株価暴落の影響は? 下落率を米国株・日本株・全世界株式で比較

スポンサーリンク

株価暴落時の下落率を比較:全世界株式のワースト6をピックアップ

株価暴落時の下落率、米国株・日本株・全世界株式

引用:Credit Suisse

上図は、全世界株式における株式下落率のワースト6を示しています。

そして主な株式市場である、米国株・日本株と比べた結果です。

株価暴落が全世界株式で発生しても、米国株や日本株が上昇していた時期もありました。

第一次世界大戦や世界恐慌、そして第二次世界大戦の時代です。

まだ今ほど世界が小さくなっていない頃。

逆に言えば、オイルショック以降の株価暴落では、米国株・日本株・全世界株式のいずれもが同程度の下落率を示していることは興味深いです。

株式という資産において、地域分散のもつ意味が問われてきそうです。

スポンサーリンク

株価暴落ワースト4のうち、今世紀に2つが発生した

全世界株式
1929~31 世界大恐慌 -54%
1973~74 オイルショック -47%
2000~02 インターネットバブル崩壊 -44%
2008   世界金融危機 -41%
1914~18 第一次世界大戦 -31%
1939~48 第二次世界大戦 -12%

全世界株式の株価暴落は、21世紀に2つ発生しています。

ワースト4の株価暴落のうち、半分が2000年以降のものなのです。

二度あることは三度ある。

21世紀のうちに、大きな暴落が起きてもおかしくはありません。

いつくるか分からない株価暴落だが、備えはしておきたい

米国株式市場の歴史を紐解くと、株価暴落は周期的に発生してきました。

10年に一度前後の頻度で起きているデータがあるのです。

いつ起こるか分からない株価暴落。

不安を無駄に抱える必要はありませんが、準備だけは怠らないようにしておきたいものです。

リーマンショックの時にどういったことが起きていたのか、リーマン・ショック・コンフィデンシャルを読み返しておくと良いですね。

関連記事の紹介

株価暴落はいつ起きるのか? 米国株の歴史をみておきましょう。

株価暴落がいつ起きるか予測は出来ない、しかし暴落は定期的に発生している NYダウ平均株価指数の歴史をみると、株価暴落は定期的に発生していま

直近の大暴落はリーマンショック。そのときの個人投資家の対応を振り返っておくのもいいですね。

株価暴落の怖さとは? 個人投資家は知っておきたい 株価暴落の怖さとは、長期投資で得たリターンと自信を一気に失うことだと想定している。

金利が5%を超えると、株価に負の相関があるというデータがあります。

金利上昇の影響は大きい 金利上昇の影響は無視できません。 金利は経済に対する影響力が大きいからです。 個人投資家だけではなく、