副収入がサラリーマンに必要だと思う理由

スポンサーリンク

サラリーマンにとって、副収入を獲得することが必須な時代に突入しつつある。

そう思う理由はいくつかある。

換言すれば、

「副業しないとサラリーマンのあなた方はヤバいですよ」

本記事では、副収入がサラリーマンには求められている理由と背景を考察していく。

副収入がサラリーマンに必要なのは、給料が上がらないから

賃上げ額と昇給率の推移、出典:日経新聞

賃上げ額と昇給率の推移、出典:日経新聞

日本にいるサラリーマンの給料はあがっていない。

大企業が所属する経団連の集計でも、昇給率平均は2%程度で推移しているのだ。

参考>>>大手企業の昇給率は、平均2%で推移している

昇給して給料の手取り額が増えれば文句はない。

ところが税金や社会保険料の増加により、手取額はむしろ減少している。

給料・手取が増えない原因

  • 給料の手取りが増えない要因は税金・社会保険料
  • ほぼ毎年増税されている
  • なのでサラリーマンの手取は増えない

だからこそ、働き手を増やす、サラリーマンに副業・副収入獲得を促すことがおすすめされているわけだ。

では副収入を得るメリットは何があるのか?

参考>>>給料の手取りが増えない理由、サラリーマンは早めの対策を

スポンサーリンク

副収入・副業をするサラリーマンのメリット・デメリット

下記は厚生労働省が公開している「副業・兼業の促進に関するガイドライン」の抜粋である。

【労働者】
メリット:

① 離職せずとも別の仕事に就くことが可能となり、スキルや経験を得ることで、労働者が主体的にキャリアを形成することができる。

② 本業の所得を活かして、自分がやりたいことに挑戦でき、自己実現を追求することができる。

③ 所得が増加する。

④ 本業を続けつつ、よりリスクの小さい形で将来の起業・転職に向けた準備・試行ができる。

留意点:

① 就業時間が長くなる可能性があるため、労働者自身による就業時間や健康の管理も一定程度必要である。

② 職務専念義務、秘密保持義務、競業避止義務を意識することが必要である。

③ 1週間の所定労働時間が短い業務を複数行う場合には、雇用保険等の適用がない場合があることに留意が必要である。

これをみて、あなたはどう感じるだろうか?

労働者である私は、

  • 本業も副業も時間帯効果を意識し、労働時間を長くしない
  • やりたいことをやる
  • 所得を増やす

このように思った。

やはりサラリーマンには副業や副収入の獲得が求められている。

参考>>>サラリーマンには副業がおすすめだと思う3つの理由

サラリーマンの副収入ランキング

参考>>>サラリーマンが副収入を稼ぐ方法と平均金額

20代~50代の男性会社員で株式投資によって副収入を得ている人の割合は

  • 全体 :3.4%
  • 20代:3.1%
  • 30代:3.8%
  • 40代:3.8%
  • 50代:3.0%

と計算される。

サラリーマンの副収入源をランキング化すると

  1. ポイント・アンケート
  2. 副業・アルバイト
  3. 株式など投資全般

このランキングから、サラリーマンでも副収入を得やすい方法が理解できる。

いずれの方法もまだ実施されている割合が低い。

つまり競合が少ないといえる。

したがって副収入が欲しいと思ったサラリーマンなら、いますぐ行動するのが良い。

参考>>>複数の収入源を作る方法をどう考えていくのか?:会社員編

副収入狙いのサラリーマン年収の期待値

サラリーマンなど給与所得者にもメリットはある。

安定した給料が毎月はいってくることだ。

リスクとしては、リストラなどで職を失うことが挙げられる。

昇給率2%とリストラにあう確率から、期待値を計算すると以下のようになる。

20代・30代サラリーマンの場合

  • リストラの確率   :0.2% →給料0円に
  • リストラされない確率:99.8%→給料が102%に
  • 期待値:1.018

40代サラリーマンの場合

  • リストラの確率   :0.4% →給料0円に
  • リストラされない確率:99.6%→給料が102%に
  • 期待値:1.016

50代サラリーマンの場合

  • リストラの確率   :1% →給料0円に
  • リストラされない確率:99%→給料が102%に
  • 期待値:1.01

直近20年データを用いた計算の結果、サラリーマンの年収期待値は1を上回っていた。

サラリーマンとは、回収率100%を超える投資先だと考えてもよさそうである。

期待値とは?

確率論において、期待値または平均は、確率変数の実現値を, 確率の重みで平均した値である。

例えば、ギャンブルでは、掛け金に対して戻ってくる「見込み」の金額をあらわしたもの。

安定した給料をもつサラリーマンが、不安定に思える副業・副収入へ手を伸ばしても問題ない。

むしろ少しくらいリスクをとって行動した方がよい。

たとえば株式投資。

サラリーマンの安定した給料を生かして、入金投資法をとるのは良い選択肢となる。

サラリーマンが副収入を得る方法として、株式投資は検討に値する。

参考>>>入金投資法は、サラリーマン・OLの強みをいかした投資方法

副収入を得て、サラリーマンは人生を豊かにしよう

160424 income2

投資においては、”たまごを一つの籠に盛るな”  という格言が有名だ。

一方で、サラリーマンの収入源は、”給与所得”だけとなることが多い。

つまり、収入源を一つの籠に盛りまくっているといえる。

収入源を複数もち、人生を豊かにする必要がある。

厚生労働省の「副業・兼業の促進に関するガイドライン」を振り返ってみよう。

サラリーマンが副業をするメリットは、所得増加以外にもあるのだ。

副業のメリット①

  • 離職せずとも別の仕事に就くことが可能となる
  • スキルや経験を得ることができる
  • 労働者が主体的にキャリアを形成できる

副業のメリット②

  • 本業の所得を活かして、自分がやりたいことに挑戦できる
  • 自己実現を追求することができる
  • 本業を続けつつ、よりリスクの小さい形で将来の起業・転職に向けた準備・試行ができる

副収入を得ることは、「本業にも役に立つし、あなたの将来のためにもなりますよ」というメッセージだと受け取れる。

換言すれば、副収入とは人生を豊かにしてくれるもの。

まとめ:副収入がサラリーマンに必要だと思う理由

  • 副収入を得ることが人生を豊かにすることに繋がる
  • これからの時代、サラリーマンは副収入を得ないとヤバい

サラリーマンが人生を楽しく生き延びる方法はいくらでもある。

その中のひとつに副業・副収入が位置付けられる。

今を楽しく、未来も楽しき生きるための対策をとっていこいう。

以上、副収入がサラリーマンに必要だと思う理由でした。

関連記事

副収入を希望している人はまだまだ多くない。全就業者の3.6%程度。

副業をしているサラリーマンの割合はどの程度か? 「平成24年就業構造基本調査(総務省)」によれば、全就業者の3.6%が副業

副収入がある人は、月額平均38,000円を得ている。

「副収入が欲しいなぁ」 と思った事はありませんか?一度でも考えた事があるならば、実行に移しましょう。 でもちょっと待って。 その

本業収入の12.5%の副収入をまずは目指したい。

サラリーマンの副収入は、年収の12.5%をまず目指そう サラリーマンをやっていると、自分だけではなく他人の年収も気になりませんか?