心地よい投資方法の重要性 ウォルター・シュロス

スポンサーリンク

投資本といえば、株式投資の未来や、敗者のゲームが著名であろう。

それらに負けず劣らず「価値の探究者たち」はとても参考になる。

ウォルター・シュロスは、グレアムの教え子

ウォルター・シュロスはグレアム・ドッド村のスーパー投資家と呼ばれる。

名付けたのはあのウォーレン・バフェットなのだ。

1916年にニューヨークにて誕生。

ベンジャミン・グレアム著「証券分析」を読むことで、ファイナンスと会計を学びたい気持ちが芽生えた。

そして、1938年から1940年にかけてグレアムのクラスで学ぶ機会を得た。

バリュー投資の父から直接学んだ経験は、シュロスの生き方を変えた。

1946年からグレアム・ニューマンパートナーシップに証券アナリストとして勤務、

1955年にグレアムが引退したことを機に、自分自身のファンドを設立した。

1956年~2002年にかけてファンドは複利年率で16%のリターンを出した。

その期間のS&P500は複利年率10%であった。

46年間のリターンを棒グラフで示すとご覧の通り。

スーパー投資家と言われるには理由があるのだ。

つまり理論ではなく、結果がものをいうのが投資の世界。

生き残る事の意味

シュロスは大恐慌や世界大戦を経験している。

1945年まで陸軍に従軍した。

その経験から人生観が変わっている。

価値の探究者たち」のなかで、心に残った言葉を引用しておく。

生き残るためにカネは決していちばんに重要なものではないと考え始めた

人生には落とし穴があるものだ。

生き残るためには運を味方につける必要がある。

マーケットで生き残ることは、戦場で生き残ることと本質的に同じことだ。

人生は短いものだから、自分に自信をもって、嫌いな事に時間を使うのではなく、好きな事に粘り強く取り組めばいい。

それが財産を生んでくれるのだ。

戦争体験も、暴落経験もない私には未知の世界である。

想像はするが、それでおわり。

シュミレーションは実体験には敵わない。

自分が出来ない経験を本を通して知り、不安のない環境で空想できるというのはとても恵まれている。

その恵まれた環境に感謝しつつ活かしたい。

投資本としてはもちろん、人生論までも学べる「価値の探究者たち」は優良参考書だ。

参考 投資家が株式市場に生き残れる確率

自分に心地よい方法で投資する

ここでもシュロスの言葉を引用したい。

投資戦略は複雑なものではだめだ。

複雑だと、ゆっくり眠れなくなる!

私は自分の能力の限界をわきまえている。

だから自分に心地よい方法で投資するのだ。

投資は楽しく挑みがいのあるもので、ストレスと不安を感じるようなものであってはならない。

私はいつもぐっすりと寝られるのだが、ストレスをかけられるのは御免だ。

なので楽天的サラリーマンを続けつつ、米国株投資家となる道を歩んでいる。

幸いなことに今のところはのんびりと過ごせている。

いずれにせよ、ストレス耐性がないと自己認識している人にとっては、マーケットに翻弄されることから逃げる術を自分自身で見つける必要があるだろう。

終わりに、

投資は自己責任と言われる。

自己責任であるがゆえに、どのように選択するのかを決めなくてはいけない。

選択するためには哲学が必要となる。

成功した投資家の回想録ではその哲学を垣間見ることができる。

しかも投資哲学の参考になる部分は、読者のおかれている状況によって解釈が異なってくる。

つまり、しばらく時間が経ってから読み直しても新たな学びを得られる。

ここが読書の良いところだ。

そういった意味で、12名の回想録をまとめて読める「価値の探究者たち」は、お薦め投資本だ

で、どうする?

心地よい投資方法の重要性を、ウォルター・シュロスから教えてもらった。

いまのところ私にとっては心地よい投資法は配当ファースト。

ぬるま湯につかりながら、のんびりと続けていく。

そしてシュロス以外の成功者たちからも、学びを得たい。

なので「価値の探究者たち」を再読する。

あなたにとって、心地よい投資方法とは重要ですか?

See you!


関連コンテンツ

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク