ETFの分配金生活、メリット・デメリットを考えてみた

スポンサーリンク

海外ETFによる分配金生活は可能でしょうか?

投資資金が大きければ、ETFによる分配金生活は実現できます。

株式投資による配当金生活と同じようなイメージですね。

ETFによる分配金生活には、投資資金はいくら必要なのでしょうか。

配当金生活にいくらあればいいのか、という課題とおなじ結果になると思います。

利回りは、個別株投資の方がETFよりも大きくすることは可能す。

しかし分散投資という面ではETFに軍配があがる。

ですから配当金生活でも分配金生活でも大差ないと考えています。

つまり資金力が大きく生活費用が少なければ、ETFによる分配金生活は実現できます。

分配金生活でも配当金生活でも、最終的には株式投資をする際によく話題となる、ETFか個別株か」の違いとなります。

結局は好みの問題でしょう。

とはいえETFの方が分散が効いているので便利です。

本記事では海外ETFによる分配金生活を目標とする際のメリット・デメリットを考えてみました。

ETFによる分配金生活のメリットは、低コストかつ分散投資

ETFには個別株投資にはない大きなメリットがあります。

低コストで分散投資を可能とすることです。

数十~ときには数千もの銘柄にひとつのETFで投資ができるのです。

個別株で配当金生活を目指すことを想定しましょう。

その場合には多くの銘柄でポートフォリオを組んだ方がよいです。

配当収入が減るリスクを下げるために、セクター分散・銘柄分散をするわけです。

ETFなら投資にそんな手間暇をかけずに済みます。

ETFによる分配金生活を目標とするメリット

  • 分散投資が可能
  • 銘柄選択をする手間が省ける
スポンサーリンク

ETFによる分配金生活のデメリットは、減配リスクがあること

個別株で配当金生活を目指す際にはどういった銘柄でポートフォリオを組むでしょうか?

増配銘柄を選ぶことがいいですよね。

配当金が毎年増えれば、配当金生活へプラスに働きますから。

一方のETF分配金はどうでしょう。

じつは米国連続増配ETFであっても分配金が下がることがあるのです。

経済状況がよくなかったり、相場が思わしくない際には海外ETFといえども減配しています。

ETFによる分配金生活を目標とする際のデメリット

  • 減配をする可能性がある

ETFの分配金が増減する理由

米国増配株式ETF,VIGの分配金増配率推移

VIGの分配金増配率推移

上図は米国増配株式ETF、VIG分配金の増減率推移を示しています。

連続増配系のVIGであっても、ETFによる分配金生活は減配リスクが伴うのです。

これがETFの分配金の唯一のデメリットといっていいでしょう。

ETFは受取る配当金等から経費を差し引いた残りを全額、口数に応じて分配することを原則としています。

この分配金による規定から、ETFの分配金が増減する原因が見えてきます。

ETFの分配金が凸凹する要因

  • ETFが受け取る配当金
  • 運用管理費用(信託報酬)やその他の経費
  • 口数

このようにETFの分配金は要件がきちんと定められています。

遊びがないことが、分配金の増減に繋がっていると言えます。

一方の株式では、少しばかり減益になったとしても株式会社が配当を維持する・増配すると決めることが可能。

とくに増配をウリにしている銘柄は、安易に減配はできないわけです。

増配が株価に織り込まれており、想定外の減配は株価下落につながってしまいますから。

現に米国株の連続増配銘柄には、減収減益だとしても配当金は増やすことが散見されます。

ETFの分配金生活を目指しつつ、配当成長を組み合わせる方法

VYM・米国高配当株式ETFの分配金:増配率の推移

VYM・米国高配当株式ETFの分配金:増配率の推移

上図は高配当ETFであるVYMの増配率推移です。

リーマンショック時に40%近い減配をしています。

もしETFの分配金だけに着目をして投資をするなら、複数のETFを組み合わせるが良さそうです。

そしてETFだけではなく、連続増配株をポートフォリオに入れておくと尚ベター。

ETFの分配金生活を目指す際には、海外ETF+増配株でポートフォリオを組むのが良さそうです。

アクティブかパッシブのどっちが勝ちやすいか?

関連記事です。

インカムの分散という意味では、ETFを複数持つ方が良いのでは?

収入源(配当金・インカムゲイン)の分散化 分散投資は資産運用の定石。 リターンを保ちつつ、リスク軽減をすることが可能だといわれるから

個別株のメリットは長い歴史によるデータがあることもあげられます。

米国株投資のメリットのひとつは配当金 米国には株主還元に積極的な企業が多いです。 配当金支払いがその一例です。 たとえば

高配当ETFは分配金生活をサポートする商品。

米国株の高配当ETFは数が多くて選ぶのが難しくありませんか? 本記事にたどり着いたあなたは、配当金・インカム好きなことでしょう。