スポンサーリンク

FANGの一角 アマゾン株購入【AMZN】 順調に下落(汗)

アメリカ株の中でも成長銘柄筆頭、FANGの一角、【AMZN】アマゾン・ドット・コムを632.25ドルで3株購入した。

2日後には、607.05ドルまで下落(泣)

購入理由

テスト1.何年にもわたって高成長を維持する潜在能力を持っているか

テスト2.市場は長期間高成長を続けられるだけ大きいか

テスト3.競争力を維持できるか

テスト4.増配や自社株買戻しによって持続的な株主還元が期待できるか、あるいはしっかりした成長戦略をもっているか

テスト5.国際的にも成長できるか

テスト6.バランス・シートは十分強力か

テスト7.数年後の予想利益水準に照らして、今の株価は割高か

テスト8.経営陣はどうか

テスト9.成長目標達成にマクロ経済の成長は必要か

テスト10.現在の売り上げマージンを維持し、あるいは一層高められるか

ジム・クレイマーの“ローリスク”株式必勝講座より

このテストでは、圧倒的に【AMZN】のポイントが高い。

グーグルよりも、スターバックスよりも。

数年前に書かれている本であり、昨年の【AMZN】の驚異的な株価伸長を見る限りは、アマゾン株への参入は遅い とも思えた。

それでも、欲しくなってしまったのだよ。

だって、ちょー便利なんですもの、アマゾン!!

身の回りの物はほとんど買える、

映画も見れる、

お坊さんまでもが宅配可能、

そんなアマゾンにちょっと乗っかってみたくなった。

自身の連続増配株投資への方針には反してはいるが・・・

2016年の投資戦術を考えておきたい。 投資方針書 2016年 ステップ1.家計支出の予算を決める 家計支出の現状を知り、課題を見つけ、それを解決する。 私は資産管理ツールのマネーフォワードを使用している。 ...

指標

株価  607.05ドル

PER  869.70

EPS  0.70ドル

配当  なし

配当性向 なし

連続増配 なし

増配率 なし

β  1.46

PERの数値が恐ろしい事になってる。

グロース株とはいえ、これは高すぎ?

いやいや、アマゾンはさらに成長する! はず。

アマゾンの売り上げ推移

旗揚げ~2013年の売上と利益

黒:売上  橙:利益

売り上げは右肩上がり

一方の利益は出ていない。

これは利益のほとんどを投資に充てているため。

アマゾン②

seeking alpha

2014年3Q~2015年3Qの売上

この1年も右肩上がり。

23%のアップ!!

アマゾンはまだまだこれからも伸びるっしょ。

株も株価が下がったいまのうちに買っておくしかないっしょ。

ってな具合。

アマゾン2.5アマゾンホームページ

今後の予測

ジャンプアップ予測。

そんなわけで、PERも800超え。

ちょっと高すぎとも思えるが、参入するのはいつ?

いまでしょ!

アマゾン株の購入は勢いだね、勢い。

アマゾン③

seeking alpha

今後の方針

基本的には連続増配銘柄を購入する事には変わりない。

2016年の投資戦術を考えておきたい。 投資方針書 2016年 ステップ1.家計支出の予算を決める 家計支出の現状を知り、課題を見つけ、それを解決する。 私は資産管理ツールのマネーフォワードを使用している。 ...

今後の購入銘柄の8割は年初の予定通り、残り2割は遊びの部分、そんな感じ。

その2割に適合したのが【AMZN】

継続保有はもちろん、買い増し候補でもある。

スポンサーリンク

フォローする

 
励みになります。↓ 
にほんブログ村 株ブログ 米国株へ
 

スポンサーリンク