VXUSは、トータルインターナショナルストック(除く米国)ETF

スポンサーリンク

VXUSはバンガード社の人気ETFのひとつです。

人気があるETFといっても米国内での話となります。

なぜならVXUSは、米国を除く世界の株式市場をカバーするETFだから。

本記事ではVXUS、バンガード・トータル・インター・ナショナル・ストック(除く米国)ETFを紹介します。

VXUSは、米国を除く世界の株式市場の98%をカバー

編集
ティッカー VXUS(2017年末)
名称 バンガード・トータル・インター・ナショナル・ストック(除く米国)ETF
ベンチマーク FTSE Global All Cap exUS
特色 米国を除く世界の株式市場の98%をカバーする指数に連動。6,000銘柄以上を保有する。
信託報酬 0.11%
設定日 2011年1月
純資産総額 106.54億米ドル
5年トータルリターン 6.95%/年
分配金支払い月 3月・6月・9月・12月
分配利回り 2.7%
10年増配率 N/A

世界分散といえば日本ではVTが人気ETFです。

そのVTと同じくらいの純資産総額をもつのがVXUS。

スポンサーリンク

VXUSの概要

VXUSの国別構成比率

VXUSは米国を除く世界分散ETFです。

米国市場の次に大きいマーケットはどこでしょうか?

日本市場ですね。

したがって米国を除くETFであるVXUSの国別構成比率No.1は日本なのです。

VXUSの組入れ銘柄比率

VXUSは世界分散ETFであり保有銘柄数は6,000を超えます。

上位10銘柄を足しても構成比率10%にも満たないわけです。

目を見張る分散効果を有するETFですね。

VXUSの株価チャートをSPYと比較

赤:VXUS 水色:SPY(S&P500)

上図はVXUS設定後、2011~2018年3月末までの株価チャートです。

S&P500に連動するSPYは順調に株価上昇しています。

一方のVXUSは、、、

リーマンショック以降の株価上昇局面は、米国市場中心であったことの証左です。

ただし未来はわからない。

米国市場以外の株価が堅調となり、VXUSのようなETFへの投資が有効となるかもしれないです。

参考>>>長期投資の期間とはいったい何年なのか?

VXUSの株価チャート 直近10カ月

finviz dynamic chart for  VXUS

VXUSの分配金推移

VXUSは設定が2011年と、比較的新しいETFです。

配当金(分配金)の年次推移を長く見ることはできません。

とはいえ直近6年間の分配金はフラットな様相を見せています。

VXUSでは分配金の上昇、増配への期待は持たない方がよさそうですね。

VXUSの分配金増減率

上表はVXUSの分配金、年次増配率推移をしめしています。

分配金が満額支払いされた2012年を起点にして、2013年以降のデータを掲載しています。

チャイナショックのあった2015年にVXUSは20%を超える減配をしているとわかります。

インカム狙いの投資家が分散投資をする際には、米国市場をメインにした方がよさそうです。

VXUSの分配金、年別増配率

西暦 分配金 増配率
2012年 1.393 N/A
2013年 1.412 1.4%
2014年 1.645 16.5%
2015年 1.276 -22.4%
2016年 1.344 5.3%
2017年 1.553 15.6%

VXUSへの私見:世界分散もいいけど、、、

分散投資を簡単に実現できるメリットがあるのがETF。

せっかくETFに投資するなら、構成銘柄数が多い方が良いでしょう。

そういった意味では、保有銘柄が6,000をこえるVXUSは魅力があります。

とはいえ世界最大市場である米国を除くわけにはいきません。

もし世界分散をしたいと思った場合、VXUSだけではなく米国市場を対象としたETFをあわせて持っておく必要がでてきます。

つまり米国株ばかり持っている人におすすめ出来るETFということですね。

>>>海外ETF、注目の13銘柄リスト

以上、VXUS:バンガード・トータル・インター・ナショナル・ストック(除く米国)ETFの紹介でした。

参考>>>米国株(アメリカ株)の買い方と注意点をマネックス証券画面で解説

関連記事です

米国株に投資したいと思ったら、まずはアメリカ市場全体をカバーしているETFが選択肢となります。

VTIは株価よし・配当金よし・リターンよしの3拍子揃ったETF。 アメリカ市場にまとめて一気に投資をしたいと思ったら、VTIが

NYダウというのは、思っている以上に銘柄入れ替えがなされているのでは?

NYダウは世界で最もメジャーな株価指数のひとつです。 たとえば日本の経済ニュースでは「ダウ工業株30種平均(ダウ平均)」と呼ばれ、毎日

S&P500はNYダウと並び、株価指数の代表格。

S&P500とは、米国株式市場を代表するインデックスである。何に投資をするのか迷ったら、まずS&P500連動ETFがおススメだ。