米国ハイテク株の一覧と特徴

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ハイテク株といえばNASDAQ、NASDAQといえばハイテク株。

ハイテクノロジーの大企業は米国市場に上場しているわけです。

そしてナスダック銘柄となったハイテク株は世界を代表する企業といってもいいでしょう。

 

割高感が拭え切れない米国株価。

そんな2018年3月における、NASDAQ100連動ETFのQQQ上位25銘柄をリストアップしておきます。

ハイテク株の代表一覧ということですね。

 

スポンサーリンク

ハイテク株の一覧 QQQの上位25銘柄

1AAPLアップルコンピュータ
2AMZNアマゾンドットコム
3MSFTマイクロソフト
4FBフェイスブック
5GOOGアルファベット
6GOOGLアルファベット
7INTCインテル
8CSCOシスコシステムズ
9CMCSAコムキャスト
10NVDANVIDIA
11NFLXネットフリックス
12AMGNアムジェン
13ADBEアドビ・システムズ
14TXNテキサス・インスツルメンツ
15BKNGプライスライン・グループ
16GILDギリアドサイエンシズ
17AVGOアバゴ・テクノロジー
18PYPLペイパル
19QCOMクアルコム
20SBUXスターバックス
21COSTコストコ
22CHTRチャーターコミュニケーションズ
23KHCクラフトハインツ
24BIDUバイドゥ
25MUマイクロン・テクノロジー

 

QQQにはスターバックスやホームデポ、クラフトハインツなんかも組み込まれているのですね。

 

ハイテクを含むAI・人工知能関連銘柄はこちら

>>>AI・人工知能関連のおすすめ6銘柄 アメリカ株編

 

ハイテク株は国際優良銘柄、時価総額上位にずらり

http://www.180.co.jp/より

 

上図は2018年2月末時点での株式時価総額ランキングを示しています。

ハイテク株が上位銘柄として顔を出していますね。

  • アップル
  • アルファベット
  • アマゾン
  • テンセント
  • フェイスブック
  • アリババ

>>>世界の時価総額ランキング、過去からの推移

 

ハイテク株が国際優良銘柄揃いだといわれるわけです。

 

ETFや投資信託を通じて海外株に分散投資をしている場合、これらハイテク株が保有割合上位となっているはず。

 

参考>>>FANGとFAANGとFAAMG株の違いとは?

 

ハイテク株の特徴、株価の動き方【暴落時編】

ハイテク株の値動きは荒いといわれます。

株価が上がるときはどんどん上がり、下がるときはとことん下がるというイメージ。

本当にそうなのでしょうか?

 

ハイテク株が集まったETFであるQQQの株価チャートをみていきます。

 

ドットコムバブル前後のハイテク株の値動き

赤:QQQ 水色:SPY

 

1998年末~2004年末におけるQQQとSPY(S&P500連動)の株価チャート比較です。

赤色がハイテク株(QQQ)の値動きを示しています。

ハイテク株の値動きがジェットコースターだといわれることが理解できます。

 

インターネットバブルによって株価が急上昇していますね。

その後に大きく下落して2~3年は株価が低迷しています。

 

それもそのはず。

NASDAQがドットコムバブル時につけた最高値を更新したのは、2016年に入ってから。

NASDAQは10年以上にわたって最高値を更新できなかった事実は覚えておきたいものです。

 

リーマンショック前後のハイテク株の値動き

赤:QQQ 水色:SPY

 

今後は2006年末から2011年末の株価チャート。

リーマンショックの暴落時には、S&P500もハイテク株も大きく下落しているとわかります。

一方でその後の株価回復はハイテク株の方が早いです。

 

インターネットバブルとリーマンショックはどちらも暴落と評されます。

ところがハイテク株にとっては両社は大きく異なるわけです。

リーマンショック時にハイテク株に投資をした人は、その後早期に大きな利益を手にしたことでしょう。

 

私見:ハイテク株への投資

 

メカ音痴な私。

ハイテク株の事業形態はほとんど理解できません。

時代に取り残されている感じですね。

 

困りました。

 

でもそんなときにはETFを通してハイテク株へ投資をすればいいでしょう。

その代表格がQQQ。

もちろん米国市場を広くカバーするETFならば、ハイテク株は少なからず組み込まれているはず。

 

ハイテク株が投資家や生活に潤いを与えてくれる日々はいつ頃まで続くのでしょうかね?

 

参考>>>米国株(アメリカ株)の買い方と注意点をマネックス証券画面で解説

 

関連記事です

ハイテク株への比重を高めた投資をする際には、QQQが活用できます。

QQQはナスダック100連動のETF、株価・配当金は?
NASDAQ100に連動するETF、それがQQQです。 ナスダックとは新興企業向けの世界最大の市場。 そのNASDAQには金融銘柄を除いた上位100銘柄で構成されるNASDAQ100という株式指数が存在します。 取引規模は...

 

AI関連銘柄でもアメリカ株には魅力ある企業が多数あります。

AI・人工知能関連のおすすめ6銘柄 アメリカ株編
AI関連銘柄に注目が集まっています。 人工知能という言葉を聞かない日はありません。 そのくらい身近になっている。 人工知能とはもやは日常なわけです。 株式市場でも人工知能、AIが介入しているというニュ...

 

時価総額No.1のアップル。アマゾンに抜かれる日がいつか来るのでしょうか。

アップル【AAPL】の株価・配当金・業績のまとめ
AAPL アップルとは、大人気のスマホiPhoneのメーカーです。 カリスマ経営者のS.ジョブズがパソコン開発で起業してできたのがアップル。 Macintoshを要してマイクロソフトと対決する時代が長く続きました。 ...

 

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

 

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。

米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。

 

米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

>おすすめ証券会社を比較

私のおすすめマネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

 

【マネックス証券 米国株】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

マネックス証券の公式サイトを確認する

注目銘柄米国株投資のメリット
スポンサーリンク
はちどうきゅうどうをフォローする



アメリカ株でアーリーリタイアを目指す

コメント