スポンサーリンク

国別の幸福度ランキング、幸せとは6つの項目から算出されている

ひとは誰だって幸せ、ハッピーになりたいと願っているはずです。だからこそブータンが幸福度No.1の国だとか、日本は先進国だか心は豊かになれない貧しい国だとかのニュースが賑わう。

本記事ではどの国が幸せなのか、国別の世界幸福度ランキングを紹介する。そしてこの幸福度ランキングがどの項目を使い、どのような算出方法を用いて順位付けしているのかを知りたい。そうすれば幸福度の上げ方がわかるだろうから。

スポンサーリンク

国別の世界幸福度ランキング

国連が国別の世界幸福度ランキング 2017を発表した。

調査対象:155か国

  • 1位 :ノルウェー
  • 2位 :デンマーク
  • 3位 :アイスランド
  • 14位 :米国
  • 16位 :ドイツ
  • 19位 :イギリス
  • 49位 :ロシア
  • 51位  :日本
  • 79位 :中国
  • 155位:中央アフリカ

WORLD HAPPINESS REPORT 2017より抜粋引用(20ページ目)

日本国民は先進国に所属してはいるが、それほど幸せを感じていないようだ。少なくとも国連はそのように評価している。そしてよく言われているブータンは国連のランキングには入ってこない。

幸福度を構成する6つの項目

WORLD HAPPINESS REPORT 2017の17ページ目、Technical Box 2: Detailed information about each of the predictors in Table 2.1 の記載がそれに該当する。

英語で沢山書いてあるから、独断と偏見により超意訳すると

  1. 実質国内総生産(GDP)
  2. 健康
  3. 頼れる家族・友人
  4. 人生を選択できる自由
  5. 他者への寛容さ(例えば寄付)
  6. 腐敗・汚職のない社会

この6項目が幸福度を作っているのだ。幸せへ近づくために1項目ずつ簡単に私見を述べてみたい。

1.実質国内総生産(GDP)が高ければ幸せになりやすい

GDPは幸福度を構成する重要項目である。あくまでも国連のランキング算出方法によるが、やはり国がもつ経済力は大事なのだ。個々人でもある程度のお金があった方が幸せを感じるであろう。

日本の経済に目を移すと、その成長に陰りが見えているのは否めない。ただし経済大国であることには変わりがない。個人の幸せを考えるうえで、衣・食・住はある程度保障されているのが日本だと思う。

もちろん経済力やお金だけが幸福につながるわけではない。例えば経済状況が芳しくなく、PIIGSと皮肉を込められて比喩される国々の幸福度ランキングを見てみよう。

  • P(ポルトガル) :89位
  • I(イタリア)  :48位
  • I(アイルランド):15位
  • G(ギリシア)   :87位
  • S(スペイン)   :34位

このように経済力が日本より劣っていたとしても、幸福度は日本の51位と同レベルの国もある。

つまりGDPは幸福度に寄与するのだろうが、一定レベルになればその影響は限定的だといえる。ここで日本において極論をいえば個人の幸福度をあげるためには

  • ある程度のお金を持っている
  • 貧乏になる未来を否定できる

この2つが重要な要素となってくる。

2.健康であれば、幸福度は上がりやすい

世界に冠たる長寿大国、ニッポン。あとは健康寿命に留意すればよい。

平均寿命と健康寿命の差

※平均寿命:厚生労働省「平成25年簡易生命表」
健康寿命:厚生労働省「平成25年簡易生命表」「平成25年人口動態統計」
「平成25年国民生活基礎調査」総務省「平成25年推計人口」より算出

皆保険が財政上の問題から維持できるかどうか、とかそういった観点は無視。とにかく健康というのはかけがえない資産だと思っていた方が良い。幸福度につながるという観点ではなく、健康には注意しよう。

いまある自身の身体を大事にしながら、将来にわたり付き合っていくことが重要だと思う。

3.人間関係~頼れる友人・家族がいれば、幸せを感じやすい~

”頼れる” の解釈 と共に、”友人・家族”の有無 によっても状況が異なる。ならばいっそのこと、友人・家族がいるならば大事にする という事でOK。

諺をかりれば、

  • 遠くの親戚より近くの他人
  • 血は水よりも濃い

これ重要。

良好な人間関係を築けばそれは即ち豊かな人生となる。出会えた友人や家族、自分と関連する人との関係は大事にしていこう。幸福度とは自分だけで得られるものではなく、他人との人間関係も大事な項目となるわけだ。

4.人生を選択できる自由があることが、幸せに繋がりやすい

いまの日本は恵まれている。人生を選択できる自由は自分自身にあると思えるのだから。そうでないと、人生と呼べない。

こう考えるとき、思い出す二つの言葉がある。

一度きりの人生だから

当り砕け散ったかけら達

抱きしめ今夜は眠ろう

SMAP, 俺たちに明日はある より

私は17歳のときに「毎日をそれが人生最後の一日だと思って生きれば、その通りになる」という言葉にどこかで出合ったのです。

それは印象に残る言葉で、その日を境に33年間、私は毎朝、鏡に映る自分に問いかけるようにしているのです。

もし今日が最後の日だとしても、今からやろうとしていたことをするだろうか」と。

「違う」という答えが何日も続くようなら、ちょっと生き方を見直せということです。

スティーブ・ジョブズ stay hungry, stay foolishより

アップルの創始者、スティーブ・ジョブズのように毎日問いかけ、行動するのは難しいかもしれない。それで意識し続ける事はできる。

たった一度の人生、

あなたの人生はあなたのもの、私の人生は私のもの。

この考え方、忘れるべからず。

5.他者への寛容さ(例えば寄付)は、幸せを引き付けやすい

日本はこの部分は、やや劣っているかもしれない。数値的に言えば、寄付額。日本の寄付額は米国の100分の1とも言われている。所得の再分配という考え方、寄付をしやすり環境が整っていないのだろう。

また、”暗黙知” といった言葉が、良くも悪くも日本には存在する。多様性を認めにくい、他者が異 であることを受け入れがたい雰囲気はたしかにある。

みんな違ってみんな良い、他者に寛容であることは幸福度を構成する項目であるのだ。

寛容性を意識する事は、日本で幸福度をあげるKeyとなる。

6.腐敗・汚職のない社会は幸せ向上の第一歩

昔に比べて、個々人の悪い所業はやりずらくなっている。とはいえ、大きな会社ですら不正会計をしてしまうのも確か。それでも他国に比べて、性善説がまかり通っているのが日本だと思う。

窮屈な制度ばかりではなく遊びの部分も必要だとは思う。しかし善悪はある程度区別しておきたい。汚職や腐敗は勘弁してほしい。

幸せ度の上げ方は、幸福度の6項目をみればわかる

  1. 実質国内総生産(GDP)
  2. 健康
  3. 頼れる家族・友人
  4. 人生を選択できる自由
  5. 他者への寛容さ(例えば寄付)
  6. 腐敗・汚職のない社会

の中から、優先度の高いもの、自分の力で影響が可能なものをピックアップするのが良い。国連は国別の幸福度をランキングしている。一方で個人では自分で幸せをつかみに行けばよい。

では私の場合、どのように幸福度を上げようか?

国連の幸福度判断項目からは下記をチョイスする。

  • 家族・健康・お金
  • 自分で人生を選択するという意志
  • そして、他者および自分への寛容さ

山あり谷ありは承知の上。それでも人生の豊かさを求め、幸せを求めて日々前を向いて歩いていきたい。

あなたにとって、幸せとは何ですか?

See you!

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

フォローする