世界の株価指数に20年間積立投資した時のリターンは?

スポンサーリンク

株式投資では長期・分散・積立投資が王道とされています。

そのスタンダードな投資手法をおすすめしているのが、つみたてNISA制度です。

では金融庁がおすすめする投資の方法を、世界の主な株価指数で実施したらどのようなリターンになるのでしょうか?

「もし20年前からインデックスつみたて投資をしたら?」をシュミレーションした結果を紹介します。

ちなみに参考資料はつみップルーキーズの配布資料です。

【参考:つみップルーキーズでの質疑応答:つみたてNISA、20年後はどうなる?

世界の株価指数(インデックス)に20年間、積立投資をした場合のシュミレーション結果

世界の主な株価指数、インデックス積立投資を20年間した場合

出典:つみたてNISAルーキーズ配布資料、金融庁より

1998年1月1日から2017年12月31日まで、に月一万円の積立をした場合のシュミレーションです。

日経平均株価、MSCIコクサイ、MSCIオールカントリー、MSCIエマージング・マーケットと、積立総額を示してます。

日本を代表する日経平均株価に投資をするよりも、世界分散をした方がリターンが良好であったとわかります。

20年間、インデックス積立投資した場合の結果(2017年12月31日)

  • MSCIエマージング  :683.7万円
  • MSCIコクサイ    :586.5万円
  • MSCIオールカントリー:566.3万円
  • NIKKEI225、日経平均:431.6万円
  • 積立総額       :240万円

20年経ってみれば、世界の主なインデックスへの投資は優れたパフォーマンスを示したとわかります。

各インデックスを比較すると、日経平均だけつまり日本にのみ投資するよりも世界分散した方がリターンは良好です。

地域分散は大切ですね。

さらにサブプライムローン問題やリーマンショックのあった2008年前後をみると、MSCIエマージング・マーケットでは評価損に陥っていません。

しかしながら新興国の株価はボラティリティが大きいこともわかります。

変動幅が大きい、リスクがあるということですね。新興国への投資も一長一短。

いずれにせよ新興国への投資を毛嫌いせず、広く地域分散した方が良いのではないかと示唆するデータです。

【参考:日経平均株価指数に20年間つみたて投資をした場合のリターンは?】

スポンサーリンク

世界の株価指数(インデックス)に20年間積立投資したシュミレーションを見て思うこと

1998年1月から毎月1万年を20年間続けた場合のシュミレーションデータをみて思う事は

評価損の期間が長すぎる

MSCIエマージング・マーケットに投資したとしても、1998年~2004年頃まではず~っと評価損。投資額よりも評価額が低い状態です。

それ以外のMSCIコクサイやオールカントリー、日経平均株価に至っては2008年~2012年の間、評価損が続いています。

20年の投資期間を考えた場合、マイナスである時間の方が長いのです。

1998年1月に世界の主なインデックスに積立投資した場合のマイナスリターン時期

  • 1998年~2004年(7年間)
  • 2008年~2012年(5年間)

20年間のうち12年間は投資の旨味を味わえずにいたことになります。

もちろん最終的にはリターンを得られる可能性が高い長期・分散・積立投資です。

しかしながら投資額よりもマイナスを抱えてしまう期間があることは頭に入れておきたいです。

したがってマイナスとなった場合や株価暴落時でも積立継続できる程度の金額を投資するのが吉。

積立投資は続けることでリターンを得られる投資方法なのです。

もし株価が下がってもバーゲンセールだと思えるような状態にしておきたいです。

つみたてNISAで始める、20年投資のポイント

資産形成、つみたてNISAのポイント

出典:つみたてNISAルーキーズ配布資料を抜粋、金融庁より

長期・分散・積立投資のポイント

長期投資 投資を始めたら、長期間続けること!
積立投資 投資のタイミングを捉えるのは難しい
定期的に自動的に買付
分散投資 分散投資でリスクを軽減!
(資産の分散と地域の分散)

歴史を振り返れば、経済危機や株価暴落は周期的に訪れています。

つみたてNISAで20年投資をする際、一度や二度の大暴落を経験するでしょう。

そんな時でもくじけず、ともに積立投資を続けていこう!

つみたてNISAはマネックス証券楽天証券SBI証券などインターネット証券がおすすめです。

つみたてNISA関連の記事

暴落はいつか?まとめ記事

スポンサーリンク

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ