米国株の配当成長投資 S&P500の20年連続増配銘柄はいくつ?

スポンサーリンク

米国株投資のメリット;配当金が増えていく

【SPY】の分配金推移

【SPY】の分配金推移

米国株の投資戦略のひとつに、配当成長投資があります。

Dividend Growth Investment Strategyですね。

DGIと略されることが多いです。

 

配当成長投資がしやすい背景には、

  • 米国企業は株主還元に積極的
  • 自社株買いよりも配当金の方が可視化されやすい

こうしたものが挙げられます。

 

だから、連続増配銘柄が多いのです。

 

では米国株の連続増配株数は、日本株や欧州株に比べて本当に多いのでしょうか。

配当貴族指数の定義を比較して確認していきます。

スポンサーリンク

米国株の連続増配銘柄数を、日本株・欧州株と比較

配当成長株をあつめたスマートベータ指数に、配当貴族指数があります。

米国株では25年連続増配が条件ですが、それ以外の国では10年以下。

つまり、連続増配株は、米国一極集中だということです。

データを見ていきましょう。

S&P500には、20年連続増配銘柄が多数ある

米国株の連続増配記録

米国株の連続増配記録、引用;A Case for Dividend Growth
Strategies,June 2019

連続増配株の、S&P500、S&P MicCap400、S&P SmallCap600構成銘柄数を示しています。

米国株には、20年以上の連続増配銘柄が多数存在するとわかります。

アメリカ株で、配当成長投資が実施しやすい背景が理解できますね。

 

米国株式市場では、配当金が増えていくことが根本的な考え方になっているのです。

しかしこのように20年以上の連続増配株がすぐに見つかる国は、アメリカ以外に見当たりません。

配当貴族指数の定義を、米国株・日本株・欧州株の比較

配当貴族に必要とされる連続増配年数_国別比較

配当貴族に必要とされる連続増配年数_国別比較

 

米国株以外では、10年連続増配で配当貴族入りできます。

逆に言えば毎年配当金を増やして株主還元をするのは、アメリカ企業ばかりということ。

ですから配当成長投資をする際には、米国株が選択肢となってくるのです。

 

配当貴族に必要な連続増配年数 or 配当維持年数

  • 25年:S&P 500配当貴族指数
  • 20年:S&P高配当貴族指数
  • 10年:S&Pグローバル配当貴族指数
  • 10年:S&P欧州350配当貴族指数
  • 10年:S&P/JPX 配当貴族指数
  •  7年 :S&P汎アジア配当貴族指数
  •  5年 :S&P/TSXカナディアン配当貴族指数(CAD)

 

スポンサーリンク

配当金を増やす投資なら、米国株はひとつの選択肢となる

米国では、株式市場全体の配当金支払いが右肩上がりでした。

S&P500構成銘柄には、25年以上の連続増配を達成した配当貴族が50以上あります。

他方で米国外の株式市場では、20年も連続増配する企業は稀。

 

なので配当成長投資の本丸は、米国株となるのです。

以上、「米国株の配当成長投資 S&P500に20年連続増配株はいくつある?」でした。

 

 

関連記事の紹介

S&P500などの米国株式指数への投資では、基本的に配当金が右肩上がりとなってきました

米国株の配当金投資;インデックス併用でも良さそうな3つの理由
インカム投資家が安定した配当金・分配金を望む場合には、米国株インデックスでもいいのかもしれません。 その理由は、米国株の1株当たり配当金額が安定しているから。 米国株の株価指数、S&P500の配当金をみると「安定」「安心...

 

トータルリターンに占める配当金の割合は、思っているよりも大きいものです。

【米国株の配当金】トータルリターンに占める割合は82%も?
米国株のトータルリターンには、配当金が大きく寄与してきた 株式投資のリターンは、キャピタルゲインとインカムゲインに分けられます。 値上がり益と、配当金ということです。 この両者を合わせたトータルリターンに対し、配当金は想像以上...

 

とはいえ、配当金が今後も上昇し続けるとは限りません。10年・20年の長期停滞をしたことがあるのです

米国株の配当金が今後も右肩上がりと信じ切れない1つの理由と対策
米国株(S&P500)の配当金とはいえ、今後も右肩上がりだと信じ切れない 米国株の配当金は、安定的に成長してきた歴史がある。 しかし個人投資家がこの事実をそのまま受け入れてよいのだろうか? 米国株の配当金といえど、今後も右肩上がりだと...

コメント

タイトルとURLをコピーしました