投資リスクと長期投資について考えてみた結果は?

スポンサーリンク
スポンサーリンク

投資リスクって何でしょうかね?

リスクというとなんとなく危なそうな、損をしそうなイメージを持ちます。

  • リスクがある
  • リスクが高い
  • ハイリスク

 

何をもって投資リスクとするのか、わかりにくくないですか?

おまけに「長期投資ではリスクが低下する」なんて言われます。

もうこれは理解するのが難しいですね。

 

そんなわけで本記事では投資リスクについて一緒に考えていきましょうか。

  • 投資リスクとは何?
  • 長期投資でリスクは下がるの?
  • 個人投資家はリスクをどう考えたらいいの?

 

スポンサーリンク

投資リスクの定義とは何か?

投資においては「結果が不確実であること」を意味する。

具体的には、収益(リターン)のばらつきを指す。

投資信託協会HPより

 

投資ではリスクというのは不確実性のことを指すわけです。

 

投資リスクとは

  • 不確実性
  • 収益・運用結果のばらつき

 

この投資リスクへの理解を困難にさせるのは、収益の定義が曖昧であること。

 

投資収益のふたつの定義

  • 年率(何%増やしたの?)
  • 絶対額(いくら儲けたの?)

 

つまり投資リスクではリスクそのものの定義と、リスクを数値化する収益の定義がわかりにくいのです。

まぁ、どっちでもいいのですけど。

とはいえ意外と大きな違いでもあるのですよね。

 

少しだけ投資リスクについて掘り下げていきましょうか。

長期投資のリスクについてを考えてみます。

長期投資のリスクとは?

長期投資のリスクは二つの単語から成り立っています。

さらにリスクを2つに分解するとこのようになります。

  • 長期投資:20年とする(つみたてNISAを参考に)
  • リスク:収益年率のばらつき
  • リスク:収益のばらつき

 

すると長期投資のリスクを考える際には下記となるわけです。

長期投資のリスクの想定ケース

  • 20年間運用し、収益年率のばらつきがどれ位か?
  • 20年間運用し、収益額のばらつきがどれ位か?

つまり投資リスクの物差しが違うのですよね。

 

長期投資リスク:収益年率編

引用:JPモルガン Guide to the markets

 

JPモルガンのサイトから勉強させてもらいます。

長期投資すなわち20年間運用した際の株式リターンは年率4%~12%となっています。

8%±4%といえますね。

 

投資期間を延ばせば伸ばすほどバラつきが少なくなります。

つまり長期投資は低リスクになるわけですね。

なるほど。

 

投資期間別の年間収益のばらつき(リスク)

  • 1年間:10% ± 57%
  • 5年間:10% ± 15%
  • 10年間:6.5% ± 8.5%
  • 20年間:8% ± 4%

参考>>>米国株投資におすすめな情報源を紹介

長期投資リスク:収益額編

橙:112%/年 青:104%/年

 

上図は初年度を100として、年率4%と12%で運用した際の収益額推移を示しています。

たとえば100万円を20年間運用したとしましょう。

年間収益率・運用利回りがちがうだけで将来の収益額は大きな差となります。

 

収益額のばらつきという意味では、長期投資は高リスクともいえるわけです。

 

104%112%
初年度100100
1年度104112
5年後122176
10年後148311
20年後219965

 

長期投資のリスク~個人投資家編~

長期投資のリスクは収益率でみるのか、収益額でみるのかで見解が異なることが分かりました。

長期投資リスク(ばらつき)

  • 収益額→リスクは大きい
  • 収益年率→リスクは小さい

 

個人投資家にとっては、さらに大きなリスクがあるのだと思います。

それは投資家自身の未来の姿ですね。

20年後の運用リターンは計算しても、自分自身の姿は思い浮かべにくいものです。

 

20年後の自分はどうなっているのか?

  • 生死
  • 心身の健康状態
  • 家族の有無

などなど。

リスク・ばらつきが大きすぎて想像もつきません。

長期投資をする際には投資リスクと、投資家自身のリスクのどちらに気をつけたらよいのかも考えておきたいですね。

 

1998年にiMac発売

初代iMac、引用:ウィキペディア

 

20年後、2018年のiMac

長期投資リスクが気になるなら、つみたてNISA

引用:金融庁作成つみたてNISA早わかりガイドブック

 

つみたてNISA制度では、リスクを収益率/年としているようです。

長期間続けることにより収益率のバラつきが小さくなり、プラスリターンに収束するとしています。

 

20年間という長い年月で投資をするならば、つみたてNISAで少額積立を続けつつ、自分自身の姿の将来リスク(ばらつき)に気を配るのがよさそうです。

 

投資リスクと長期投資について考えてみた結果は?

  • リスクとはばらつき
  • 長期投資では収益額リスクは高く、収益年率リスクは低くなる
  • 20年間では投資家自身のリスクが最大かもしれない

そんな風に思う今日この頃です。

 

関連記事

長期投資への考え方も、その時々で感じ方が違うかも

長期投資のデメリットとは?【米国株編】
アメリカ株投資では長期保有が王道とされています。 基本的に株価チャートが右肩上がりなので当たり前。 つまり米国株投資のメリットは長期投資によって享受できるのです。 でも本当にそうなの? みんなが同じこ...

 

そもそも長期投資が20年というのはどこから来たのでしょうかね

長期投資の期間とはいったい何年なのか?
長期投資とは株式投資をする上ですすめられる戦術のひとつです。 長期投資とはいったい何年のことを言うのだろうか? その明確な答えはないのです。 そこで今回は長期投資とはいったい何年であるのかを考察していきます。 ...

 

つみたてNISAでは4つのファンドを積立投資して比較しています

つみたてNISAでおすすめの4商品を比較することにした
つみたてNISAで、おすすめファンドを4つ積立設定しました つみたてNISAで比較する商品 ひふみプラス iFree S&P500インデックス eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)...

 

米国株の証券会社は、注文方法の違いで選ぶ

今回の記事はいかがでしたでしょうか。投資のヒントになれば嬉しいです。

 

蛇足ですが、証券会社を選ぶ際に注文受付可能時間は重要です。

米国と日本では時差があり、深夜や早朝に取引注文をする手間がでてくるからです。

マネックス証券は注文可能時間が24時間と他社にはない優位性があります。

 

米国株投資でマネックス証券は使い勝手が良い証券会社です。

>おすすめ証券会社を比較

私のおすすめマネックス証券

私は米国株や海外ETF取引でマネックス証券を使っています。

注文方法が多岐にわたることと、24時間いつでも注文が可能なことはとても便利です。

 

【マネックス証券 米国株】

  • 取引手数料は業界最低水準の安さで魅力的
  • 24時間注文受付が可能な証券会社(深夜に発注せずとも良い)

マネックス証券の公式サイトを確認する

長期・分散・積立
スポンサーリンク
はちどうきゅうどうをフォローする



アメリカ株でアーリーリタイアを目指す

コメント