米国(アメリカ)株の買い方が変わる、マネックス証券が円貨決済へ

スポンサーリンク

マネックス証券が米国株の購入方法に選択肢を増やしました。

2018年3月26日から、アメリカ株の円貨決済に対応したのです。

米国株取引をするマネックス証券ユーザーには嬉しいニュースですね。

米国株の買い方がどのように変わるのか、まとめておきましょうか。

米国(アメリカ)株の買い方:円貨決済編

外国株取引の円貨決済指示方法、引用:MONEX

マネックス証券で円貨決済する方法

  1. 外国株取引口座にログインする
  2. TOP画面[米国株円貨決済 利用状況]の「自動連携を利用する」ボタンを押す
  3. すると自動連携の表示が[利用する]となる

3ステップで簡単に円貨決済取引が可能となります。

17時頃時点で外国株取引口座内にある円貨資金が米国(アメリカ)株の買付可能額に加えられるのです。

スポンサーリンク

米国(アメリカ)株の円貨決済とは

これまでマネックス証券で米国株取引をする場合には、米ドル資金を取引前に為替振替をして用意しておく必要がありました。

その手間が今回の円貨決済対応で省けることになります。

円貨資金を米国株取引に用いることができるようになったからです。

米国株の注文時に米ドルが無く、円貨資金のみの状態でも株の買付けが行えるようになったのですね。

米国(アメリカ)株の買い方をどうするか?

私はおもにマネックス証券で米国株取引を実施しています。

今後のアメリカ株の買付方法をどうするか悩みました。

マネックス証券での米国株取引の選択肢

  • ドル転をして米国株買付する
  • 円貨決済を選択する

ところがマネックス証券は2つの選択肢の決定をユーザーに任せてはいないのです。

米国(アメリカ)株の円貨決済では、米ドル資金と円貨資金の両方がある場合、米ドル資金から優先して使用しますので、米ドル資金が不足している最小限の金額だけ為替振替が自動で行われます。

マネックス証券より

この場合、米国株取引をどのように続けたらよいのでしょうかね?

ひとまず円貨決済を使いつつ、円高の際にはドル転をすすめることにしたいと思います。

円貨決済の活用方法

  • 基本的には円貨決済を選択する
  • 円高だと思った際には、ドル転をする

公式サイトはこちら→マネックス証券

マネックス証券は米国株に関する情報や無料オンラインセミナーが充実しています。米国株の初心者やそれほど経験がない人には向いています。

関連記事の紹介

米国株も海外ETFも買付する方法は難しくありません。

アメリカ株への投資は日本においてどんどん加速していくと思います。 米国株投資の環境が整備されてきているからです。 例えば

米国株の注文方法をみると、マネックス証券が使いやすいと感じます。

アメリカ株(米国株)の取引でおすすめの証券会社はどこなのでしょうか? 本記事では証券会社を比較し、米国株投資をする際のポイントをまとめ

アメリカ株取引手数料が下がってきたとはいえ、買付額には気を配りたいです。

アメリカ株や海外ETFの取引手数料は、日本株よりも高いです。 米国株と日本株の売買手数料の差は、インターネット証券であっても同様です。

コメント

  1. ひで より:

    マネックスの円貨決済ですが、米国株のNISA取引では利用できません。
    NISA以外では円貨決済を利用できますが、NISAでの米国株購入については、今まで通り、事前の為替取引が必要ですね。
    中途半端だ。