの10年間の配当金は、毎年7-9%アップしてきた。

 

インカムをこの水準で増加可能な投資先はあるだろうか?

 

無いことは無いのだろう。

だが探すのは難しい。

 

つまりアルトリアの増配率はそれだけ魅力があるってこと。

 

2018年、MOのトータルリターンは芳しくない。

それでもインカム投資家は配当金に目を向ける。

 

視野が狭くたっていい。

目の前のお金が嬉しいのさ。

 

アルトリアよ、14.3%の増配をありがとう。

 

関連記事の紹介

アルトリアの銘柄分析記事はこちら

アルトリア・グループ【MO】は、高配当+株価上昇のシーゲル銘柄
MO,アルトリアグループとはアメリカのたばこ企業です。 たばこ業界世界ランキングでは6位。 米国たばこ業界では第1位。 2008年にフィリップスPMがスピンオフ・分社化しました。 その結果、アルトリアMOは販...

 

フィリップモリスはアルトリアの海外版

フィリップモリス【PM】の配当金と増配率の推移
高配当株の代表、フィリップモリスが増配を発表しました。 フィリップモリスの四半期配当金 1.07ドル 1.14ドル 6.5%の増配です。 5%を超える高配当利回りでありながらも、しっかりと増...

 

配当金は不労所得のひとつ

不労所得で狙うべき4種類 ~経済的自由を目指して~
経済的自由とは不労所得で生活費が賄える状態を指します。 もし経済的自由を得たいと思ったら、不労所得を増やしていくことが近道。 私もそんな一人。 ではどんな種類の不労所得を増やしていったらいいのでしょ...

コメント

  1. あかいろ より:

    MOはレパトリ減税の恩恵を株主に還元しただけでしょ