スポンサーリンク

20代は定期昇給額(賃上げ)業界・企業規模別データを知ろう

日本企業に働くなら、どこの産業・業界がよいのか? 大企業がよいのか?中小企業なのかは悩むところだ。

そんなときには数字をみてみよう。

企業収益や売上は気になるだろうが、サラリーマンたるもの賃金の状況をみて働く会社を決めたっていい。

そういうわけで今回は、産業別・企業規模別の定期昇給額(加重平均)データを紹介する。

と、その前にもしあなたがサラリーマンの給料以外にストックオプションやRSUについて興味あるならこちらを先にみておいた方たよいですよ。

皆さん、おはようございます。今日も雨です。風邪が治りません。職場での人間関係に弱く、怒りを抱えたままの週末です。そんな最悪の土日ですが、本日こんなツイートのやり取りをしました。 J&Jのような配当王に就職してストックオプション欲しいな。やめる時に通常退職以外にJ&J...

スポンサーリンク

定期昇給率(賃上げ率)の推移

企業収益及び消費者物価と賃金の経緯(全産業)

平成28年度産業経済研究委託事業(平成29年春闘結果等に関する調査)報告書より

黄緑色の厚生労働省の発表では賃上げ率は2%前後で推移している。

これは経団連加盟企業のアンケート結果と同等の数値である。

一方で名目賃金をみると、プラスマイナスをいったりきたり。

昇給率ではなく昇給額の方が実感がわくので金額をみていこう。

定期昇給額(賃上げ)の業界・産業別状況

 賃金引上げ等の実態に関する調査賃金引上げ等の実態に関する調査より

賃金引上げ等の実態に関する調査によれば、調査産業全体の加重平均昇給額は5,031円であった。

さらに産業別にブレイクダウンして給料アップ額をみれば、どこの業界で働くと給与面で有利なのかが分かる。

株式投資の配当金で例えるならば増配率がどれだけなのかを調べるのと同じだ。

産業・企業規模 1人平均
定期昇給額
(加重平均)
学術研究,専門・技術サービス業 7,292
鉱業,採石業,砂利採取業 6,849
建設業 6,740
不動産業,物品賃貸業 5,789
製造業 5,539
金融業,保険業 5,375
情報通信業 5,343
教育,学習支援業 5,165
調 査 産 業 計 5,031
電気・ガス・熱供給・水道業 4,645
卸売業,小売業 4,353
生活関連サービス業,娯楽業 3,906
宿泊業,飲食サービス業 3,714
医療,福祉 3,711
サービス業(他に分類されないもの) 3,602
運輸業,郵便業 3,470

日本においては”製造業”と呼ばれる企業が多い。

なので次はさらにこれを分解して、どこの業界の製造業が昇給額が大きいのかをみていこう。

定期昇給額(賃上げ)、製造業はどこの業界が有利?

いま日本の製造業で働く場合、機械・輸送セクターと、食料品・たばこ業界の賃金上昇幅が大きい。

もしこれから就職しようとか転職しようとか考えている場合、年収をあげたいならこれらの業界がねらい目となる。

尚、株式会社は従業員の年収を上げる前に株主還元することが通常である。

資本家が有利な理由はそこにある。

したがって株式投資をする際にも同様にこれらのセクターへの投資を優先的に考えてみたい。

産業・企業規模 1人平均
定期昇給額
(加重平均)
機械・輸送 6,558
食料品・たばこ 6,170
製造業 5,539
ゴム・窯業 5,291
電気・情報通信機器
・電子・デバイス
5,018
その他 4,947
鉄鋼・非鉄・金属 4,922
化学・石油・石炭・プラスチック 4,902
印刷・同関連業 4,868
木材・パルプ・紙 4,553
繊維 4,124

定期昇給額(賃上げ)、企業規模別では?

少なくとも平成28年を見る限り、大企業ばかりが昇給額が大きいとは限らない。

もちろん従業員数5,000人以上の規模の会社が収益性が一番良いのはわかる。

ところが300~999人規模の企業も、昇給という面では健闘している状況だ。

企業規模計 1人平均
定期昇給額
(加重平均)
5,000人以上 5,581
300~  999人 5,195
調 査 産 業 計 5,031
1,000~4,999人 4,921
100~  299人 4,617

定期昇給額(賃上げ)を見ての私見

日本企業の定期昇給金額をみてどう思うか?

サラリーマンの給料・年収アップには限界があると私は感じる。

たとえば経団連所属企業の部長は月収70万円、平均年収も1,000万円ちょっとである。

もし給与所得者をつづけるなら、日本全体の昇給平均額より大きい下記の業界に身を置くのがよいかもしれない。

産業・企業規模 1人平均
定期昇給額
(加重平均)
学術研究,専門・技術サービス業 7,292
鉱業,採石業,砂利採取業 6,849
建設業 6,740
不動産業,物品賃貸業 5,789
製造業 5,539
金融業,保険業 5,375
情報通信業 5,343
教育,学習支援業 5,165
調 査 産 業 計 5,031

また、製造業であれば以下のようなセクターが有望であろう。

産業・企業規模 1人平均
定期昇給額
(加重平均)
機械・輸送 6,558
食料品・たばこ 6,170
製造業 5,539
ゴム・窯業 5,291

しかし今回のデータをみれば昇給額は平均で月5,000円ちょっと。

その昇給率を少しでも大きくするために社内評価をあげることに必死になったりする。

そういった場合には一歩引いて違う視点で収入アップを考えることも必要な時代だといえる。

See you!

■あわせてこちらの記事もどうぞ

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする