長期投資とは? 何年保有すればリターンは確実にプラスとなるか?

スポンサーリンク

「長期投資」という言葉がある。

何年からが長期投資なのだろうか?

1年? 3年? 5年? それとも10年?

明確な定義は見つけられない。

ならば自分で決めてしまおう。

シーゲル先生のデータ、 Stocks for the Long Run 5/Eを参考にして。

保有期間とリスク

下図は、1802年~2012年の期間における、保有期間別の実質利回り(最高値と最低値)を示している。

 Stocks for the Long Run 5/Eより引用改編

保有期間が長くなるにつれて、株式の実質利回りの最高/最低値の差が劇的に小さくなっている。

つまり、アメリカ株を長期保有すればリターンのブレ・バラつきが少なくなる。

ここでは実質リターンの最低値について、3パターンの保有期間の場合を考えてみた。

長期投資は5年、と考える場合

まずは「株式」をリスクが小さいと考えられている「債券」と比較してみよう。

最高値最低値
株式27.3%-11.9%
長期債17.7%-10.1%
短期債14.9%-8.3%

保有期間5年を超えると実質利回りの最低値が「株式」≒「債券」となる。

この事実は、実質利回り最低値が「株式」≒「債券」を長期投資、と考えた場合、5年がその期間となる事を示唆する。

長期投資は10年、と考える場合

保有期間10年の場合を考えてみる。

最高値最低値
株式16.8%-4.1%
長期債12.4%-5.4%
短期債11.6%-5.1%

1802年~2012年の長期データによれば、10年保有すればリターンは「株式」>「債券」。

200年に渡って集計されたFACTは、普遍なものと考えてよい。

よって、今後も同様の結果になる可能性は極めて高い。

株式の長期投資を10年とするのは、ある程度理に適っているようだ。

ここで今一度おさらいしてみる。

10年保有した場合の「株式」の実質リターンは

  • 最高値:16.8%
  • 最低値:-4.1%

もう一度繰り返す。

株式を10年保有した場合の実質リターン最低値は-4.1%

この最低値をグラフで示すと以下の通り。

実質リターン 年率-4.1% を10年保有すると

10年後には66%にまで目減りしてしまう。

保有期間実質評価
0年100%
1年96%
2年92%
3年88%
4年85%
5年81%
6年78%
7年75%
8年72%
9年69%
10年66%

10年保有したとしても、株式投資は目減りするリスクがあるわけだ。

最悪の場合は、34%もの目減りとなる。

これを許容できるか?

これで長期投資と呼べるのか?

損はしたくない。

実質リターンが確実にプラスとなる期間を知っておきたい。

長期投資は17年以上 と考えれば

株式投資を17年以上保有すると、長期・短期債と異なり実質ベースでは損失が出ない。

Stocks for the Long Run 5/Eより引用改編

時間さえ許せば、株式投資で誰でもお金持ち

時は金なり とは誰が言ったか。

諺の意味もまた違ってみえたりする。

 まとめ、

長期投資は何年か?

保有期間別の実質最低リターン値を考えると

  • 5年:「株式」≒「債券」
  • 10年:「株式」>「債券」 (実質マイナスリターンの可能性あり)
  • 17年:「株式」>>「債券」(実質マイナスリターンの可能性なし)

このデータを見れば、長期積立を前提としている確定拠出年金で何に投与すればよいか決まる。

もし私が17年以上かけて積み立てる場合は、「株式」一択!!

米国株だけどね。

See you!

確定拠出年金については→SBI証券 確定拠出年金積立プラン(個人型401K)

*参考:株式投資で、誰でもお金持ち

*参考:記事一覧

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク