経済的自由達成に向けた指数(FI%)、2015年は9.9%

スポンサーリンク

毎月、配当金獲得額と家計支出をトラックしている。

しかし年末年始という事もあり、12月分はうっかり忘れていた。

そんな中、いつも拝読しているお金ない系男子 で、FI(%)について投稿されていたので思い出した。

FI%(経済的自由指数)

私は、

FI%(Financial Independence)= 配当金獲得額 / 家計支出

の計算式を重要視している。

2015年のFI=9.9% であった。

上記の計算式をみてお分かり頂けるように、この指標を好転させるには、

①配当金獲得額を増やす

②家計支出を減らす

の2パターンしかない。

配当金獲得額を増やしつつ、家計支出を減らす事が重要。

この数値が100%になることは、完全な経済的自由を示す。

100%に近づける事が、アーリーリタイアに近づく事。

ちなみに、2015年の配当金額は約57万円。

配当金~今月の不労所得~ 【15年12月】
2015年もいよいよ残り僅か。本年の配当金額は、571,314円であった。2016年は、66万円を目指す!配当金アップデート【15年12月】 12月は70,368円也月別では、7月の70,171円をかわ...

そして、家計支出はマネーフォワードで把握している。

マネーフォワードは超絶便利、1年間使い続けた私が言うのだから間違いない
私が資産管理ツールのマネーフォワード を導入して1年が経った。便利すぎるので、どこが便利なのかを3つに分解してみた。1.約2600社の金融機関に対応 ほぼ全ての金融機関に対応しているといっても過言ではない。つま...

2016年のFI(%)目標は?

 FI%(Financial Independence)= 配当金獲得額 / 家計支出

すなわち、配当金額と家計支出が分かれば、FI算出可能となる。

2016年配当金目標 = 66万円

2016年家計支出  = 486万 (40.5万×12か月)

4人家族で支出予算を月額40.5万に! 我が家の2016年目標!!
2016年の予算立てを実施した。その結果は、月額:40.5万円 (固定費:13.9万  変動費:26.6万)Budgetするにあたり、3ステップを踏んだ。ステップ①:現状を知る 自分自身で、年間でいくら...

なので、

2016年FI(%)=66万 ÷ 486万 = 13.6%

うーん、まだまだ足りない。アーリーリタイアには。

継続的に配当獲得額を増やす事、および家計支出抑制に務める。

配当金増加には、米国連続増配銘柄に投資する。

家計支出抑制には、マネーフォワードで支出を可視化し管理する。

これらを継続していく。

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。ランキングアップへの応援お願いします↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク

『経済的自由達成に向けた指数(FI%)、2015年は9.9%』へのコメント

  1. 名前:先月に続き、2015年12月の支出とFI – お金ない系男子。 投稿日:2016/02/10(水) 11:13:00 ID:691321fe0 返信

    […] 経済的自由達成に向けた指数(FI%)、2015年は9.9% […]

  2. 名前:2016年1月のFI – お金ない系男子。 投稿日:2016/02/10(水) 11:13:51 ID:691321fe0 返信

    […] 経済的自由達成に向けた指数(FI%)、2015年は9.9% […]

  3. 名前:2016年2月のFI – お金ない系男子。 投稿日:2016/03/02(水) 10:22:18 ID:276a283d4 返信

    […] 経済的自由達成に向けた指数(FI%)、2015年は9.9% […]

  4. 名前:2016年3月のFI – お金ない系男子。 投稿日:2016/04/04(月) 13:13:58 ID:8441ff470 返信

    […] 経済的自由達成に向けた指数(FI%)、2015年は9.9% […]