つみたてNISAでおすすめの4商品を比較することにした

スポンサーリンク

つみたてNISAで、おすすめファンドを4つ積立設定しました

つみたてNISAで資産形成

つみたてNISAで資産形成 引用:金融庁HP

つみたてNISAで比較する商品

楽天証券のつみたてNISA口座で、積立投信を4つ設定しました。

金融庁が設計したつみたてNISA制度。

株式の長期・分散・積立投資がおすすめされています。

一方でそのおすすめのインデックス投信の積立投資は非常に退屈だといわれているのです。

金融庁がどんなにおすすめしたとしても、楽しくないと続けられないと思います。

そこで私はつみたてNISAを楽しみながら活用することにしたのです。

年間40万円が20年間の非課税となるのがつみたてNISAです。

この40万円の枠を4つの商品に積立投資し、リターンなどその後の経過を比べて楽しんで続けていきます。

本記事ではおすすめ4商品を選んだ理由を紹介します。

スポンサーリンク

つみたてNISAでおすすめ商品を選択する方法

つみたてNISA制度で選ばれている商品は、どれもおすすめ投資信託といっていいでしょう。

金融庁のお墨付きなのですから。

とはいえ対象商品数は100以上もあります。

金融庁おすすめファンドの中から、どのように購入する商品を選べばよいでしょうか?

答えは簡単。

投資のコンセプトを決めておけばいいのです。

私がつみたてNISAで商品を選んだ方法は以下の通り。

つみたてNISAでおすすめ商品を選ぶコンセプト

  • 米国株式 vs 全世界株式
  • インデックスファンド vs アクティブファンド
  • 株式100% vs 資産分散

つみたてNISAを楽しむためのファンド選び

投資の神様、ウォーレン・バフェットがおすすめするS&P500とそれ以外のファンドを比べるということです。

つみたてNISAで、4つのおすすめ商品を選んだ理由

iFree S&P500インデックスを選んだ理由

S&P500といえば、世界最大・最良の株式指数。

そのS&P500に積立投資を可能としたファンドがiFree S&P500です。

2017年迄は低コストのS&P500連動ファンドはなかったので貴重な存在です。

金融庁での個人投資家つみたてNISA説明会時に、大和さんはiFree S&P500の設定をすることを決めたとのこと。

私も参加していました。

これは応援せねば。早期償還せずに、長く続いてほしい投資商品です。

>>>iFree S&P500インデックスの5つのメリット

つみたてNISAで、ひふみプラスを選んだ理由

アクティブファンドの代表であり、頑張ってほしいという思いを込めて。

インデックスファンド全盛のいま、信託報酬を1%である「ひふみプラス」への投資は躊躇してしまいます。

>>>インデックスファンドvsアクティブファンドの勝率を比較する方法

それでもやはりアクティブファンドの意地をみせているレオスさんは気になる存在。

自ら投資してどんなものか体験することにしました。

リターンが良好であったことも、つみたてNISAで選んだ理由のひとつです。

>>>ひふみプラスをつみたてNISA口座で積立投資を始めた理由とは?

>>>ひふみプラスの外国株(米国株)組入れの推移

楽天・全世界株式インデックス・ファンドを選んだ理由

バンガードとタッグを組んで低コスト優良ファンドを作った楽天さんに敬意をこめて。

バンガード社といえば、低コストの代名詞。

そのバンガード社ETFへ投資信託を通じて積立投資を可能にした商品の意義は大きいと思います。

>>>【VT】世界分散投資ができるETF 株価・配当金・増配率のまとめ

eMAXIS Slim バランス(8資産均等型)を選んだ理由

20年という長期投資においては、株式市場の暴落局面が訪れるでしょう。

その際に株式100%とバランスファンドの株価変動を体感したいためです。

これ一本なららばリバランスも不要ですしね。

参考>>>ポートフォリオのリバランスの適切な頻度とは?投資本3冊のまとめ

でも本当に20年という長期運用ができるならば、株式一択でもいいのでは?と思います。

そう簡単にいかないところが、これまでの歴史なのでしょうけど。

参考>>>長期投資の期間とはいったい何年なのか?

つみたてNISAで4つの商品を積立てする方法

つみたてNISA制度は年間40万円の枠があります。

40万円をぴったり使い切ることが非課税枠の最大活用と言えます。

しかし毎月同額の積立だと40万円は割り切れないですね。

ならばどうするか?

毎月同額積立に追加して、ボーナス月積立て金額を指定すれば解決できます。

私は以下のようにつみたてNISAを設定しました。

4商品の積立方法

  • 積立指定日:毎月20日
  • 買付額  :毎月8,000円
  • ボーナス月:1月に4,000円

これで4つの商品に毎年10万円ずつ、合計40万円の非課税枠を使い切ります。

20年後にはどうなっているのか楽しみですね。

投資信託の積立状況や運用リターンについては、ときどき記事化してみようかなと考えています。

>>>つみたてNISA、ひふみ・iFreeS&P500等の利回り公開

楽天証券の「つみたてNISA口座」で、投資信託を注文設定してみた 2018年に入り、楽天証券のつみたてNISA口座で投資信託を積立注文して

つみたてNISAにおすすめな証券会社は?

積立投資はいちど設定してしまえばあとはそれほど手間がかかりません。

つみたてNISAを使うにはインターネット証券で十分。

私は3つのインターネット証券口座を持っていますが、使い分けはご覧の通り。

この3つの中からつみたてNISA口座を持っておけば、大きな間違いはありませんよ。

私の証券口座の使い分け

  1. SBI証券     :インデックスファンド積立
  2. 楽天証券    :つみたてNISA口座
  3. マネックス証券 :米国個別株、ETFなど

まとめ:つみたてNISAでおすすめの4商品を比較することにしました

つみたてNISAで4つのファンドを積立投資しています。

S&P500をベースに、その他商品と比較することで楽しみながら続けます。

  • 米国株式 vs 全世界株式
  • インデックスファンド vs アクティブファンド
  • 株式100% vs 資産分散

私は楽天証券でつみたてNISAをしています。積立投資はネット証券で十分。まだ口座を持っていないひとはぜひ開設をしましょう。

  1. SBI証券     :インデックスファンド積立
  2. 楽天証券    :つみたてNISA口座
  3. マネックス証券 :米国個別株、ETFなど

関連記事の紹介です。

つみたてNISAで長期投資を心掛けたい

インデックスファンド積立の記事