ベライゾンを50万円分購入 配当金目当て以外の理由とは?【VZ】

スポンサーリンク
スポンサーリンク

ダウの犬銘柄として勇名をはせている高配当銘柄の大本命、ベライゾン【VZ】を追加購入した。

 

実は3月後半にマネックス証券のトレードステーションをダウンロードし、うれしくなって複数銘柄を私は指値注文していたのだ。

まるでオモチャを与えられた子供のように嬉々として。

 

確認してみると、4月3日に48.88ドル × 100株が約定されていた。

これにより年間230ドルの配当金が上乗せされることになる。(税引前)

 

これまで100株保有していたので今回の追加分と合わせ、私は200株ホルダーとなった。

最近の株価は50ドルを行ったり来たり。つまり約1万ドル分を持っている計算である。

 

ここまでをまとめると、ベライゾン【VZ】の購入理由は

  • トレードステーション米国株を使いたかった
  • 配当金目当てだった

ということになる。

それでは少し寂しいので、もう少しベライゾン【VZ】を購入に至った経緯を記録しておきたい。

 

 

スポンサーリンク

指標

17年4月8日VZ
株価48.66
PER15.14
EPS3.21
配当4.8%
配当性向72.0%
増配年12年
増配率(5年)3.0%
増配率(10年)3.4%
β0.45
モーニングスター★★★
MoatNarrow

 

まさに高配当・低成長を絵に描いたようなバリュエーションである。

 

ここでふと、高配当銘柄 vs 高増配銘柄について【VZ】を例にして配当金を計算したブログ投稿をしたことを思い出した。

低成長といえども、現在の配当利回りがすぐに他の増配銘柄に追いつかれるわけではない。

【VZ】の高配当っぷりはそれほどまでに凄まじい威力を有しているのだ。

 

あとはいかにその利回りが高いときに購入できるか? という点が、低成長・高配当銘柄の購入には大事になってくる。

配当利回り 過去五年(TTM)

最大 3.79%(2013年4月30日)

最低 5.40%(2012年4月10日)

平均 4.45%

現在 4.75%(2017年4月8日)

 

本来であれば、5%を超える配当利回りの時に購入するのがベターであろう。

しかしながらそんなことを言っていたら、いつまでたっても追加購入できない。

平均配当利回りをより高いところで購入するのだからヨシとした。

 

そういえば、ベライゾンのライバル会社 AT&Tを投資歴26年、レバレッジ投資実践日記のエルさんが先日購入されていましたね。

【VZ】ではなく【T】を選んだ理由は何かあるのだろうか?

 

それはさておき、話を元に戻そう。

 

VZ ベライゾンの株価・配当金・増配率のまとめ
VZ ベライゾン・コミュニケーションズの概要 創業:1983年 上場:1983年11月 決算:12月 VZ、ベライゾン・コミュニケーションズとは通信サービスで世界トップクラスの企業です。米国内においてはAT&...

 

リバランス

17年3月末の時点での資産割合を計算すると、株式比率が目標より低くなっていた。

  • 目標:80%
  • 現状:65%
アセット現状目標
米国株式59%75%
日本株式6%5%
不動産4%5%
債券1%0%
現金29%15%
合計100%100%

 

そこで何らかの米国株式を購入することにより、アセットアロケーションのリバランスを試みることにしたのであった。

ただ単にマネックス証券の新しいアプリ・トレードステーション米国株を使って買い注文をしたかっただけは無い。

リバランスという立派な理由が今回の買付にはある。

 

 

ベライゾンを購入した3つの理由

冒頭でベライゾンの購入理由を掘り下げたいと申し上げた。

 

たどり着いた答えがこちら。

  1. トレードステーション米国株を使いたかった
  2. リバランスの為に株式買い付けをしたかった
  3. 高配当銘柄かつ指標が好ましい状況に思えた

 

購入理由が3つもあれば充分である。

【VZ】の購入は大成功だ。

 

 

 

はい、最後だから正直に言います。

 

軽い気持ちで買付注文しました。

 

 

経験から前向きに学習し、自分自身を常に成長させていくのだ。

利食いと損切りのテクニックより

 

See you!

 

参考スマホで米国株取引する快適さを、マネックス証券が教えてくれた

 

■高配当株の関連記事紹介

VZ ベライゾンの銘柄分析、詳細記事はこちら

VZ ベライゾンの株価・配当金・増配率のまとめ
VZ ベライゾン・コミュニケーションズの概要 創業:1983年 上場:1983年11月 決算:12月 VZ、ベライゾン・コミュニケーションズとは通信サービスで世界トップクラスの企業です。米国内においてはAT&...

 

イギリスの通信銘柄、ボードフォン VODも高配当利回りで有名

ボーダフォンVODはイギリス高配当株、株価・配当金のまとめ
ボーダフォン・グループ VODはイギリスに本社をおく多国籍携帯電話事業会社である。通信化会社=高配当銘柄という図式はイギリス株でも成り立つ。 比例顧客数はチャイナモバイルに次いで第2位、売上高ランキングでは世界第7位だ。 ...

 

高配当株なら税金で有利なイギリス株もみておきたい

イギリス株、おすすめ高配当銘柄ADRのまとめ
イギリス銘柄といえば高配当ADRが注目されています。 外国源泉徴収税率が0ということで、受取配当金は日本株とほぼ同じ税金しかかからないからですね。 「高配当利回り+税金が安い」という英国株のメリットがあるのです。 ...

 

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

 

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。

米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。

 

米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

>おすすめ証券会社を比較

私のおすすめマネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

 

【マネックス証券 米国株】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

マネックス証券の公式サイトを確認する

売買記録
スポンサーリンク
はちどうきゅうどうをフォローする



アメリカ株でアーリーリタイアを目指す

コメント

  1. リラクマ より:

    はちどうきゅうどうさん、こんにちは。
    現時点での配当利回りの高さって大事ですよね。再投資を続けると、株数の増加が目に見えるので実感します。いくら増配率が高くても計算できませんしね。
    私には企業の先行きも見通せないので、どっちがこけてもいいように、VとT両方を同じ比率で持つようにしています

    • はちどうきゅうどう より:

      リラクマさん、
      いつもコメントありがとうございます。
      現在の配当利回り、そしてその数値がある程度の期間続く という銘柄はとても魅力的だと感じます。

      10年後を考えた場合、低配当銘柄がいくら増配しても【VZ】のような高配当株に短期間では追いつけない、という試算結果は現時点での配当利回りの重要さを再認識させてくれます。

      現在の配当利回りは最低2.6%という基準を自分の中でもちつつも、やはり高配当株に目がいってしまいます。

      尚、T は5%利回り超えたら買い増ししたいなぁと考えています。